2013年10月26日土曜日

第五章 アンの半生(4)

 
"O-o-o-h," faltered Anne. Her sensitive little face suddenly flushed scarlet and embarrassment sat on her brow. "Oh, they MEANT to be—I know they meant to be just as good and kind as possible. And when people mean to be good to you, you don't mind very much when they're not quite—always. They had a good deal to worry them, you know. It's very trying to have a drunken husband, you see; and it must be very trying to have twins three times in succession, don't you think? But I feel sure they meant to be good to me."
 
「ああ」。 アンは口ごもった。感受性にあふれた少女の小さな顔は急に赤くなった。そして 困ったように眉をひそめた。「あら、 あの人たちはできるだけ好意的に、親切にしようとしてくれたと思うわ。それから、あなたが 親切を受けてとしても、 親切にされなくてもとくに気にとめやしないでしょう。そういつでも。ご存知のように、 あの人たちにも心配事があったのだから。わかるでしょう、 酒びたりの旦那さんがいるのはとてもつらいことだわ。そして続けざまに双子が三組生まれたのだからとっても大変だわ。 そう思わない?でもあの人たちが親切にしようとしてくれていたのはたしかよ」
 
 falterどもる、口ごもる、ためらう trying骨が折れる、つらい
 
Marilla asked no more questions. Anne gave herself up to a silent rapture over the shore road and Marilla guided the sorrel abstractedly while she pondered deeply. Pity was suddenly stirring in her heart for the child. What a starved, unloved life she had had—a life of drudgery and poverty and neglect; for Marilla was shrewd enough to read between the lines of Anne's history and divine the truth. No wonder she had been so delighted at the prospect of a real home. It was a pity she had to be sent back. What if she, Marilla, should indulge Matthew's unaccountable whim and let her stay? He was set on it; and the child seemed a nice, teachable little thing.
 
マリラはそれ以上聞かなかった。アンは岸辺の道をいく間は静かな喜びに浸っていた。そして マリラは深く考えごとをする間、ぼんやりと雌馬を歩かせた。ふと 彼女の心のなかに少女への憐れみが芽生えた。どれほどひもじく 、愛のない生活を送ってきたのだろうか。骨折りと貧しさと、 誰からも相手にされない人生。マリラは敏感に、 アンの半生と断片的な事情の行間を読み取った。少女 は本当の家庭にいられるという希望で幸せだったことは間違いなかった。 送り返さなければならないならかわいそうなことだ。マリラは マシューの妙な気まぐれを許すべきかどうか、そして少女を引き取るべきか。彼がけしかけたのだ。そして気立てもよく、覚えもいい、小さな子のようだ。
 
give oneself upうつつを抜かす rapture有頂天、狂喜、歓喜 abstractedlyぼんやりと ponder熟考する、思案する drudgery骨折り仕事 shrewd敏感な、洞察力のある、抜け目のない  indulge甘やかす、ほしいままにする、ふける、おぼれる  unaccountable説明できない、奇妙な whim気まぐれ、むら気 set onけしかける teachable覚えのよい
 
"She's got too much to say," thought Marilla, "but she might be trained out of that. And there's nothing rude or slangy in what she does say. She's ladylike. It's likely her people were nice folks."
 
「この子の話したことで十分わかったわ 」。マリラは思った。「 でもそれから、この子をしつけないと。言葉遣いはよく、乱暴じゃない。この子は上品だわ。きっと周りにいい人がいたのね 」
 
rude無作法な、失礼な slangy俗語めいた ladylike上品な、しとやかな
 
The shore road was "woodsy and wild and lonesome." On the right hand, scrub firs, their spirits quite unbroken by long years of tussle with the gulf winds, grew thickly. On the left were the steep red sandstone cliffs, so near the track in places that a mare of less steadiness than the sorrel might have tried the nerves of the people behind her. Down at the base of the cliffs were heaps of surf-worn rocks or little sandy coves inlaid with pebbles as with ocean jewels; beyond lay the sea, shimmering and blue, and over it soared the gulls, their pinions flashing silvery in the sunlight.
 
岸辺の道は「森林のようで、野趣にあふれ人気がなかった」。右 手には、低いモミ。その魂は長年にわたる海風との戦いにもけして敗れることなく、群生していた。左は急な赤い砂岩の崖。その近くに足跡が刻まれていたが、栗毛の馬よりも雌馬のそれはまちまちだった。それは背に乗せた人の気分をいらつかせたかもしれない。 がけのふもとへ行くと、波で洗われた岩や、海の宝石のような小石がまざった砂地の入り江がたくさんあった。かがやく海の向こうは青くきらめいて、その上にはカモメが舞い、翼の先は太陽の光で銀色に輝いていた。
 
woodsy森林のような scrubやぶ、低木林、雑木林 tussle組み打ち、乱闘 thickly集中している、厚みのある、濃い密度で sandstone砂岩 trackわだち、足跡 in place決まった場所に steadiness堅実さ heap ofたくさん、どっさり cove入り江、浦 shimmerちらちら光る、かすかに光る、きらめく soar高く上がる、舞い上がる gullカモメ pinion鳥の翼の先
 
"Isn't the sea wonderful?" said Anne, rousing from a long, wide-eyed silence. "Once, when I lived in Marysville, Mr. Thomas hired an express wagon and took us all to spend the day at the shore ten miles away. I enjoyed every moment of that day, even if I had to look after the children all the time. I lived it over in happy dreams for years. But this shore is nicer than the Marysville shore. Aren't those gulls splendid? Would you like to be a gull? I think I would—that is, if I couldn't be a human girl. Don't you think it would be nice to wake up at sunrise and swoop down over the water and away out over that lovely blue all day; and then at night to fly back to one's nest? Oh, I can just imagine myself doing it. What big house is that just ahead, please?"
"That's the White Sands Hotel. Mr. Kirke runs it, but the season hasn't begun yet. There are heaps of Americans come there for the summer. They think this shore is just about right."
 
「海ってすばらしいわね」。瞳を大きく見開いたまま長く黙り込んだあとで、アンは興奮しながらい った。「 マリースビルに住んでいたころ一度、 トーマスさんが早馬の馬車をとってくれて、 十マイルも離れた海岸へ一日中かけて連れていってくれたわ。 その日は全ての時が楽しかった。ずっと、 子どもたちの世話をしなけれないけなかったとしても。 何年もその幸せな夢を見ながら暮らしたわ。でも、 この海岸はマリースビルよりすてきね。あのかもめたちも優雅でしょう?カモメになりたいと思わない?わたしはカモメになりたいわ。もし人間の女の子に生まれられなかったとしたら、ということよ。 日の出の光で目を覚まして、水面に飛び掛って、あの すばらしい青から一日中飛び立つのよ、素敵でしょう?それから 夜には巣へ舞い戻るの。ああ、 そんなことができたらいいのに。ちょうど 目の前にある大きなおうちはなんというのかしら、どうか教えて」
「あれはホワイトサンズホテルさ。カークさんが営んでいるのだけど、 まだ営業時期じゃないのよ。 夏の間はアメリカからお客さんがたくさんくるよ。 海岸からすぐだからね」
 
rousing興奮させる、熱のこもった swoop飛び掛る、急襲する
 
"I was afraid it might be Mrs. Spencer's place," said Anne mournfully. "I don't want to get there. Somehow, it will seem like the end of everything."
 
「 スペンサーさんのところじゃないかと心配していたの」。 アンは悲しそうにいった。「いきたくないわ。とにかく、すべ ての終わりのような気がするんだもの」
 
mournfully悲しみに沈んで

第五章 アンの半生(3)



"Mr. and Mrs. Thomas moved away from Bolingbroke to Marysville, and I lived with them until I was eight years old. I helped look after the Thomas children—there were four of them younger than me—and I can tell you they took a lot of looking after. Then Mr. Thomas was killed falling under a train and his mother offered to take Mrs. Thomas and the children, but she didn't want me. Mrs. Thomas was at HER wits' end, so she said, what to do with me. Then Mrs. Hammond from up the river came down and said she'd take me, seeing I was handy with children, and I went up the river to live with her in a little clearing among the stumps. It was a very lonesome place. I'm sure I could never have lived there if I hadn't had an imagination. Mr. Hammond worked a little sawmill up there, and Mrs. Hammond had eight children. She had twins three times. I like babies in moderation, but twins three times in succession is TOO MUCH. I told Mrs. Hammond so firmly, when the last pair came. I used to get so dreadfully tired carrying them about.
 
「 トーマスさん夫妻はボーリングブロークからメアリーズビルへ移ったの 。それからわたしが8歳になるまで一緒に暮らしたわ。 トーマスさんの子供たちのお世話を手伝ったわ。子どもたちのうち 四人がわたしよりも年が下だったから。お世話はなかなか手がかかったわ。 そしてトーマスの旦那さんは、 列車の下敷きになって死んでしまったわ。それで、旦那さん のお母さんが奥さんと子供たちを引き取ることになったの。 でもわたしはいらない子だった。トーマスさんの奥さんは自分のことで手いっぱいだったから、わたしをほかにやるしかなかったの。 それからハモンドさんの奥さんが川上から下ってきたわ。そしてわたし を引き取ることになったの。子どもの扱いが上手と見込んだのね。ハモンドさんの旦那さんは、川上の小さな製材所で働いていたわ。奥さんには小さな子が八 人いたの。双子を三回も生んだのよ。 わたしは赤ちゃんはほどほどに好きだけど、双子が立て続けに三回も生まれるというのは多すぎるわ。 ハモンドさんの奥さんにはっきりと聞いたわ。いったいいつが最後の双子になるのって。その子たちをつれて歩くのにおそろしく疲れてしまったから 」
 
handy with器用で、手際がよく、上手で sawmill製材所 in moderation適度に、ほどよく、控えめに carry about持ち歩く、連れ歩く
 
"I lived up river with Mrs. Hammond over two years, and then Mr. Hammond died and Mrs. Hammond broke up housekeeping. She divided her children among her relatives and went to the States. I had to go to the asylum at Hopeton, because nobody would take me. They didn't want me at the asylum, either; they said they were over-crowded as it was. But they had to take me and I was there four months until Mrs. Spencer came."
Anne finished up with another sigh, of relief this time. Evidently she did not like talking about her experiences in a world that had not wanted her.
 
「川上でハモンドさんの奥さんと2年ばかり暮らしたわ。そして旦那 さんが亡くなると、奥さんは家のことができなくなってしまったの。奥さんは 子どもたちを親類たちに預けたり、アメリカへやったりしたわ。わたし はホープトンの孤児院にいかなきゃいけなかったわ。 誰も引き取り手がなかったんだもの。 孤児院も引き取りたがらなかったわ。だって定員がいっぱいだっていうから。 でもわたしを引き取らなきゃいけなかくなって、 スペンサーさんがくるまでの四ヶ月はそこにいたわ」
アンは今度は、ほっとため息をついて話を終えた。少女は明らかに、この世で 誰にも望まれることがなかったという体験を話したがっていなかった。
 
broke up中止する
 
"Did you ever go to school?" demanded Marilla, turning the sorrel mare down the shore road.
 
「学校へは通っていたの?」。雌馬に岸辺の道を 下らせると、マリラはたずねた。
 
"Not a great deal. I went a little the last year I stayed with Mrs. Thomas. When I went up river we were so far from a school that I couldn't walk it in winter and there was a vacation in summer, so I could only go in the spring and fall. But of course I went while I was at the asylum. I can read pretty well and I know ever so many pieces of poetry off by heart—'The Battle of Hohenlinden' and 'Edinburgh after Flodden,' and 'Bingen of the Rhine,' and most of the 'Lady of the Lake' and most of 'The Seasons' by James Thompson. Don't you just love poetry that gives you a crinkly feeling up and down your back? There is a piece in the Fifth Reader—'The Downfall of Poland'—that is just full of thrills. Of course, I wasn't in the Fifth Reader—I was only in the Fourth—but the big girls used to lend me theirs to read."
 
「いいえ、たいして長い間じゃないわ。 トーマスさんの奥さんと暮らしていた、去年の少しの間だけ行ったわ。川上に移ったころは学校も遠かったし、 冬は歩いて通えなかった。そして夏の間は学校が休みだったの。だから春と秋だけしか通えなかったわ。 でももちろん、孤児院にいたころは通ったわ。わたしは かなり読むことができるし、詩もたくさん暗唱できるわ。『 ホーネンリンデンの戦い』や『フローデン亡き後のエディンバラ』。そして『 ライン川のビンゲン』。それからジェームス・トンプソンの『湖の女』と『季節』のほとんどの部分。ジェームス・トンプソンの湖の女のだいたい。あなたも 心を揺さぶる詩が好きなのかしら?『 ポーランド陥落』の第5版が出ているわ。本当にスリル満点よ。 もちろんわたしは第五版はまだ読んでいないわ。まだ第四版しか知らないわ。 だけど大きな女の子たちが、読んでってよく貸してくれたわ」
 
crinklyかさかさ鳴る
 
"Were those women—Mrs. Thomas and Mrs. Hammond—good to you?" asked Marilla, looking at Anne out of the corner of her eye.
 
「トーマスさんやハモンドというご婦人方はあんたに親切にしてくれたのかい?」。マリラはアンを横目で見ながら 尋ねた。
 
out of the corner of one's eye横目で見て

第五章 アンの半生(2)

"No, I don't want any of your imaginings. Just you stick to bald facts. Begin at the beginning. Where were you born and how old are you?"
 
「やめて。あんたの空想なんて聞きたくもない。うそ偽りのない 事実を話すのよ。一番最初から始めておくれ。 どこで生まれて、何歳なのかからね」
 
stick to従う、しっかり執着する bald露骨な、飾りのない
 
"I was eleven last March," said Anne, resigning herself to bald facts with a little sigh. "And I was born in Bolingbroke, Nova Scotia. My father's name was Walter Shirley, and he was a teacher in the Bolingbroke High School. My mother's name was Bertha Shirley. Aren't Walter and Bertha lovely names? I'm so glad my parents had nice names. It would be a real disgrace to have a father named—well, say Jedediah, wouldn't it?"
 
「去年の3月に11歳になったわ」。 小さなため息とともにアンは偽りのない事実をさらけ出そうとした。「 ノバスコシアのボーリングブロークで生まれたわ。お父さん の名前はウォルター・シャーリー。お父さんは ボーリングブローク高校の教師だったの。お母さんの名前はバーサ・ シャーリー。ウォルターとバーサ、すてきな名前でしょう?両親ともいい 名前で幸せなの。でもお父さんに名前をつけてもらうんじゃなかったわ。そうね、 ジェデディアなんてどう?」
resign従う、身を任せる disgrace不名誉、恥ずかしい
 
"I guess it doesn't matter what a person's name is as long as he behaves himself," said Marilla, feeling herself called upon to inculcate a good and useful moral.
 
「人の名前がどうだなんて、人となりほどの問題じゃないわ」。そういったマリラは、善良で常識的な道徳を説いて聞かせなければと感じていた。
 
call on訴える、要求する inculcate教え込む、説き聞かせる
 
"Well, I don't know." Anne looked thoughtful. "I read in a book once that a rose by any other name would smell as sweet, but I've never been able to believe it. I don't believe a rose WOULD be as nice if it was called a thistle or a skunk cabbage. I suppose my father could have been a good man even if he had been called Jedediah; but I'm sure it would have been a cross. Well, my mother was a teacher in the High school, too, but when she married father she gave up teaching, of course. A husband was enough responsibility. Mrs. Thomas said that they were a pair of babies and as poor as church mice. They went to live in a weeny-teeny little yellow house in Bolingbroke. I've never seen that house, but I've imagined it thousands of times. I think it must have had honeysuckle over the parlor window and lilacs in the front yard and lilies of the valley just inside the gate. Yes, and muslin curtains in all the windows. Muslin curtains give a house such an air. I was born in that house. Mrs. Thomas said I was the homeliest baby she ever saw, I was so scrawny and tiny and nothing but eyes, but that mother thought I was perfectly beautiful. I should think a mother would be a better judge than a poor woman who came in to scrub, wouldn't you? I'm glad she was satisfied with me anyhow, I would feel so sad if I thought I was a disappointment to her—because she didn't live very long after that, you see. She died of fever when I was just three months old. I do wish she'd lived long enough for me to remember calling her mother. I think it would be so sweet to say 'mother,' don't you? And father died four days afterwards from fever too. That left me an orphan and folks were at their wits' end, so Mrs. Thomas said, what to do with me. You see, nobody wanted me even then. It seems to be my fate. Father and mother had both come from places far away and it was well known they hadn't any relatives living. Finally Mrs. Thomas said she'd take me, though she was poor and had a drunken husband. She brought me up by hand. Do you know if there is anything in being brought up by hand that ought to make people who are brought up that way better than other people? Because whenever I was naughty Mrs. Thomas would ask me how I could be such a bad girl when she had brought me up by hand—reproachful-like.
 
「さあ、どうかしらね」。 アンは考えごとをしているようだった。「 バラはどんな名前であっても、甘い香りがするって本で読んだことがあるわ。 でも信じることができないの。 もしアザミやミズバショウなんて呼ばれたら、バラを素敵に思えないでしょう。 もしお父さんがジェデディアという名前だったとしても、きっといいお父さんに違いなかったと思うわ。でもきっと苦労の種になったでしょうね。えーと、お母さん も高校の先生だったの。でも、もちろんお父さんと結婚してやめたわ。お父さん には重い責任があるのだから。トーマスさんは、二人は赤ん坊同士で赤貧洗うが如しだっていったわ。 二人はとってもちっぽけな家で暮らし始めて、ボーリングブロークに移ったわ。わたしは その家は見たことがないけど、何千回も想像したわ。きっと居間の窓の向こう にはスイカズラが咲いていて、前庭にはライラック、 門の両側はユリの谷のようになっているの。そう、 窓にはモスリンのカーテンがかかっているわ。 モスリンのカーテンから風が入ってくる。私はそこで生まれた。トーマスさんの奥さんはいったわ。それまでみたうちで、一番かわいげのない赤ん坊だったって。わたしはとてもやせっぽちで、小さくて、目だけ光らせてるみたい。でもその子のお母さんは非の打ちどころのない 美人だと思っていたの。でも掃除にやってきたあわれな人より、お母さんのほうがよく見ていたと思わない?とにかく、お母さんがわたしのことを心から喜んでくれてうれしかったの。 もしお母さんがわたしにがっかりしていたら、悲しかったと思うの。ご存知のように、お母さんは それから長く生きられなかったのだから。お母さんはわたしが三ヶ月のときに、高熱 で亡くなったわ。 お母さんと呼んだ記憶があるまで、もっと生きてくれていたら本当に よかったのに。お母さんって呼べることは、とても素敵ね。 そう思わない?それからお父さんもその四日後に熱で亡くなったわ。 こうしてわたしは孤児になって、近所の人たちもみんな困り果てたわ。トーマスさんの奥さんは、いったいこの子をどうすればいいのと嘆いたの。分かるでしょう。そのときですら、誰もわたしを望んでいなかったのよ。そういう運命なのね。お父さん とお母さんは二人とも遠くの出身だったから、親類なんていやしない。ないってわかっ てた。ついにトーマスさんの奥さんわたしが引き取ろうといってくれたの。 でもあの人は裕福じゃなかったし、飲んだくれの旦那さんがいたわ。あの人 はわたしを女手一つで育ててくれた。女手一つで育てられた子どもが、ほかの子たちより恵まれた子になると思う?だってトーマスさんの奥さんは女手一つで育てながら、わたし がおいたをすると、 どうしてこんなに悪い子になるんだいとなじったわ。
 
thoughtful考え込んだ、物思いにふけった thistleアザミ skunk cabbageミズバショウ cross不幸の種、障害  as poor as church mouse赤貧洗うが如し weenyちっぽけな teenyちっちゃな honeysuckleスイカズラ parlor客間、居間  homely質素な、地味な、不器量な、家庭的な scrawnyやせこけた scrubごしごし洗う wits' end切羽 reproachfulとがめるような、非難するような

CHAPTER V. Anne's History 第五章 アンの半生(1)

"Do you know," said Anne confidentially, "I've made up my mind to enjoy this drive. It's been my experience that you can nearly always enjoy things if you make up your mind firmly that you will. Of course, you must make it up FIRMLY. I am not going to think about going back to the asylum while we're having our drive.
 
「ねえ知ってる?」。アンは打ち解けた様子で話し出した。「 この道中を楽しもうと思うの。 これをやるとかたく決心すれば、ほとんどいつでもものごとを楽しむことができる。それはわたしの経験上からもそうだわ。 もちろん、かたく決心し ないといけないわ。孤児院に向かってはいるけど、 孤児院に戻ることなんて考えないことにするわ
 
confidentially打ち明けて、親しげに
 
I'm just going to think about the drive. Oh, look, there's one little early wild rose out! Isn't it lovely? Don't you think it must be glad to be a rose? Wouldn't it be nice if roses could talk? I'm sure they could tell us such lovely things. And isn't pink the most bewitching color in the world? I love it, but I can't wear it. Redheaded people can't wear pink, not even in imagination. Did you ever know of anybody whose hair was red when she was young, but got to be another color when she grew up?"
 
この道中のことだけ考えていたいの。あら、見て。 小さな野バラが一輪、もう咲いているわ。かわいらしいと思わない?バラになれたらうれしいでしょうね。そんなことを考えたことないかしら。 バラがお話できたらいいのに。 こんなにかわいらしいのだから、きっとお話できるんだわ。 それからピンクって、この世で一番うっとりする色でしょう? 大好きだけど、そんな色を身にまとうことは できないわ。空想の中でさえも。若いころは赤い髪の毛だったのに、 年をとるにつれてほかの色に変わったなんて人のことご存知知かしら」
bewitchingうっとりさせる
 
"No, I don't know as I ever did," said Marilla mercilessly, "and I shouldn't think it likely to happen in your case either."
 
「いいや。聞いたこと ないね」。無常にもマリラはそういった。「 それにあんたにも、そんなことが起こるはずがないわ」
 
mercilessly無常にも、無残にも
 
Anne sighed.
"Well, that is another hope gone. 'My life is a perfect graveyard of buried hopes.' That's a sentence I read in a book once, and I say it over to comfort myself whenever I'm disappointed in anything."
 
アンはため息をついた。
「ああ、これで希望を一つ失ったわ。『 わたしの人生は本当に希望の墓場ね』。これはかつて本で読んだ言葉なの。 がっかりしたとき、自分を慰めるために唱えるの」
 
comfort慰める
 
"I don't see where the comforting comes in myself," said Marilla.
 
「どこが慰めの言葉なんだか分かりゃしないわ」。マリラはいった。
 
"Why, because it sounds so nice and romantic, just as if I were a heroine in a book, you know. I am so fond of romantic things, and a graveyard full of buried hopes is about as romantic a thing as one can imagine isn't it? I'm rather glad I have one. Are we going across the Lake of Shining Waters today?"
 
「なぜって、 素敵でロマンチックな響きがあるでしょう。本当に本のヒロインみたいだもの。よくご存知のように、 わたしはロマンチックなものが本当に好きなの。希望で埋め尽くされた 墓場なんて、考えられるかぎりで最高にロマンチッ クでしょう?むしろ、こんなことは一度でいいけど。 今日は輝く水の湖をわたるのかしら」
 
"We're not going over Barry's pond, if that's what you mean by your Lake of Shining Waters. We're going by the shore road."
 
「バリーの沼は渡らないわ。あんたのいう輝く水の湖なんてのはね。岸 辺の道を通っていくのよ」
 
shore岸
 
"Shore road sounds nice," said Anne dreamily. "Is it as nice as it sounds? Just when you said 'shore road' I saw it in a picture in my mind, as quick as that! And White Sands is a pretty name, too; but I don't like it as well as Avonlea. Avonlea is a lovely name. It just sounds like music. How far is it to White Sands?"
 
「岸辺の道って素敵ね」。 アンは夢見るようにいった。「素敵な響きじゃない? あなたが岸辺の道っていったとたんに、風景が心のなかに浮かんだわ! それからホワイトサンズもかわいらしい名前ね。 でもアボンリーほど好きにはなれないわ。 アボンリーはかわいらしい名前だわ。本当に音楽みたい。 ホワイトサンズまでどれくらいなの?」
 
"It's five miles; and as you're evidently bent on talking you might as well talk to some purpose by telling me what you know about yourself."
 
「5マイルだよ。それから、それだけおしゃべりに一生懸命になるなら、あんた 自身についてわかっていることのほうが話甲斐があるってもんだよ」
 
bent on決心している to some purpose有意義な、甲斐がある
 
"Oh, what I KNOW about myself isn't really worth telling," said Anne eagerly. "If you'll only let me tell you what I IMAGINE about myself you'll think it ever so much more interesting."
 
「あら、 わたし自身のことなんて本当に話す価値もないわ」。アンはしきりにいった。「自分についての空想を話すだけだったら、もっと楽しんでもらえるのに」

2013年10月16日水曜日

第四章 グリーンゲーブルズの朝(5)

"Goodness, I don't care. But where on earth is the sense of naming a geranium?"
 
「おやおや。なんでもいいわ。 でもいったい、ゼラニウムの名前になんの意味があるのかい?」
 
goodnessえっ、おや、まあ where on earthいったい
 
"Oh, I like things to have handles even if they are only geraniums. It makes them seem more like people. How do you know but that it hurts a geranium's feelings just to be called a geranium and nothing else? You wouldn't like to be called nothing but a woman all the time. Yes, I shall call it Bonny. I named that cherry-tree outside my bedroom window this morning. I called it Snow Queen because it was so white. Of course, it won't always be in blossom, but one can imagine that it is, can't one?"
 
「ああ、 ただのゼラニウムだったとしても名前をつけるのが好きなの。そうすれば 人のように思えるでしょう。ただゼラニウムと呼んだり、なにも名前をつけなかったりしたら、ゼラニウム の気持ちを傷つけることはないと思っているのかしら?あなたも、ただの 女とは呼ばれたくないでしょう。そう、だからわたし はボニーと呼ぶわ。今朝、寝室の窓から見えた桜の木にも 名前をつけたの。とても白いから雪の女王よ。 もちろんいつも花を咲かしているわけじゃなけど、花を 思い浮かべることはできるでしょう?」
 handle名前、肩書き
 
"I never in all my life saw or heard anything to equal her," muttered Marilla, beating a retreat down to the cellar after potatoes. "She is kind of interesting as Matthew says. I can feel already that I'm wondering what on earth she'll say next. She'll be casting a spell over me, too. She's cast it over Matthew. That look he gave me when he went out said everything he said or hinted last night over again. I wish he was like other men and would talk things out. A body could answer back then and argue him into reason. But what's to be done with a man who just LOOKS?"
 
「これまでの人生で、あんなのは見たことも、聞いたこともないわ」 。マリラはぶつぶついいながら、地下室に逃げ込んだ。「マシューがいうように、ある意味、おもしろい子だね。 いったい次はなにをいいだすんだろうって、今ももう思い始めているわ。あの子はわたしに魔法をかけるのよ。 マシューにも魔法をかけたのよ。まるでマシューからわたしにうつったみたいだわ。あの人がゆうべ外に出ていったとき、何度もいったこと、ほのめかしたことがすべてを物語っているわ。 あの人もほかの男の人たちと同じように、もっと口に出せばいいのに 。仕草でものをいうこともあるし、問いただしてやらなきゃ。でもあんな見た目どおりの人に、いったいなにができるってのかしら 」
 
mutter低い声でつぶやく、ぶつぶつ不平をいう beat a retreat逃げ出す、やめる cellar地下室、ぶどう酒貯蔵室
cast a spell魔法をかける hintほのめかす、暗示する、それとなくいう over again重ねて、あらためて answer back口答えする
 
Anne had relapsed into reverie, with her chin in her hands and her eyes on the sky, when Marilla returned from her cellar pilgrimage. There Marilla left her until the early dinner was on the table.
 
マリラが地下室への巡礼から戻ったとき、アンは再び空想の世界にいた。手にあごを乗せ、瞳は空を見つめていた。に注がれていた。 マリラは早めの夕食が食卓に並ぶまでアンをほうっておいた。
 
relapse逆戻りする、再発する reverie空想、夢想 pilgrimage巡礼
 
"I suppose I can have the mare and buggy this afternoon, Matthew?" said Marilla.
Matthew nodded and looked wistfully at Anne. Marilla intercepted the look and said grimly:
"I'm going to drive over to White Sands and settle this thing. I'll take Anne with me and Mrs. Spencer will probably make arrangements to send her back to Nova Scotia at once. I'll set your tea out for you and I'll be home in time to milk the cows."
 
「 マシュー、昼から雌馬と馬車を使うわよ」。マリラはいった。
マシューはうなずいて、切なそうにアンを見つめた。 マリラが割ってはいって、険しい声でいった。
「ホワイトサンズにいくのよ。 この問題を解決するためにね。アンを連れていくわ。 スペンサーさんがおそらく、もう一度、この子を ノバスコシアに送り返してくれるだろうさ。 お茶は入れといたからね。牛の乳絞りの時間には戻ってくるわ」
 
wistfully物足りなそうに、切なそうに grimly険しい顔で、執念深く
 
Still Matthew said nothing and Marilla had a sense of having wasted words and breath. There is nothing more aggravating than a man who won't talk back—unless it is a woman who won't.
 
マシューはなにもいわなかったが、マリラは言葉を重ねなければ気がすまなかった。なにも言い返すことのない男を怒らせたってしかたないのに。それが無口な女だったとしても。
 
aggravating悪化させる、怒らせる
Matthew hitched the sorrel into the buggy in due time and Marilla and Anne set off. Matthew opened the yard gate for them and as they drove slowly through, he said, to nobody in particular as it seemed:
 
しばらくして、マシューは雌馬に馬車をつないだ。そしてマリラとアンは出ていった。マシューは門を開けてやった。二人はゆっくりと出ていった。するとマシューがなにかをいった。とくに誰に対して、というわけでもなさそうに。
 
hitch引っ掛ける、つなぐ、引き寄せる
 
"Little Jerry Buote from the Creek was here this morning, and I told him I guessed I'd hire him for the summer."
 
「クリークからジェリー・ブートという少年が今朝やってきたぞ。この夏の間なら雇ってやろうか、っていったんだ」
 
Marilla made no reply, but she hit the unlucky sorrel such a vicious clip with the whip that the fat mare, unused to such treatment, whizzed indignantly down the lane at an alarming pace. Marilla looked back once as the buggy bounced along and saw that aggravating Matthew leaning over the gate, looking wistfully after them.
 
マリラは何も答えなかった が、かわいそうな雌馬を意地悪くむちでたたいた。この太った馬に、普段は こんな仕打ちはしないのに。馬は腹を立てて、 ビューと風を切って大変なスピードで道を下っていった。 荷台がはねた拍子にマリラは後ろを振り返った。怒った マシューが門に乗りかかって、切なそうに二人を見送っていた。
 
vicious悪意のある、意地の悪い  clipぶん殴る whipむち打つ whizzed風を切って飛ぶ、走る indignantly憤然として、腹を立てて  alarming不安な、大変な lean over乗りかかる、かがみこむ

第四章 グリーンゲーブルズの朝(4)

 

"I think he's lovely," said Anne reproachfully. "He is so very sympathetic. He didn't mind how much I talked—he seemed to like it. I felt that he was a kindred spirit as soon as ever I saw him."
 
「彼はすばらしいわ」。アンは非難するようにいった。「とても思いやりがあるわ。わたし がどれほどしゃべっても気にしなかったし、むしろ聞きたがっていたみたい。一目見るなり、心の 優しい人だと感じたわ」
 
reproachfully非難するように、とがめるように sympathetic同情的な、思いやりのある
 
"You're both queer enough, if that's what you mean by kindred spirits," said Marilla with a sniff. "Yes, you may wash the dishes. Take plenty of hot water, and be sure you dry them well. I've got enough to attend to this morning for I'll have to drive over to White Sands in the afternoon and see Mrs. Spencer. You'll come with me and we'll settle what's to be done with you. After you've finished the dishes go up-stairs and make your bed."
 
「それを優しい心というのなら、おまえは本当に変わった子だね」。マリラは鼻であしらうようにいった。「まあ、食器は洗えるようだね。 お湯をたっぷりとって、よく乾かすことよ。 午後にはホワイトサンズのスペンサー夫人に会いにいかなきゃいけないから、今朝はやることがたくさんあるの 。おまえも一緒にいくんだよ。それで、おまえをどうすればいいか決めるのさ。 皿洗いが終わったら二階に上がってベッドをきちんとするのよ」
queer風変わりな、妙な、怪しい mean by意味する、~の意味でいう sniff鼻であしらう attend to~のために働く
 
Anne washed the dishes deftly enough, as Marilla who kept a sharp eye on the process, discerned. Later on she made her bed less successfully, for she had never learned the art of wrestling with a feather tick. But is was done somehow and smoothed down; and then Marilla, to get rid of her, told her she might go out-of-doors and amuse herself until dinner time.
 
マリラが鋭い視線で見つめているのが分かったので、アンはずいぶんうまく食器を洗えた。その次の ベッドの用意はそれほどうまくいかなかった。羽毛のカバーをやっつける技は習ったことがなかったからだ。どうにか やり終えるて、平らにした。 するとマリラはアンを追い払ってしまおうと、外へ行って夕食まで遊んできてよろしい、といいつけた。
deftly巧みに、器用に discern見分ける、分かる wrestlingレスリングをする、戦う、苦闘する tickカバー布 smooth down平らにする get rid of取り除く、追い払う
 
Anne flew to the door, face alight, eyes glowing. On the very threshold she stopped short, wheeled about, came back and sat down by the table, light and glow as effectually blotted out as if some one had clapped an extinguisher on her.
 
アンは外へ飛び出した。表情は輝いて、瞳はキラキラしていた。入り口にきたとたん、 少し立ち止まった。くるりと向きを変えると、戻って、テーブルのそばに座った。誰かがアンに消火器を向けたかのように、光と輝きがすぎに消えてしまった。
 
alight燃えて、光輝いて threshold敷居、入り口 wheeled aboutくるりと向きを変える  blot out消す、見えなくなる、覆い隠す extinguisher消火器
 
"What's the matter now?" demanded Marilla.
 
「今度はどうしたんだい?」。マリラが聞いた。
 
"I don't dare go out," said Anne, in the tone of a martyr relinquishing all earthly joys. "If I can't stay here there is no use in my loving Green Gables. And if I go out there and get acquainted with all those trees and flowers and the orchard and the brook I'll not be able to help loving it. It's hard enough now, so I won't make it any harder. I want to go out so much—everything seems to be calling to me, 'Anne, Anne, come out to us. Anne, Anne, we want a playmate'—but it's better not. There is no use in loving things if you have to be torn from them, is there? And it's so hard to keep from loving things, isn't it? That was why I was so glad when I thought I was going to live here. I thought I'd have so many things to love and nothing to hinder me. But that brief dream is over. I am resigned to my fate now, so I don't think I'll go out for fear I'll get unresigned again. What is the name of that geranium on the window-sill, please?"
 
「外に行きたくないの 」。アンは答えた。この世の喜びをすべて放棄した受難者のような声だった。「 もしここにいられないなら、 グリーンゲーブルズを好きになったところでなんの意味もないわ。 もし外に出ていってすべての木々や花、果物や小川に近寄ったら、もう好きにならずには いられないわ。もう十分つらいのに、これ以上辛い気持ちになりたくないの。本当は外へ行きたいのよ。あらゆる ものが私を呼んでいるみたいだから。『アン、アン、私たちの方へ来て 。アン、アン、遊び相手がほしいんだ』。 でもよしたほうがいいわ。 お別れしなきゃいけないのに好きになっても仕方ないでしょ? 好きにならずにはいられないわ。 ここにいられると思って喜んだのはそのせいなの。 愛すべきものがたくさんあって、邪魔するものなんてないと思っていたわ。 でも短い夢は終わってしまったの。わたしはもう運命に従うわ。また夢をあきらめる 不安におびえるために外に行きたくない。ところで 窓のゼラニウムはなんて名前なの?」
 
martyr殉教者、受難者、ひどく悩む人 relinquishやめる、放棄する get acquainted with付き合い始める、近くなる better notしないほうがいい  hinder妨げる、邪魔する resign従う、放棄する、断念する sill敷居、土台
 
"That's the apple-scented geranium."
"Oh, I don't mean that sort of a name. I mean just a name you gave it yourself. Didn't you give it a name? May I give it one then? May I call it—let me see—Bonny would do—may I call it Bonny while I'm here? Oh, do let me!"
 
「あれはリンゴのにおいのするゼラニウムさ」
「あら、そんな 名前を聞きたかったんじゃないの。 あなただけの呼び名が知りたかったの。名前をつけていないの?それなら、わたし がつけてもいい?そうね、ボニーがいいわ。ここにいる間はボニーと呼ぶのはどう? ねえ、そうさせて」
 
apple-scentedリンゴのにおいがする

第四章 グリーンゲーブルズの朝(3)

Anne could evidently be smart to some purpose for she was down-stairs in ten minutes' time, with her clothes neatly on, her hair brushed and braided, her face washed, and a comfortable consciousness pervading her soul that she had fulfilled all Marilla's requirements. As a matter of fact, however, she had forgotten to turn back the bedclothes.
 
その甲斐あって、アンは階段を下りていく十分の間ははっきりわかるくらい行儀よくできた。服装もきちんとして、髪をとかして編み、顔を洗った。マリラのいいつけをすべて守ったという心地よい気持ちで満たされた。しかしいけなかったのは、ベッドの布団を直すのを忘れたことだった。
 
to some purpose甲斐がある neatlyきちんと
 
"I'm pretty hungry this morning," she announced as she slipped into the chair Marilla placed for her. "The world doesn't seem such a howling wilderness as it did last night. I'm so glad it's a sunshiny morning. But I like rainy mornings real well, too. All sorts of mornings are interesting, don't you think? You don't know what's going to happen through the day, and there's so much scope for imagination. But I'm glad it's not rainy today because it's easier to be cheerful and bear up under affliction on a sunshiny day. I feel that I have a good deal to bear up under. It's all very well to read about sorrows and imagine yourself living through them heroically, but it's not so nice when you really come to have them, is it?"
 
「今朝はとってもお腹がすいたわ」。少女はマリラが用意してくれたいすに滑り込むと、そういった。「この世界はゆうべのような、途方もない荒々しい自然ばかりではないのね。日当たりのいい朝でとってもうれしいわ。でも雨の朝も本当に好きなの。どんな朝だって楽しいものだわ。そう思わない?一日のうちにどんなことが起きるかなんて分からないでしょう。そこに空想を働かせる余地があるの。でも今日は雨降りじゃなくて、本当にうれしいの。だって晴れの日なら、ほがらかな気分になれるし、苦しくたって頑張れるから。わたしには頑張らなきゃいけないことがたくさんある気がするの。悲しい物語を読むことも、その中でいさましく生きる姿を想像するのはいいものだけど、われにかえったらちっとも素敵な気分じゃなくなるでしょう?」
 
howling途方もない、非常な sunshiny日当たりのよい bear up頑張る、気落ちしない affliction苦悩、悩みの種all very wellまことにけっこうだが、かまわないが heroically英雄的に、いさましく
 
"For pity's sake hold your tongue," said Marilla. "You talk entirely too much for a little girl."
Thereupon Anne held her tongue so obediently and thoroughly that her continued silence made Marilla rather nervous, as if in the presence of something not exactly natural. Matthew also held his tongue,—but this was natural,—so that the meal was a very silent one.
 
「お願いだから 黙ってちょうだい」。マリラがさえぎった。「 小さい女の子のに、本当におしゃべりが過ぎるわ」。
アンはそれで直ちに、すっかりおとなしくなった。 だがその沈黙はマリラをよけいにいらだたせた。まったく不自然にうつったからだった。マシューも静かにしていた。でも彼はいつものことだった 。そのせいでとても静かな食事になった。
thereuponそこで直ちに thoroughlyすっかり
 
As it progressed Anne became more and more abstracted, eating mechanically, with her big eyes fixed unswervingly and unseeingly on the sky outside the window. This made Marilla more nervous than ever; she had an uncomfortable feeling that while this odd child's body might be there at the table her spirit was far away in some remote airy cloudland, borne aloft on the wings of imagination. Who would want such a child about the place?
 
食事が進むにつれて、アンはだんだんぼんやりと、機械のように食べ物を口に運んだ。大きな瞳は 窓の外の空を、まっすぐに目的もなく見つめていた。それ がマリラをもっと神経質にした。 この風変わりな子どもの体は食卓についていても、心はどこか遠く離れた空のよな夢の国にいるのだ。空想の翼に支えられて。小さな子が食卓につきながら想像力という翼で外の世界を飛ん でいることが不愉快だった。そんな子どもをいったい誰がほしがるだろう?
 
abstractedぼんやりした unswervinglyそれずに unseeingly盲目に airy空気のような cloudland夢の国  aloft上に
 
Yet Matthew wished to keep her, of all unaccountable things! Marilla felt that he wanted it just as much this morning as he had the night before, and that he would go on wanting it. That was Matthew's way—take a whim into his head and cling to it with the most amazing silent persistency—a persistency ten times more potent and effectual in its very silence than if he had talked it out.
 
それでもマシューはこの家に少女を置いておきたがった。まったく奇妙なことではあったが! マリラは昨夜も今朝も、彼がそう望んでいること、その望みを捨てないだろうことを感づいていた。驚くほどの静かなる粘りをもって、気まぐれが続く。これがいつものマシューだった。この粘り強さは、口に出してしまうより、黙っていたほうが説得力も効果も倍増した。
unaccountable説明できない、奇妙な whim気まぐれな、むら気 clingくっついて離れない persistency=persistenceしつこさ、根気よさ potent効能のある、説得力のある
 
When the meal was ended Anne came out of her reverie and offered to wash the dishes.
"Can you wash dishes right?" asked Marilla distrustfully.
 
食事が終わると、アンは夢から覚めて、食器洗いをかって出た。
「ちゃんと洗えるの? 」とマリラは疑わしげに尋ねた。
 
reverie幻想、夢想
 
"Pretty well. I'm better at looking after children, though. I've had so much experience at that. It's such a pity you haven't any here for me to look after."
 
「きっと大丈夫。本当は 子供の世話のほうが得意なんだけど。本当に慣れているの。わたしに子どもの世話をさせられないのは本当にお気の毒ね」
 
"I don't feel as if I wanted any more children to look after than I've got at present. YOU'RE problem enough in all conscience. What's to be done with you I don't know. Matthew is a most ridiculous man."
 
「ここに子どもがいるのに、世話をしなきゃいけない子どもがほしいなんてまるで思わないわ。おまえは本当に困った子だよ。 どうすればいいのか分かりゃしない。 マシューは本当に馬鹿なんだから」
 
in all conscience道義上、良心に省みて、確かに

第四章 グリーンゲーブルズの朝(2)

She knelt there, lost to everything but the loveliness around her, until she was startled by a hand on her shoulder. Marilla had come in unheard by the small dreamer.
 
少女はひざまずいた。身の回りのすべてのかれんなものに心を奪われた。肩を手でつかまれてびっくりして飛びはねるまでは。
 
kneelひざまずく lovelinessかわいさ、かわいげ startleびっくりさせる
 
"It's time you were dressed," she said curtly.
 
「着替える時間だよ」。マリラはそっけなくいった。
 
curtlyそっけなく、失礼で
 
Marilla really did not know how to talk to the child, and her uncomfortable ignorance made her crisp and curt when she did not mean to be.
Anne stood up and drew a long breath.
 
マリラは子どもに向かって、どう話していいか本当に分からなかったのだ。この未知の存在になすすべを知らず、マリラはかりかりして、ぶっきらぼうになるのだった。
 
crispかりかりする curtぶっきらぼうな 
 
"Oh, isn't it wonderful?" she said, waving her hand comprehensively at the good world outside.
"It's a big tree," said Marilla, "and it blooms great, but the fruit don't amount to much never—small and wormy."
 
「ああ、すてきね」。アンはそういうと、すばらしき 外の世界に向かって大きく手をふった。
「大きな木だわね」。マリラはいった。「たくさんの花が咲くわ。でも実はそんなにできないわ。 小さくて虫がいっぱいついているのさ」

comprehensively包括的に wormy虫のついた、虫けら同然の
 
"Oh, I don't mean just the tree; of course it's lovely—yes, it's RADIANTLY lovely—it blooms as if it meant it—but I meant everything, the garden and the orchard and the brook and the woods, the whole big dear world. Don't you feel as if you just loved the world on a morning like this? And I can hear the brook laughing all the way up here. Have you ever noticed what cheerful things brooks are? They're always laughing. Even in winter-time I've heard them under the ice. I'm so glad there's a brook near Green Gables. Perhaps you think it doesn't make any difference to me when you're not going to keep me, but it does. I shall always like to remember that there is a brook at Green Gables even if I never see it again. If there wasn't a brook I'd be HAUNTED by the uncomfortable feeling that there ought to be one. I'm not in the depths of despair this morning. I never can be in the morning. Isn't it a splendid thing that there are mornings? But I feel very sad. I've just been imagining that it was really me you wanted after all and that I was to stay here for ever and ever. It was a great comfort while it lasted. But the worst of imagining things is that the time comes when you have to stop and that hurts."
 
「あら、 ただ木があるっていったんじゃないのよ。そう、もちろん素敵な木だわ。晴れやかなほど 素敵。まるで運命でもあったように、花が咲くのね。わたしは木のことだけじゃなくて、 お庭も果樹園も小川も森も、この広くていとおしい世界すべてのことをいっているのよ。今朝の風景は 愛さずにいられないよに感じるでしょ?ここに流れてくるまで 小川が笑っているのが聞こえるわ。 小川が朗らかだって気づいたことないかしら。 いつも笑っているのよ。冬の間ですら、氷の下から笑い声が聞こえるわ。 グリーンゲーブルズの近くに小川があってとてもうれしいの。わたしを 引き取るわけでもないのに、そんなことはどうでもよく思えるかもしれないわね。でもそうじゃないのよ。 もう二度と見ることができなくても、グリーンゲーブルズの近くに小川があ ったことは忘れずにいたいわ。もし小川がなかったとしたら、あるはずのものがないような不安な気持ちにとらわれると思うの。 今朝は絶望のふちにいようような気分じゃないわ。 こんな朝は二度とやってこないのね。 朝が来るってすばらしいことじゃない?でもとても悲しいわ。だって、 あなたたちが望んでいたのは本当に、絶対わたしだって思ってたんだもの。そして、ずっといられるんだって思っていたから。こんな時が 続けば本当にいいのに。 でも、終わらせなきゃと思うと最悪の気分だわ。それでわたしは傷ついてるの」
 
radiantly晴れやかに haunted取り付かれたような、気になっている ever and ever=always
 
"You'd better get dressed and come down-stairs and never mind your imaginings," said Marilla as soon as she could get a word in edgewise. "Breakfast is waiting. Wash your face and comb your hair. Leave the window up and turn your bedclothes back over the foot of the bed. Be as smart as you can."
 
「はやく着替えなさいな。 それから階段を降りていらっしゃい。 あなたの絵空ごとなんてどうでもいいわ」。横から口出しできないほど、マリラは次々と指示を出した 。「朝食ができているわ。 顔を洗って髪をとかしなさい。窓は開けたままで、 ベッドの下のほうにシーツをたたむこと。てきぱきやるのよ」
 
get a word in edgewise横から言葉をさしはさむ

CHAPTER IV Morning at Green Gables(1) 第四章 グリーンゲーブルズの朝(1)

It was broad daylight when Anne awoke and sat up in bed, staring confusedly at the window through which a flood of cheery sunshine was pouring and outside of which something white and feathery waved across glimpses of blue sky.

アンが目覚めてベッドで身を起こすと朝日がいっぱいにあふれていた。明るい光がいっぱいにそそぎ、その外には白くふんわりとした雲がたなびく見渡す限りの青空。それらを映し出す窓を途方にくれたように見つめていた。

broadいっぱいにあふれた confusedly途方にくれて、ろうばいして cheery陽気な、元気のいい featheryふわっとした

For a moment she could not remember where she was. First came a delightful thrill, as something very pleasant; then a horrible remembrance. This was Green Gables and they didn't want her because she wasn't a boy!

しばらくの間、少女は自分がどこにいるのか思い出すことができなかった。 最初に訪れたのは、とても愉快なことが起きそうだという、喜びに満ちたわくわくした気持ちだった。 それから、ぞっとするような記憶がおそってきた。 ここはグリーンゲーブルズで、男の子ではないという理由で望まれていないのだ 。

horribleおそろしい、ぞっとするほどいやな  remembrance記憶

But it was morning and, yes, it was a cherry-tree in full bloom outside of her window. With a bound she was out of bed and across the floor. She pushed up the sash--it went up stiffly and creakily, as if it hadn't been opened for a long time, which was the case; and it stuck so tight that nothing was needed to hold it up. Anne dropped on her knees and gazed out into the June morning, her eyes glistening with delight. Oh, wasn't it beautiful? Wasn't it a lovely place? Suppose she wasn't really going to stay here! She would imagine she was. There was scope for imagination here.

それでも朝がやってきた。そして、そう。窓の外では桜が満開だった。少女 は一足飛びにベッドから出ると、床をわたった。そして サッシ窓を押し上げた。長い間、 開けられなかったようにかたくて、きしんだ。この場合は、押し上げる必要もなかったので、かたく固定されていたのだ。アンはひざまずいて、6月の朝に見入った。 彼女の目は喜びできらきら輝いていた。ああ、なんて美しいではないか。 素敵なところなではないか。本当に、この少女はここに住むことがないなんて!少女 は自分がここで暮らせたら、と思った。 ここには空想をかきたてる鏡があった。

with a bound一足飛びに stifflyかたい creakilyきしむ stickはる、くっつける dropped on one's kneesひざまずいて glistenきらきら輝く

A huge cherry-tree grew outside, so close that its boughs tapped against the house, and it was so thick-set with blossoms that hardly a leaf was to be seen. On both sides of the house was a big orchard, one of apple-trees and one of cherry-trees, also showered over with blossoms; and their grass was all sprinkled with dandelions. In the garden below were lilac-trees purple with flowers, and their dizzily sweet fragrance drifted up to the window on the morning wind.

外には大きな桜の木が植わっていた。あまりにも近いので、その大きな枝が家に届くほどだった。そして 葉が見えないほどに花が咲き乱れていた。ああ、家の両側は大きな果樹園になっていた。一方 はリンゴ園で、もう一方は桜の園だった。 両方とも花が咲き誇っていた。草の中にはところどころタンポポが見えた。 庭の下には紫の花がついたライラックの木があった。目がくらむほどの甘い 香りが、朝の風に乗って窓までのぼってきた。

bough大枝 thick-set濃密な、繁茂した sprinkle撒き散らす、散在させる dizzily目がくらむほど  

Below the garden a green field lush with clover sloped down to the hollow where the brook ran and where scores of white birches grew, upspringing airily out of an undergrowth suggestive of delightful possibilities in ferns and mosses and woodsy things generally. Beyond it was a hill, green and feathery with spruce and fir; there was a gap in it where the gray gable end of the little house she had seen from the other side of the Lake of Shining Waters was visible.

庭の下のクローバーがしげった芝生は、 小川が流れ、数十のカバノキが植わったくぼ地のほうに下っていく。シダやこけ、そして森のような土地が広がっているのではないかといううれしい予感が、下生えから沸き起こった。その向こうは は丘だった。トウヒやモミが植わっており、緑でふんわりしていた。 輝く水の湖とは反対側から見えた、この小さな家の端っこの灰色の破風からは距離があった。

scores of数十の  birchカバノキ upspring生じる、現れる airily軽快に、軽やかに undergrowth下生え、やぶ fernシダ woodsy森林のような spruceトウヒ

Off to the left were the big barns and beyond them, away down over green, low-sloping fields, was a sparkling blue glimpse of sea. Anne's beauty-loving eyes lingered on it all, taking everything greedily in. She had looked on so many unlovely places in her life, poor child; but this was as lovely as anything she had ever dreamed.

左向こうには大きな納屋があり、緑の低くなだらかな原っぱを下っていった先は、 青く広がる海だった。 アンの美しく愛嬌のある瞳は、すべての光景を見つめたままだった。すべてをむさぼるようにとらえていた。少女が 貧しかった子供時代に見たのは、あまりいい光景ではなかった。だが、これが少女が今まで夢見てきた景色だったのだ 。

linger居残る greedily貪欲に

2013年10月11日金曜日

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(5)

"How can you call it a good night when you know it must be the very worst night I've ever had?" she said reproachfully.
Then she dived down into invisibility again.

「わたしの今までの人生で一番悲しい夜だっていうのに、どうしてグッドナイトなんていえるの?」 。そ少女はとがめるようにいった。 それから布団に潜り込んで、再び隠れてしまった。

reproachfully非難するように、とがめるように

Marilla went slowly down to the kitchen and proceeded to wash the supper dishes. Matthew was smoking--a sure sign of perturbation of mind. He seldom smoked, for Marilla set her face against it as a filthy habit; but at certain times and seasons he felt driven to it and them Marilla winked at the practice, realizing that a mere man must have some vent for his emotions.

マリラはゆっくりと台所へ降りていった。そして夕食の 食器を洗い始めた。 マシューはタバコを吸っていた-心の動揺のはっきりとした証拠だった。彼はめったに吸わなかった。マリラが不快な習慣のように見るからだった。だがある時、季節によっては、タバコの誘惑に駆られた。マリラはその習慣に目配せをするのであった。そして男というのは、何らかの息抜きが必要なことに気づくのだった。

perturbation心のろうばい、動揺 filthy不潔な、みだらな、ひどい

"Well, this is a pretty kettle of fish," she said wrathfully. "This is what comes of sending word instead of going ourselves. Richard Spencer's folks have twisted that message somehow. One of us will have to drive over and see Mrs. Spencer tomorrow, that's certain. This girl will have to be sent back to the asylum." "Yes, I suppose so," said Matthew reluctantly.

「いや、なかなか厄介なことね」。マリラは怒ったようにいった。「直接出向かずに、 手紙で済まそうとしたからこんなことになったのさ。とにかくリチャード・ スペンサーの親類が、あの手紙をにぎりつぶしたのよ。私たちのどっちかが出かけていって、 明日スペンサー夫人に会わなきゃいけないわ。それが確かよ。 あの子は孤児院に送り返さなきゃいけないわ」 「ああ、 そう思う」。マシューはしぶしぶ答えた。

pretty kettle of fish厄介な状況 wrathfully憤ったさま folks親類 reluctantlyしぶしぶ

"You suppose so! Don't you know it?" "Well now, she's a real nice little thing, Marilla. It's kind of a pity to send her back when she's so set on staying here."

「 あなたもそう思うていうの!わかってるの?」 「ああ、どれ、 でも本当にいい子だよ、マリラ。あの子はここで暮らす気になっているのに 送り返すのはちょっと可哀想だよ」

set onさせる、そそのかす

"Matthew Cuthbert, you don't mean to say you think we ought to keep her!" Marilla's astonishment could not have been greater if Matthew had expressed a predilection for standing on his head.

「マシュー・カスバート、 あの子をここに置いておくべきだっていうんじゃないだろうね!」 マシューが逆立ちが好きだというのなら、マリラの驚きも大きく ならなかっただろう。

astonishment驚き predilection偏愛、好み、ひいき stand on his head逆立ちする

"Well, now, no, I suppose not--not exactly," stammered Matthew, uncomfortably driven into a corner for his precise meaning. "I suppose--we could hardly be expected to keep her." "I should say not. What good would she be to us?"

「ああ、どれ、違うさ。違うんだ。 そうじゃないんだ」。どもった マシューは、落ち着きなく真意を白状させられようとしていた。「めったなことではさの子 を置いておけないとは思うさ」 「だめだっていうべきさ。あの子が私たちのためになにをしてくれるっていうんだい?」

stammerどもる

"We might be some good to her," said Matthew suddenly and unexpectedly. "Matthew Cuthbert, I believe that child has bewitched you! I can see as plain as plain that you want to keep her."

「でも、わしらのほうがあの子によくしてやれるかもしれんぞ」。マシューは突然、予想もしなかったことをいった。 「マシュー・カスバート!あの子はあんたに魔法をかけたのさ!あんたがあの子をここに置いておきたいのは、いやというほどよくわかったわ」

bewitch魔法をかける、うっとりさせる

"Well now, she's a real interesting little thing," persisted Matthew. "You should have heard her talk coming from the station."

「いや、どれ、本当に面白いおちびさんさ」。マシューは言い張った。「おまえさんも、駅からの道中のあの子の言葉を聞いておくんだったな」

"Oh, she can talk fast enough. I saw that at once. It's nothing in her favour, either. I don't like children who have so much to say. I don't want an orphan girl and if I did she isn't the style I'd pick out. There's something I don't understand about her. No, she's got to be despatched straight-way back to where she came from." "I could hire a French boy to help me," said Matthew, "and she'd be company for you."

「おやおや、あの子は早口すぎるわ。 すぐにわかったさ。どっちにしても、あの子のためにしてやれることはないわ。 おしゃべりな子は嫌いなの。それに孤児の女の子はほしくないわ。たとえほしがったとしても、あんな子を 自分で選んだわけじゃないもの。あの子 には理解できないところがあるわ。いや、あの子はもといたところにまっすぐ送り返さなきゃいけない」 「フランスの男の子ならお手伝いに雇えるがね」。マシューはいった。「それにあの子はお前さんの相手になるだろうに」

favour=favor親切、好意 despatch=dispatch急派する

"I'm not suffering for company," said Marilla shortly. "And I'm not going to keep her." "Well now, it's just as you say, of course, Marilla," said Matthew rising and putting his pipe away. "I'm going to bed." 「相手には困っていないわ」。マリラは手短にいった。「それにあの子を置いておくつもりもないわ」 「さあ、どれ、マリラ、もちろんおまえさんのいうとおりさ」。マシューは口からはずしたパイプをかたづけた。「もう寝るよ」

put away片付ける、とっておく、平らげる、見捨てる  

To bed went Matthew. And to bed, when she had put her dishes away, went Marilla, frowning most resolutely. And up-stairs, in the east gable, a lonely, heart-hungry, friendless child cried herself to sleep.

マシューは寝室にいった。そして食器を片付けると、ひどくしかめっつらをしてマリラも寝室に向かった。階段を上った東の破風部屋では、さびしく、心の空虚な、友達すらいない女の子が泣きながら眠っていた。

frownしかめっつらをする resolutely断固として

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(4)

Marilla set the candle on a three-legged, three-cornered table and turned down the bedclothes.
"I suppose you have a nightgown?" she questioned. Anne nodded.

マリラは脚が三本、角の三つあるテーブルにろうそくをたてた。そして ベッドクロスをたたんだ。 「寝間着はあるんだったかい」と尋ねた。 アンはうなずいた。

turn downたたむ、却下する

"Yes, I have two. The matron of the asylum made them for me. They're fearfully skimpy. There is never enough to go around in an asylum, so things are always skimpy--at least in a poor asylum like ours. I hate skimpy night-dresses. But one can dream just as well in them as in lovely trailing ones, with frills around the neck, that's one consolation."

「ええ、二着あるわ。 孤児院の寮母がわたしのために仕立ててくれたの。でもとても小さいわ 。もう孤児院のなかを歩き回るのは十分よ。だって、すべてのものが小さいんだもの。少なくとも、私たちがいたような貧しい孤児院ではね。小さい寝巻きなんて嫌よ。でもみんな、首のまわりりにフリルのついた、ほかの人と同じようにかわいらしい服を夢見るものよ。それが慰めになるから」

skimpy小さい trailing後続、後追い consolation慰め

"Well, undress as quick as you can and go to bed. I'll come back in a few minutes for the candle. I daren't trust you to put it out yourself. You'd likely set the place on fire."

「まあ、早く服を脱いで寝なさい。 ろうそくのことがあるから、すぐ戻るからね。 あなたが自分で消せるとは思えないから。もし自分で火をつけたら、火事になりそうだわ 」

put out消す

When Marilla had gone Anne looked around her wistfully. The whitewashed walls were so painfully bare and staring that she thought they must ache over their own bareness. The floor was bare, too, except for a round braided mat in the middle such as Anne had never seen before. In one corner was the bed, a high, old-fashioned one, with four dark, low-turned posts. In the other corner was the aforesaid three-corner table adorned with a fat, red velvet pin-cushion hard enough to turn the point of the most adventurous pin. Above it hung a little six-by-eight mirror. Midway between table and bed was the window, with an icy white muslin frill over it, and opposite it was the wash-stand. The whole apartment was of a rigidity not to be described in words, but which sent a shiver to the very marrow of Anne's bones. With a sob she hastily discarded her garments, put on the skimpy nightgown and sprang into bed where she burrowed face downward into the pillow and pulled the clothes over her head. When Marilla came up for the light various skimpy articles of raiment scattered most untidily over the floor and a certain tempestuous appearance of the bed were the only indications of any presence save her own.

マリラが出ていくと、アンは物足りなさそうに自分のまわりを見回した。 白く塗られた壁は痛々しいほどに、飾り気がなかった。じろじろ眺めていると、そのせいで病気になりそうだった。床もそうだったが、一つだけ違っていたのは、 真ん中の丸い形に寄り合わされたマットだった。それはアンが今まで見たこともない代物だった。 片隅にはベッドがあった。赤いビードロの大きなピンクッションがついた、高く、古めかしいベッドだった。本当に危っかしいピンの角を削れるくらいの硬さだった。その向こうには6×8サイズの小さな鏡がかかっていた。すべすべした白いモスリンの フリルが着いていた。 その反対側は洗濯台だった。住居全体のいかめしさは 言葉では言い表せなかった。だがアンは骨の髄までぞくぞくした。むせび泣きながら、少女はあわてて服を脱ぎ捨てた。そして小さい寝巻きを着て、説明することはできない。 みずぼらしい寝間着に着替えてベッドに潜り込んだ。そして 枕に顔をうずめて、顔の上まで布団をかけた。 マリラがろうそくのことで上がってくると、何枚もの小さな衣服がまったく乱雑に床に散らばっていた。 あたりを沈黙が覆っていた。 そしてはっきりと乱れた様子のベッドが、ただ一つ彼女を守るものだった。

wistfully物足りないように whitewashed白く塗られた braid寄り合わせる velvetビードロ adventurous大胆な、危険を恐れない shiver身震いする、おののく marrow真髄、精髄 sobむせび泣く hastilyあわてて discard捨てる burrow穴を掘る raiment衣服 scatterばらまく untidilyだらしなく、乱雑に tempestuous騒々しい、大嵐の

She deliberately picked up Anne's clothes, placed them neatly on a prim yellow chair, and then, taking up the candle, went over to the bed.

彼女はゆっくりとアンの服を拾い上げ、こぎれいな黄色のいすの上に置いた。それからろうそくを持つと、ベッドに近寄った。

deliberately慎重に、ゆっくりと neatlyきちんと、手際よく primきちんとした、こぎれいな   "Good night," she said, a little awkwardly, but not unkindly. Anne's white face and big eyes appeared over the bedclothes with a startling suddenness.

「おやすみ」。 彼女は少し決まり悪そうにいったが、冷たい様子ではなかった。 突然飛び起きたアンの白い顔と大きな瞳が布団から出てきた。

awkwardly決まり悪そうに startleびっくりさせる、跳ね上がる

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(3)

"She--she's just referring to some conversation we had on the road," said Matthew hastily. "I'm going out to put the mare in, Marilla. Have tea ready when I come back."

「この子は、道中での会話をただなぞっているだけだよ」。 マシューはあわてたように答えた。「マリラ、馬を中にいれなきゃ いかん。戻ったらお茶を用意しておくれ」

hastilyあわてて

"Did Mrs. Spencer bring anybody over besides you?" continued Marilla when Matthew had gone out. "She brought Lily Jones for herself. Lily is only five years old and she is very beautiful and had nut-brown hair. If I was very beautiful and had nut-brown hair would you keep me?"

「スペンサー夫人は、あんたのほかに誰もよこさなかったのかい?」。 マシューが出ていった後もマリラは質問を続けた。 「あの人もリリー・ジョーンズという子を引き取ったわ。リリーはまだ 五歳だけど、たいそうきれいで栗色の髪の毛をしているの。 もしわたしがきれいで、栗色の髪の毛だったらひきとってくれる?」

nut-brown栗毛色の

"No. We want a boy to help Matthew on the farm. A girl would be of no use to us. Take off your hat. I'll lay it and your bag on the hall table."

「だめさ。マシューの畑仕事を手伝う男の子がほしいんだから。 女の子じゃ役に立たないからね。帽子を取りな。 かけといてあげるから。あんたのかばんは玄関のテーブルに置いたよ」

Anne took off her hat meekly. Matthew came back presently and they sat down to supper. But Anne could not eat. In vain she nibbled at the bread and butter and pecked at the crab-apple preserve out of the little scalloped glass dish by her plate. She did not really make any headway at all.

アンはおとなしく帽子を取った。すると マシューが戻ってきて食事の席についた。でも アンは食べることができなかった。パンとバターをすこしずつ口に入れても無駄なことだった。皿の近くにあった、扇形のガラスの小皿から野生リンゴの保存食をとって食べた。 まったく食が進まなかった。

meeklyおとなしく、素直に  nibble少しずつかじる peckついばむ crab-apple野生のリンゴ  scalloped丸い扇形の縁ももつ headway前進、進歩

"You're not eating anything," said Marilla sharply, eying her as if it were a serious shortcoming. Anne sighed. "I can't. I'm in the depths of despair. Can you eat when you are in the depths of despair?" "I've never been in the depths of despair, so I can't say," responded Marilla. "Weren't you? Well, did you ever try to imagine you were in the depths of despair?" "No, I didn't."

「何も食べてないじゃないか」。マリラがきつくいうと、重大な欠点でもあるように見つめた。 アンはため息をついた。 「だめよ。食べられないわ。深く失望しているの。あなたは失望した とき食事がのどを通る?」 「深い失望なんか味わったことがないわ。だからなんともいえないわね 」。マリラの答えはこうだった。 「ないの?それじゃあ、深い失望を考えてみたことはあるの?」 「ないね」

shortcoming欠点、短所 in the depths of despair深く失望して

"Then I don't think you can understand what it's like. It's very uncomfortable feeling indeed. When you try to eat a lump comes right up in your throat and you can't swallow anything, not even if it was a chocolate caramel. I had one chocolate caramel once two years ago and it was simply delicious. I've often dreamed since then that I had a lot of chocolate caramels, but I always wake up just when I'm going to eat them. I do hope you won't be offended because I can't eat. Everything is extremely nice, but still I cannot eat."

「それがどんなものか、あなたに分からないなんて思わなかったわ。本当にがっかりした気持ちよ。 のどもとのろうそくを口に入れようとしたら、 何も飲み込めないでしょ。それがチョコレートキャラメルでも。チョコレートキャラメルなんて二年前に一度食べたきりよ。ただ おいしかったわ。 それからチョコレートキャラメルをいっぱい食べる夢を見たわ。 でも食べようとしたときに、ちょうど目が覚めるの。わたしは 食べられないのだから、どうか気を悪くしないで。すべてがとってもおいしそう。でも、まだ食べられないの」

"I guess she's tired," said Matthew, who hadn't spoken since his return from the barn. "Best put her to bed, Marilla."

「この子は疲れているんだよ」と、納屋から家に 戻ってきていたマシューがはじめて口を開いた。「マリラ、 寝かせてあげるのが一番さ」  

Marilla had been wondering where Anne should be put to bed. She had prepared a couch in the kitchen chamber for the desired and expected boy. But, although it was neat and clean, it did not seem quite the thing to put a girl there somehow. But the spare room was out of the question for such a stray waif, so there remained only the east gable room. Marilla lighted a candle and told Anne to follow her, which Anne spiritlessly did, taking her hat and carpet-bag from the hall table as she passed. The hall was fearsomely clean; the little gable chamber in which she presently found herself seemed still cleaner.
 
マリラはアンをどこに寝かせればいいかと考えた。願い、望んでいた 男の子のために、台所部屋に寝床を用意していた。 でもそこはこざっぱりして、きれいだった。とにかく、女の子を寝かせるにはもったいなかったのだ。だが空き部屋 は迷えるみなしごには論外だった。残っているのは東の破風 部屋だけだった。 マリラはろうそくに火を灯すと、アンについてくるよういった。 アンは抜け殻のようにしたがった。通り過ぎた玄関のテーブルから帽子と旅行かばんをとった。 玄関はおそろしほどきれいだった。少女が目にした小さな破風部屋はそれにもましてきれいだった。
 
couch寝床 neatこぎれいで、こざっぱりした gable room破風部屋 fearsomelyおそろしい方法で

第三章 マリラ・カスバートは驚いた(2)

 
"Will you please call me Cordelia?" she said eagerly. "Call you Cordelia? Is that your name?" "No-o-o, it's not exactly my name, but I would love to be called Cordelia. It's such a perfectly elegant name."

「わたしのことコーデリアって呼んでくださる?」。少女は真剣にたずねた。 「コーデリアって呼ぶのかい?それがあなたの名前なの?」 「ちがーう、 本当の名前じゃないわ。でもコーデリアって呼ばれたかったの。 だって本当にすてきな名前なんだもの」  

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't your name, what is?" "Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name, "but, oh, please do call me Cordelia. It can't matter much to you what you call me if I'm only going to be here a little while, can it? And Anne is such an unromantic name."

いったいどういう意味なの、さっぱりわからないわ。もし コーデリアがあなたの名前じゃないというなら、本当はなんというの?」 「アン・シャーリー」 。その名前の持ち主は、しぶしぶためらった後、「でも、ああ、どうかコーデリアって呼んで。わたしがここに少しだけしかいられないなら、どんなふうに呼んでも問題ないでしょ。だってアンって、全然ロマンチックな名前じゃないもの」

falterどもる、たじろぐ forth以後

"Unromantic fiddlesticks!" said the unsympathetic Marilla. "Anne is a real good plain sensible name. You've no need to be ashamed of it."

「ロマンチックじゃないって、ばかばかしい! 」。マリラには少女の気持ちが少しも分からなかった。「 アンは本当に簡単で、覚えやすいいい名前じゃないの。 恥ずかしがる必要なんてないわ」

sensibleかなりの、実用的な

"Oh, I'm not ashamed of it," explained Anne, "only I like Cordelia better. I've always imagined that my name was Cordelia--at least, I always have of late years. When I was young I used to imagine it was Geraldine, but I like Cordelia better now. But if you call me Anne please call me Anne spelled with an E." "What difference does it make how it's spelled?" asked Marilla with another rusty smile as she picked up the teapot.

「いいえ、 恥ずかしがってなんかないわ」。アンは説明した。「コーデリアのほうがいいと思っただけよ。 コーデリアがわたしの名前ならいいのに、といつも思っていたんだもの。少なくともこの何年かはね。 もっと前はジェラルディーヌという名前なら、と思ったものだったけど、今はコーデリアのほうがいいわ。 でもアンと呼んでくださるなら、anにEというアルファベットのつづりでどうか呼んでほしいの」 「そのつづりだと、一体どんな違いがあるというんだい?」。 ティーポットを手にすると、マリラはさめた笑顔を浮かべて聞いた。

rustyさびた、しゃがれた、色のさめた

"Oh, it makes such a difference. It looks so much nicer. When you hear a name pronounced can't you always see it in your mind, just as if it was printed out? I can; and A-n-n looks dreadful, but A-n-n-e looks so much more distinguished. If you'll only call me Anne spelled with an E I shall try to reconcile myself to not being called Cordelia."

「あら、全然違うわ。そっちのほうが断然すてきよ。心に思い浮かべることもできないほどの、はっきりと分かる 名前を聞けば、まるで印字されているのと同じだわ。わたしにはできるの。A-n- nはひどいわ。でもA-n-n-eはもっと上品よ。 もしan Eというつづりだけで呼んでくださるなら、 コーデリアって呼ばれなくてもどうにかがまんするわ」

pronouncedはっきりした、明白な distinguished抜群の、上品な   "Very well, then, Anne spelled with an E, can you tell us how this mistake came to be made? We sent word to Mrs. Spencer to bring us a boy. Were there no boys at the asylum?"

「まあ、いいわ。それからね、an Eというつづりのアンさん、どうしてこんな手違いがおきたのか話しておくれ。スペンサー夫人には、男の子をお願いしますって便りをしたのよ。孤児院には男の子はいないのかい?」

"Oh, yes, there was an abundance of them. But Mrs. Spencer said distinctly that you wanted a girl about eleven years old. And the matron said she thought I would do. You don't know how delighted I was. I couldn't sleep all last night for joy. Oh," she added reproachfully, turning to Matthew, "why didn't you tell me at the station that you didn't want me and leave me there? If I hadn't seen the White Way of Delight and the Lake of Shining Waters it wouldn't be so hard."

「あら、そうね、いっぱいいるわ。 でもスペンサー夫人はたしかに、11歳くらいの女の子をほしがっている、といったわ。 寮母も、わたしがいくことになるといっていたわ。 どんなに喜んだか知らないでしょう?昨夜は、 うれしさで全然眠れなかったわ、ああ」。少女 はとがめるように、マシューのほうを振り向いて付け加えた。「 どうして 駅で、ほしかったのはわたしじゃないっていってくれなかったの? どうして置いてけぼりにしなかったの? もし喜びの白い道や輝く水の湖を見ていなかったら、それほどつらくはなかったのに」

matron寮母、保母  reproachfully非難するような、とがめるような
 
"What on earth does she mean?" demanded Marilla, staring at Matthew.

いったい、この子は何をいっているんだい?」。 マリラはマシューをじっと見てたずねた。

CHAPTER III Marilla Cuthbert is Surprised 第三章 マリラ・カスバートは驚いた(1)

Marilla came briskly forward as Matthew opened the door. But when her eyes fell of the odd little figure in the stiff, ugly dress, with the long braids of red hair and the eager, luminous eyes, she stopped short in amazement.
 
マシューがドアを開けると、マリラが待ちに待ったように出てきた。 だか、ひどく薄汚れた服装で、赤い髪の毛を編み、強く輝くような瞳をした風変わりな子どもの姿に、彼女の視線は落ちた。しばらくの間、唖然としてしまった。
 
stiff堅苦しい、ぎこちない、とんでもない、ひどい luminous光輝く、明るい in amazement愕然として、唖然として
 
"Matthew Cuthbert, who's that?" she ejaculated. "Where is the boy?" "There wasn't any boy," said Matthew wretchedly. "There was only her." He nodded at the child, remembering that he had never even asked her name. "No boy! But there must have been a boy," insisted Marilla. "We sent word to Mrs. Spencer to bring a boy." "Well, she didn't. She brought her. I asked the station-master. And I had to bring her home. She couldn't be left there, no matter where the mistake had come in."

「 マシュー・カスバート、これは誰だい」。彼女は不意に叫んだ。「 男の子はどこにいるのさ?」 「男の子はどこにもいないよ」。マシューはあわれにもそう答えるしかなかった。「この女の子 しかいないんだよ」彼は少女のほうを向いてうなずいた。 そういえば少女の名前を聞いていなかったのを思い出した。 「 男の子じゃないなんて!でも男の子がくるはずだったのよ」。 マリラはいいはった。「 スペンサー夫人に男の子をお願いしたはずよ」 「ああ、あの人はそうしなかったんだ。 この女の子をよこしたのさ。 駅長に聞いたよ。それでこの子を家に連れて帰るしかなかった。どんな手違いがあったとしても、そのまま置いておけないからさ」

ejaculate不意に叫びだす wretchedlyあわれなさまで

"Well, this is a pretty piece of business!" ejaculated Marilla. During this dialogue the child had remained silent, her eyes roving from one to the other, all the animation fading out of her face. Suddenly she seemed to grasp the full meaning of what had been said. Dropping her precious carpet-bag she sprang forward a step and clasped her hands.

「ああ、これは本当に厄介なことになったわ!」。 マリラは叫んだ。 このやり取りの間、少女は黙ったままだった。視線 はあちこちをさまよっていた。 表情から生気が消えていた。その刹那、 二人が何を言い合っていることの意味がすべてわかった。少女は 大切な旅行かばんをおいて、一歩踏み込むと、手を握りしめた。

piece of business厄介なこと roveうろつく、きょろきょろする animation生気、活気 springすばやく飛ぶ、はねる  

"You don't want me!" she cried. "You don't want me because I'm not a boy! I might have expected it. Nobody ever did want me. I might have known it was all too beautiful to last. I might have known nobody really did want me. Oh, what shall I do? I'm going to burst into tears!"
 
「ほしかったのはわたしではなかったのね!」。少女は叫んだ。「 わたしが男の子じゃないからほしくないんでしょ!こんなことになると思った わ。これまでも誰にも望まれなかったから。こんなすばらしい出来事が続くわけなかったのよ。本当に 誰もわたしを望みはしないことは、わかっていたことなのよ。ああ、 どうすればいいの。どんどん涙があふれてくるわ!」
 
Burst into tears she did. Sitting down on a chair by the table, flinging her arms out upon it, and burying her face in them, she proceeded to cry stormily. Marilla and Matthew looked at each other deprecatingly across the stove. Neither of them knew what to say or do. Finally Marilla stepped lamely into the breach.
"Well, well, there's no need to cry so about it."

本当に涙がこぼれた。テーブルのそばのいすに座ると、テーブルに腕を投げ出して、 顔を沈めた。嵐のように泣きはじめた。 マリラとマシューはストーブを挟んでお互いをたしなめるように見合っていた。二人ともどういえばいいのか、または 黙っていたほうがいいのかわからなかった。 ついにマリラがぎこちなさそうに、救いの手を差し伸べた。 「まあまあ、こんなことでそう泣くのはおよし」

fling投げ飛ばす、激しく動かす、陥らせる、動かす deprecatingly非難するように、たしなめるように lamely弱くて疑問が残る様子で step into the breach救いの手を差し伸べる

"Yes, there is need!" The child raised her head quickly, revealing a tear-stained face and trembling lips. "You would cry, too, if you were an orphan and had come to a place you thought was going to be home and found that they didn't want you because you weren't a boy. Oh, this is the most tragical thing that ever happened to me!"

「いいえ、泣かずにいられないわ!」。 少女はさっと顔をあげた。涙のあとと、唇が震えているのがわかった。「あなたも孤児だったら泣いているわ。自分のおうちになると思ってきたところまでやってきて、男の子じゃないからいらないなんてわかったら。ああ、 こんな悲劇が襲ったことは一度だってなかったわ!」

Something like a reluctant smile, rather rusty from long disuse, mellowed Marilla's grim expression. "Well, don't cry any more. We're not going to turn you out-of-doors to-night. You'll have to stay here until we investigate this affair. What's your name?"
The child hesitated for a moment.
 
どこか気乗りしない微笑みが、 マリラの厳しい言葉遣いを和らげた。優しい言葉など、長らく使っていなかったのでさびついてしまったかのようだった。
「まあ、もう泣くのはおやめ。 あなたを今晩、外におっぽり出すようなことはしないわ。事情を調べてみるまで、ここにいなさい。ところで名前はなんていうの」
少女はしばらくためらっていた。
 
reluctantしぶしぶの rustyさびついた mellow上機嫌にさせる

2013年10月9日水曜日

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(11)

"That's it, isn't it?" she said, pointing.
Matthew slapped the reins on the sorrel's back delightedly. "Well now, you've guessed it! But I reckon Mrs. Spencer described it so's you could tell."

「あれが、その家なんでしょう?」。彼女は指差しながら聞いた。 マシューはうれしそうに馬の背の手綱をピシャリと打った。 「さあ、どれ、 その通りさ。でもおまえさんのいったことは、スペンサー夫人が説明していたんだろう」

slapピシャリと打つ rein手綱 so's=so as=so that~のように、~のために

"No, she didn't--really she didn't. All she said might just as well have been about most of those other places. I hadn't any real idea what it looked like. But just as soon as I saw it I felt it was home. Oh, it seems as if I must be in a dream. Do you know, my arm must be black and blue from the elbow up, for I've pinched myself so many times today. Every little while a horrible sickening feeling would come over me and I'd be so afraid it was all a dream. Then I'd pinch myself to see if it was real--until suddenly I remembered that even supposing it was only a dream I'd better go on dreaming as long as I could; so I stopped pinching. But it is real and we're nearly home."

「いいえ、違うわ。本当に説明なんかしていないわ。あの人がいったのは、 ほかの場所と似たようなことだけだったと思うわ。どんな風景なんだか、本当に分からなかったの。でも一目見たときから、ここがこれからの家になるんだと思ったわ。まるで 夢の中にいるみたいだわ。わかる?わたしのひじから上は、黒ずんで、青あざができているの。今日は 何度もつねったからよ。どんなときにも、ひどくうんざりした気分になったわ。すべては夢なんじゃないかと心配だったの。そんなとき本当だって確かめるために自分でつねったの。たとえただの夢だったとしても、この夢が続くようにと思えた刹那、つねるのをやめたわ。でも本当なのね。本当にわたしたちのおうちなのね」

sickening胸の悪くなる、うんざりする

With a sigh of rapture she relapsed into silence. Matthew stirred uneasily. He felt glad that it would be Marilla and not he who would have to tell this waif of the world that the home she longed for was not to be hers after all. They drove over Lynde's Hollow, where it was already quite dark, but not so dark that Mrs. Rachel could not see them from her window vantage, and up the hill and into the long lane of Green Gables. By the time they arrived at the house Matthew was shrinking from the approaching revelation with an energy he did not understand. It was not of Marilla or himself he was thinking of the trouble this mistake was probably going to make for them, but of the child's disappointment. When he thought of that rapt light being quenched in her eyes he had an uncomfortable feeling that he was going to assist at murdering something--much the same feeling that came over him when he had to kill a lamb or calf or any other innocent little creature. The yard was quite dark as they turned into it and the poplar leaves were rustling silkily all round it. "Listen to the trees talking in their sleep," she whispered, as he lifted her to the ground. "What nice dreams they must have!"

喜びのため息のあとで彼女は黙り込んだ。マシューもちょっとやそっとで元気づけられなかった。世間からはぐれた 宿無し子に、結局は ここがのぞんでいた家にならないことを告げる役目が、自分ではなくマリラならきっと喜んでいただろう。 二人はリンド家のくぼ地をすぎた。すでに すっかり暗くなっていた が、レーチェル夫人が二人の姿や丘の上、そしてグリーンゲーブルズへと続く長い道が見えないほどには暗くなかった。見通しのよい窓辺から。 家に着くまでに、 マシューは自分がこの事態を理解していなかったことが、伝わらないように努めた。彼が考えたいたのは、今回の行き違いによるトラブルがマリラや自分に降りかかることではなく、少女の気落ちする姿だった。 少女の瞳からうっとりした光が消えてしまうのを思うと、彼はなにかを失ってしまうような不安な気持ちにかられた。子羊や子牛のような罪なき小さな生き物をあやめるときにも似た感情がおそった。二人が入ったときには庭はすっかり暗く、そこかしこでポプラの葉がなめらかな音を立てていた。 「眠れる木々の声に耳を傾けましょう」。マシューが馬車からおろすと、少女はささやいた。「なんて素敵な夢を見ているのかしら」

rapture有頂天、狂気、歓喜 stir奮起させる waif浮浪児、宿無し子 vantage有利な立場、利益 shrinkしり込みする revelation明らかにすること、暴露、漏らすこと、発覚 make for起こす、~に進む、役立つ raptうっとりした quench抑える、静める、消す calf子牛 silkilyつやかかに、滑らかに rustleかさかさ音を立てる

Then, holding tightly to the carpet-bag which contained "all her worldly goods," she followed him into the house.
 
そして「この世ですべての持ち物」を詰め込んだ旅行かばんをしっかり抱えて、少女 はマシューをおって家に入っていった。
 
worldlyこの世の

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(10)

 
"Has Mr. Barry any little girls? Well, not so very little either--about my size." "He's got one about eleven. Her name is Diana." "Oh!" with a long indrawing of breath. "What a perfectly lovely name!"

「バリーさんには小さな女の子がいるの?うーんとね、そんなに小さくない、 わたしくらいの」 「あの人には、11歳くらいの子が一人いたな。 ダイアナという名前だよ」 「え」。思わず息を長く吸い込んだ。「 なんてすてきな名前なの!」

indrawing=inhale of breath息を吸い込む

"Well now, I dunno. There's something dreadful heathenish about it, seems to me. I'd ruther Jane or Mary or some sensible name like that. But when Diana was born there was a schoolmaster boarding there and they gave him the naming of her and he called her Diana."

「さあ、どれ、わしにはわからんね。 わしには、なんだかおそろしく品がなく思えるがね。 ジェーンやマリーなんて分別のある名前がいいんじゃないかね。ちょうどダイアナが生まれたころ赴任した 校長先生に名付け親を頼んだんだ。それでダイアナという名前になったのさ」

heathenish異教の、神を認めない、野蛮な sensible思慮のある、分別のある

"I wish there had been a schoolmaster like that around when I was born, then. Oh, here we are at the bridge. I'm going to shut my eyes tight. I'm always afraid going over bridges. I can't help imagining that perhaps just as we get to the middle, they'll crumple up like a jack-knife and nip us. So I shut my eyes. But I always have to open them for all when I think we're getting near the middle. Because, you see, if the bridge did crumple up I'd want to see it crumple. What a jolly rumble it makes! I always like the rumble part of it. Isn't it splendid there are so many things to like in this world? There we're over. Now I'll look back. Good night, dear Lake of Shining Waters. I always say good night to the things I love, just as I would to people I think they like it. That water looks as if it was smiling at me."

「私が生まれたときも、 そんな校長先生がいてくれたらよかったのに。 あら橋まできたのね。瞳をじっと閉じてなきゃ。いつも橋をわたるのが怖いの。たぶん 真ん中まできたのでしょうね。橋が ジャックナイフみたいにぺちゃんこに折れて、わたしたちを挟んでしまいそうだもの。 だから瞳を閉じるの。でも橋の真ん中に近づいたときはいつでも、瞳を開けてなきゃいけないわ。だって、わかるでしょ。 もし橋がぺちゃんこに折れたら、そうなったところを見てみたいから。きっと愉快な騒動になるわ!わたしは騒ぎがいつだって好きなの。この世がそんなものばかりだったらすてきなのにね。やっと わたり終えた。 これで振り返ってみることができるわ。おやすみなさい、輝く水の湖よ。 好きなものには、いつもおやすみというの。人にいうみたいに。 きっと気に入ってくれてるわ。水面 も微笑みかけているみたいね」

crumpleしわくちゃにする、ぺちゃんこにする nipはさむ jolly楽しい、愉快な rumbleがやがやいう、騒音

When they had driven up the further hill and around a corner Matthew said: "We're pretty near home now. That's Green Gables over--" "Oh, don't tell me," she interrupted breathlessly, catching at his partially raised arm and shutting her eyes that she might not see his gesture. "Let me guess. I'm sure I'll guess right." She opened her eyes and looked about her. They were on the crest of a hill. The sun had set some time since, but the landscape was still clear in the mellow afterlight. To the west a dark church spire rose up against a marigold sky. Below was a little valley and beyond a long, gently-rising slope with snug farmsteads scattered along it. From one to another the child's eyes darted, eager and wistful. At last they lingered on one away to the left, far back from the road, dimly white with blossoming trees in the twilight of the surrounding woods. Over it, in the stainless southwest sky, a great crystal-white star was shining like a lamp of guidance and promise.

さらに丘を登って角をまがると、マシューがいった。
「 だいぶ家に近づいたぞ。向こうに見えるのが グリーンゲーブルズさ」
「ああ、いわないで」。少女は 息つくまもなく言葉をさえぎった。振り上げた彼の手を制して、まるでジェスチャーを見なかったかのように瞳を閉じた。「わかるわ。はっきりとわかる」
彼女は目を開けて見回した。二人は丘の頂にいた。 彼女は目を開けた。 夕日はついさっき沈んでしまったが、あたりの風景は、きれいな夕焼けに照らされてまだはっきりと見えた。 西のほうには暗い教会の尖塔がマリーゴールドのような色の空に伸びてい た。その下は小さな谷になっていた。その向こうには、きれいな農場があちこちにある長く、のぼりの緩やかな坂がのびていた。 少女の瞳は次から次へと、情熱的にそして物思いにふけるように投げかけられた。とうとう 二人は大きな道から大きくそれて左の道に入った。 薄明かりに照らされた森に、薄い白の花をつけた木が見えた。その向こうの 曇りのない南西の空に、大きな白く光る星が輝いていた。将来の道しるべとなる明かりのように。
 
look about見回す some time since先ごろ mellowなめらかな、豊かで美しい、豊潤な snug居心地のよい、気持ちのよい、こぎれいな scatterまき散らす dart投げかける、放つ、射る wistful物欲しそうに、物足りなそうに、物思いに沈む linger居残る、後に残っている dimly薄暗く、ぼんやりと stainless汚れのない、しみのない

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(9)

"I have it lots of time--whenever I see anything royally beautiful. But they shouldn't call that lovely place the Avenue. There is no meaning in a name like that. They should call it--let me see--the White Way of Delight. Isn't that a nice imaginative name? When I don't like the name of a place or a person I always imagine a new one and always think of them so. There was a girl at the asylum whose name was Hepzibah Jenkins, but I always imagined her as Rosalia DeVere. Other people may call that place the Avenue, but I shall always call it the White Way of Delight. Have we really only another mile to go before we get home? I'm glad and I'm sorry. I'm sorry because this drive has been so pleasant and I'm always sorry when pleasant things end. Something still pleasanter may come after, but you can never be sure. And it's so often the case that it isn't pleasanter. That has been my experience anyhow. But I'm glad to think of getting home. You see, I've never had a real home since I can remember. It gives me that pleasant ache again just to think of coming to a really truly home. Oh, isn't that pretty!"
 
「すばらしく美しいものをみると、いつもこんな気持ちになるの。でも、こんな素敵な場所を並木道なんて呼ぶべきじゃないわ。こんな名前、なんの意味もないわ。そうね、こんなふうに呼ばなきゃ。喜びの白い道よ。想像力豊かで、すてきな名前でしょ?場所や人の名前が気に入らないときは、 いつも新しい名前を想像してみたり、そんなことを考えたりするの。孤児院にヘプジバ・ジェンキンスという名前の女の子がいたわ。でもわたしは心の中で、ロザリア・デベールと呼んでいたの。ほかの人たちはこの場所を並木道と呼ぶのだろうけど、わたしはいつも喜びの白い道と呼ぶわ。本当におうちまで数マイルしか進んでいないの?うれしいけど悲しいわ。だってこの旅はとっても楽しいから。でも楽しいことに終わりがあるのは悲しいわ。楽しいことはまだまだ続くのかもしれない。でもあなたにもきっと分からないわよね。そしてたいていの場合、それほど楽しいことでもないの。これはとにかく、わたしの経験からいうのだけど。でもおうちに着くと思うとうれしいわ。お分かりでしょう?だって思い出せる限り、本当のおうちに暮らした記憶なんてないもの。本当に、本当のおうちに住めると思うだけで、幸せな痛みがするの。ああ、すてきなことじゃない!」
 
royallyすばらしく come after続く、後に来る、追いかけてくる
 
They had driven over the crest of a hill. Below them was a pond, looking almost like a river so long and winding was it. A bridge spanned it midway and from there to its lower end, where an amber-hued belt of sand-hills shut it in from the dark blue gulf beyond, the water was a glory of many shifting hues--the most spiritual shadings of crocus and rose and ethereal green, with other elusive tintings for which no name has ever been found. Above the bridge the pond ran up into fringing groves of fir and maple and lay all darkly translucent in their wavering shadows. Here and there a wild plum leaned out from the bank like a white-clad girl tip-toeing to her own reflection. From the marsh at the head of the pond came the clear, mournfully-sweet chorus of the frogs. There was a little gray house peering around a white apple orchard on a slope beyond and, although it was not yet quite dark, a light was shining from one of its windows.
 
二人は丘の頂上までたどり着いた。見下ろすと沼があった。長くて、 まがりくねった様子からほとんど川のように見えた。真ん中に橋がかけられていた。手前からずっと先の方へ、向こうの暗い青の湾口部から琥珀色の 砂丘が取り巻いていた。水面 は多彩な色に輝き、クロッカスやバラそして薄い緑、 名前の付けようのない神秘的な色合いが混ざり合っていた。橋をこえると、その沼はモミやカエデの小さな森のなかへと伸びていた。そして暗く、透き通った光が、波打つような影にさしていた。 そこかしこに、岸辺から野生のプラムがなっていた。つま先立ちで水面に映った姿を踏む、 白い服の少女のようだった。 沼の先端部の沼地から、カエルの悲しげで優しげな合唱がはっきりと聞こえてきた。 白いりんごの果樹園に囲まれた小さなグレーの家が傾斜の下に建っていた 。まだどれほど暗くなっていなかったが、窓明かりが輝いていた。
 
crest頂上、山頂、とさか spanかかっている、及ぶ、広がる amberこはく hued~色の shut in取り巻く shading濃淡、影 ethereal空気のような、希薄な elusiveわかりにくい、つまえどころのない tintings色合い、ほのかな色  grove小さい森 translucent半透明の、光を通す bank土手、堤防 clad着た、覆われた tiptoeつま先で歩く、つま先で marsh沼地 mournfully悲しげに peer現れる、見えてくる
 
"That's Barry's pond," said Matthew.
"Oh, I don't like that name, either. I shall call it--let me see--the Lake of Shining Waters. Yes, that is the right name for it. I know because of the thrill. When I hit on a name that suits exactly it gives me a thrill. Do things ever give you a thrill?" Matthew ruminated.

「あれがバリーの池だよ」  。マシューは名前を教えてあげた。 「ああ、その名前も嫌よ。わたしはこう呼ぶわ。そうね。 輝く水の湖よ。そう、それこそふさわしい名前よ。 わくわくするから、そんな名前を思いついたの。ぴったりの名前を思いついたときって、わくわくするの。 わくわくすることってある?」。 マシューはよく考えてみた。

ruminate沈思黙考する、思い巡らす、よく考える

"Well now, yes. It always kind of gives me a thrill to see them ugly white grubs that spade up in the cucumber beds. I hate the look of them." "Oh, I don't think that can be exactly the same kind of a thrill. Do you think it can? There doesn't seem to be much connection between grubs and lakes of shining waters, does there? But why do other people call it Barry's pond?"

「さあ、どれ、そうだな。白い汚らしいうじ虫が、キュウリの寝床に穴を開けるのを見たときはいつもドキドキするよ。 見るのも嫌だな」 「ああ、 同じようなドキドキはやっぱり感じないのね。そんな気持ちになることあるかしら。 白いうじ虫と輝く水の湖には何の関係もないでしょ。 でもどうしてみんなはバリーの池と呼ぶの?」

grubsうじ spade掘る

"I reckon because Mr. Barry lives up there in that house. Orchard Slope's the name of his place. If it wasn't for that big bush behind it you could see Green Gables from here. But we have to go over the bridge and round by the road, so it's near half a mile further."
 
「近くのあそこの家にバリーさんが住んでいるからだと思うな。坂の果樹園があの人の屋号さ。あの家の裏に大きな茂みがなければ、ここからグリーンゲーブルズが見えるはずさ。だけど、わしらは橋を渡って道なりにいかなくちゃ。そうさな、あと半マイルってところかな」
 
bushしげみ

第二章 マシュー・カスバートは驚いた(8)

That was not what Mrs. Spencer had said; neither had the child tumbled out of the buggy nor had Matthew done anything astonishing. They had simply rounded a curve in the road and found themselves in the "Avenue."
 
それはスペンサー夫人の言葉ではなかった。その子は荷車から転げ落ちることもなかったし、マシューはなにも驚きはしなかった。二人はただカーブを曲がっていった。そして「並木道」にさしかかったことに気づいた。
 
tumble転ぶ、転落する astonishing驚くばかりの、目覚しい
 
The "Avenue," so called by the Newbridge people, was a stretch of road four or five hundred yards long, completely arched over with huge, wide-spreading apple-trees, planted years ago by an eccentric old farmer. Overhead was one long canopy of snowy fragrant bloom. Below the boughs the air was full of a purple twilight and far ahead a glimpse of painted sunset sky shone like a great rose window at the end of a cathedral aisle.
 
ニューブリッジの人たちが「並木道」と呼ぶのは400から500ヤードほどに伸びた道路 である。 何年も前に風変わりな年老いた農夫が、広大に育ったリンゴの木を、本当にアーチをかけるように植えたのだった。
 
arch overアーチを形成する eccentric奇人、変人

Its beauty seemed to strike the child dumb. She leaned back in the buggy, her thin hands clasped before her, her face lifted rapturously to the white splendor above. Even when they had passed out and were driving down the long slope to Newbridge she never moved or spoke. Still with rapt face she gazed afar into the sunset west, with eyes that saw visions trooping splendidly across that glowing background. Through Newbridge, a bustling little village where dogs barked at them and small boys hooted and curious faces peered from the windows, they drove, still in silence. When three more miles had dropped away behind them the child had not spoken. She could keep silence, it was evident, as energetically as she could talk.

その美しさは言葉を失わせるほど子供心に響いた。少女 は荷台のうえでのけぞりかえった。そして細い手を握り締めた。有頂天になって、白く輝く頭上に顔を上げた。 ニューブリッジへ続く長い坂を通り過ぎ、下っていくしばらくの間でさえ、少女 は身動きすることも口を聞くこともなかった。うっとりした表情のまま、少女 はまだ西の空に沈むはるかな夕日にみいっていた。その 視線は明るんでいく遠景を優雅に動くようだった。小さいが騒がしい、 ニューブリッジの村を通り過ぎる間、犬にほえられたり、 少年たちからはやし立てられたり、窓からは好奇に満ちた表情で凝視されたりした。それでも黙ったまま、二人は馬車を走らせた。それらを後にして3マイルほど進んだが、少女は何もしゃべらなかった。彼女はじっと黙っていた。 話したなくて仕方ないのは、はっきりしていたのに。

dumbもののいえない、口のきけない lean backのけぞりかえる rapturously有頂天になって splendor輝き、華麗 raptうっとりした afarはるかに、遠くに troop隊を組んで歩く、ぞろぞろ行く bustlingせわしい、騒がしい hootやじる、はやし立てる peerじっと見る、凝視する

"I guess you're feeling pretty tired and hungry," Matthew ventured to say at last, accounting for her long visitation of dumbness with the only reason he could think of. "But we haven't very far to go now--only another mile."

「たいそう疲れて、腹が減ったようだね」。マシューはとうとう、思い切って口を開いた。長く沈黙していたのを観察した結果、彼に思いついたたった一つの理由がそれだった。「でもまだ目的地までちっとも進んでいないんだ。まだ数マイルだけだよ」

venture思い切って試みる visitation視察 dumbness無言症

She came out of her reverie with a deep sigh and looked at him with the dreamy gaze of a soul that had been wondering afar, star-led.

少女は深いため息とともに幻想から覚めた。星に導かれるように遠くをさまよう心の底から、夢見るような熱いまなざしを彼のほうに向けた。

reverie幻想、夢想 gaze熟視、凝視

"Oh, Mr. Cuthbert," she whispered, "that place we came through--that white place--what was it?" "Well now, you must mean the Avenue," said Matthew after a few moments' profound reflection. "It is a kind of pretty place."

「ああカスバートさん」。少女はささやいた。「 わたしたちが通り過ぎた、あの白く輝く場所はなんというの?」 「さあ、どれ、並木道 のことかい」。マシューがはっきりと返事をしたのは しばらくしてからだった。「すてきなところだとは思うがね」

"Pretty? Oh, pretty doesn't seem the right word to use. Nor beautiful, either. They don't go far enough. Oh, it was wonderful--wonderful. It's the first thing I ever saw that couldn't be improved upon by imagination. It just satisfies me here"--she put one hand on her breast--"it made a queer funny ache and yet it was a pleasant ache. Did you ever have an ache like that, Mr. Cuthbert?"
"Well now, I just can't recollect that I ever had."
 
「すてき?ああ、すてき、というのはふさわしくないわ。 美しい、でもないし。まだそこからそれほど遠くはないわね。ああ、すばらしい、すばらしいよ。空想をもってしても、これ以上 の景色にならない場所なんて初めてだわ。ここにいるだけで大満足よ」。少女は胸の上に片方の手を置いた。「妙な、おかしな胸の痛みなの。愉快な痛みでもあるわ。カスバートさん、こんな痛みを感じたことがある?」
「さあ、どれ、そんなことがあったか、ちょっと思い出せないな」
 
queer風変わりな、妙な、変な、ふらふらする funnyおかしい、滑稽な、妙な ache痛み、むずむずする