2013年11月25日月曜日

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(5)

"Just imagine how you would feel if somebody told you to your face that you were skinny and ugly," pleaded Anne tearfully.
 
「 やせっぽちでみにくいなんて面と向かっていわれたら、どんなふうに感じるか考えてみなさいよ」。 アンは涙ながらに訴えた。
 
An old remembrance suddenly rose up before Marilla. She had been a very small child when she had heard one aunt say of her to another, "What a pity she is such a dark, homely little thing." Marilla was every day of fifty before the sting had gone out of that memory.
 
マリラは突然、ある古い記憶を思い出した。まだ小さな幼子だったころ、 おばさんが他人にこういうのを聞いたのだった。「 なんて肌の浅黒い、不器量なおちびさんなんだろ」。マリラはこの心のとげが消えることなく、ついに五十になってしまった。
 
remembrance記憶
 
"I don't say that I think Mrs. Lynde was exactly right in saying what she did to you, Anne," she admitted in a softer tone. "Rachel is too outspoken. But that is no excuse for such behavior on your part. She was a stranger and an elderly person and my visitor—all three very good reasons why you should have been respectful to her. You were rude and saucy and"—Marilla had a saving inspiration of punishment—"you must go to her and tell her you are very sorry for your bad temper and ask her to forgive you."
 
「いいかいアン。 あんたにいったことについてリンドさんの肩を持つわけじゃないのよ」。マリラ は優しい口調で慰めた。「 レーチェルったら本当におしゃべりなのよ。 でもあんたの態度には弁解の余地がないわ。あの人はあんたとは初対面でずっと年上なんだし、そして お客さんとしてきたんだよ。 この三つの理由だけでもあんたは、レーチェルにきとんとした態度をとらなきゃいけないの。あん たは行儀が悪くて、生意気だったわ」。マリラはお仕置きはしないつもりだった。 「あんたはいって、 かんしゃくをおこしてすいませんでしたって謝ってらっしゃい。そして許してもらえるようにお願いするの 」
 
saucy生意気な、無作法な
 
"I can never do that," said Anne determinedly and darkly. "You can punish me in any way you like, Marilla. You can shut me up in a dark, damp dungeon inhabited by snakes and toads and feed me only on bread and water and I shall not complain. But I cannot ask Mrs. Lynde to forgive me."
 
「わたしは絶対そんなことしないからね」。 アンはきっぱりと、低い声でいった。「マリラ、 あなたの気の済むようにお仕置きすればいいわ。ヘビ やカエルがいるようなじめじめした牢屋に閉じこめたっていいわ。食べるものは パンと水だけでも文句はいわない。 でもリンドさんには謝れなんていわないで」
 
dampじめじめした
 
"We're not in the habit of shutting people up in dark damp dungeons," said Marilla drily, "especially as they're rather scarce in Avonlea. But apologize to Mrs. Lynde you must and shall and you'll stay here in your room until you can tell me you're willing to do it."
 
「暗くてじめじめした 牢屋にとじめるなんてまねは、このうちではしないわ」。 マリラはぶっきらぼうにいった。「アボンリーでそんなこと聞いたことない。 でもリンドさんには絶対に謝らなきゃだめよ。その気になるまで、 部屋でじっとしてるのね」
 
scarceまれな
 
"I shall have to stay here forever then," said Anne mournfully, "because I can't tell Mrs. Lynde I'm sorry I said those things to her. How can I? I'm NOT sorry. I'm sorry I've vexed you; but I'm GLAD I told her just what I did. It was a great satisfaction. I can't say I'm sorry when I'm not, can I? I can't even IMAGINE I'm sorry."
"Perhaps your imagination will be in better working order by the morning," said Marilla, rising to depart. "You'll have the night to think over your conduct in and come to a better frame of mind. You said you would try to be a very good girl if we kept you at Green Gables, but I must say it hasn't seemed very much like it this evening."
 
「じゃ、 ずっと部屋にいろっていうの」。アンの口調は悲しげだった。「だって リンドさんに、あんなことをいってすいませんでした、なんていえっこないもの。どうしたらいえるの? 困らせてごめんね。でもあの人に、思いのたけをぶつけることができて本当によかったわ。本当に思い残すことはないわ 。自分が悪くもないのに謝るなんてできっこないわ、そうでしょう?すいませんでした、っていえるなんて思いもつかないわ 」
「あんたの想像力も朝よりはましになってることだろうね」。 そういうとマリラは立ち上がった。「 一晩、自分のしたことについて考えてみなさい。そうすれば心持ちもかわるだろうからね 。 もしグリーンゲーブルズにいられるなら、 いい子になるって、おまえはいったじゃないか。でも 夕べの出来事は、その約束とは大違いだったようだね」
 
vex悩ます conduct行い frame気分
 
Leaving this Parthian shaft to rankle in Anne's stormy bosom, Marilla descended to the kitchen, grievously troubled in mind and vexed in soul. She was as angry with herself as with Anne, because, whenever she recalled Mrs. Rachel's dumbfounded countenance her lips twitched with amusement and she felt a most reprehensible desire to laugh.
 
アンのささくれ立った心に、マリラの言葉が突き刺さった。 マリラは台所に戻っていった。ひどく心をかき乱され、悩まされていた。マリラもまるで アンのように、自分をしかりたい気持ちになるのだった。口をとがらせた レーチェル夫人のまごついた表情をおかしみとともに思い出すたび、不謹慎にも笑ってしまいたくなるからだった。
 
parthian shaft捨て台詞  rankle心に食い込む、わだかまる grievouslyひどく dumbfoundびっくりする、まごつかせる countenance顔つき、表情 reprehensibleふらちな
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(4)

 

On the way upstairs she pondered uneasily as to what she ought to do. She felt no little dismay over the scene that had just been enacted. How unfortunate that Anne should have displayed such temper before Mrs. Rachel Lynde, of all people! Then Marilla suddenly became aware of an uncomfortable and rebuking consciousness that she felt more humiliation over this than sorrow over the discovery of such a serious defect in Anne's disposition. And how was she to punish her? The amiable suggestion of the birch switch—to the efficiency of which all of Mrs. Rachel's own children could have borne smarting testimony—did not appeal to Marilla. She did not believe she could whip a child. No, some other method of punishment must be found to bring Anne to a proper realization of the enormity of her offense.
 
階段をあがりながら、マリラにはどうすればいいのか思いも付かなかった。ついさっきまで繰り広げられていた出来事にうろたえていたわけではなかった。アンにとって問題なのは、あれほどのかんしゃくをおこした相手がレーチェル・ リンド夫人だったことだ。ほかの人ならまだしも!そしてマリラは居心地の悪い、自責の念にかられていた。アンの性格についてあれほど深刻な問題がわかったというのに、悲しいよりも恥ずかしく感じたのだ。そして、どのような罰を与えればいいのか。レーチェル夫人が親切からすすめた、痛ましいむちも、彼女の子どもたちには効き目があったのかもしれないが、マリラの心には響かなかった。マリラには子どもをむちで打つなんて信じられないことだった。いや、あんな途方もなく無礼な振る舞いをアンに気づかせるのに、もっとほかの罰があるはずだ。
 
ponder熟考する、思案する dismayろうばい、うろたえ enact制定する、演じる rebuke非難する  humiliation恥
disposition性質、傾向、気質 amiable好意的な smartingうずき、痛み whipむち打つ enormity非道な行為 offense違反、無礼
 
Marilla found Anne face downward on her bed, crying bitterly, quite oblivious of muddy boots on a clean counterpane.
"Anne," she said not ungently.
 
アンがベッドに顔をうずめているのにマリラは気づいた。悲しそうに泣いている。何も考えられずに、泥だらけの靴のままベッドに上がっていた。
「アン」。マリラの声はいつものようにきつくなかった。
 
oblivious忘れて、没頭して muddy boots泥だらけの靴 counterpaneベッドカバー
 
No answer.
"Anne," with greater severity, "get off that bed this minute and listen to what I have to say to you."
 
返事がない。
「アン」。今度は少しきつい口調だった。「ベッドからすぐ降りなさい。そしてわたしのいうことを聞くのよ」
 
Anne squirmed off the bed and sat rigidly on a chair beside it, her face swollen and tear-stained and her eyes fixed stubbornly on the floor.
 
アンはもがきながらベッドから出て、そばのいすにじっと腰かけた。顔ははれて涙の跡が残っていた。視線はただ床の上に向けられていた。
 
squirmもがく stubbornly頑固に、かたく
 
"This is a nice way for you to behave. Anne! Aren't you ashamed of yourself?"
"She hadn't any right to call me ugly and redheaded," retorted Anne, evasive and defiant.
 
「アン、お行儀がよいこと!恥ずかしくなったのかい?」
「私のことをみにくいとか、赤毛だなんていう資格はないのよ」。アンは言い返した。目をそらしながら、反抗的に。
 
evasiveいいぬけの、ごかましの、あいまいな、ずるそうな defiant反抗的な、挑戦的な、傲慢な
 
"You hadn't any right to fly into such a fury and talk the way you did to her, Anne. I was ashamed of you—thoroughly ashamed of you. I wanted you to behave nicely to Mrs. Lynde, and instead of that you have disgraced me. I'm sure I don't know why you should lose your temper like that just because Mrs. Lynde said you were red-haired and homely. You say it yourself often enough."
 
「アン、あんただってあんなふうに怒ったり、口をきいたりする資格はないわ。恥ずかしいわ。まったく恥ずかしいったらありゃしない。リンドさんにはもっとお行儀よくしてほしかったのに。それなのにわたしに恥をかかせたのよ。あんなふうにかんしゃくを起こすなんて、まったくわからないわ。いくらリンドさんが赤毛だとか、不器量だとかいったってね。あんただってよくいうじゃない」
 
fury憤激、激怒、興奮状態 disgrace恥をかく often enoughよくあること、しょっちゅう
 
"Oh, but there's such a difference between saying a thing yourself and hearing other people say it," wailed Anne. "You may know a thing is so, but you can't help hoping other people don't quite think it is. I suppose you think I have an awful temper, but I couldn't help it. When she said those things something just rose right up in me and choked me. I HAD to fly out at her."
 
「あら、でも自分でいうのと、他人がいうのを聞くのでは大違いだわ」。アンは不満そうにいった。「あなたはそう思うのかもしれない。でもあなただって他人にそんなふうに思われたくないはずだわ。私がとんでもないかんしゃくもちだと思ったかもしれないわね。でもどうしようもなかったの。わたしの気持ちを逆撫でしたり、むっとさせられたら。食って掛からずにいられなかったわ」
 
wail泣き叫ぶ、不平をこぼす chokeむせさせる、窒息させる、息を詰まらせる fly out食って掛かる
 
"Well, you made a fine exhibition of yourself I must say. Mrs. Lynde will have a nice story to tell about you everywhere—and she'll tell it, too. It was a dreadful thing for you to lose your temper like that, Anne."
 
「まあ、これであんたもいい笑い者だわ。リンド夫人はあんたのことを、そこかしこで面白おかしくいいふらすだろうね。そのことを報告しにくるに違いないよ。アン、あんなふうにかっとなって、いいことなんて一つもないんだ」
 
make an exhibition笑い者になる
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown e点ネット塾

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(3)

Anne, bursting into tears, rushed to the hall door, slammed it until the tins on the porch wall outside rattled in sympathy, and fled through the hall and up the stairs like a whirlwind. A subdued slam above told that the door of the east gable had been shut with equal vehemence.
 
アンは目に涙を浮かべ、居間のドアへと急いだ。玄関のブリキの壁もアンに同調してがたがた音を鳴らすまもなく、ドアがバタンと閉められた。アンは居間に駆け込むと、つむじ風のように階段を上った。二階から小さく、バタンと音がした。怒りさめやらぬまま、イーストゲーブルのドアも閉じられたのだ。
 
slamバタンと閉める tinスズ、ブリキ rattleがたがた鳴る  whirlwindつむじ風 subdued控えめな、静かな、柔らかな vehemence猛烈さ
 
"Well, I don't envy you your job bringing THAT up, Marilla," said Mrs. Rachel with unspeakable solemnity.
Marilla opened her lips to say she knew not what of apology or deprecation. What she did say was a surprise to herself then and ever afterwards.
 
「まあマリラ、あれを育てるだなんて、ちっとも羨ましくないわ」。レーチェル夫人は苦々しそうにいった。
マリラは口を開こうとしたが、どう謝ればいいか、抗議すればいいか、言葉が見つからなかった。その瞬間も、そしてこれからいつまでも、いえるのはあっけにとられたことだけだった。
 
solemnityまじめさ、厳粛さ deprecation非難、抗議 ever afterwardsいつまでも
 
"You shouldn't have twitted her about her looks, Rachel."
"Marilla Cuthbert, you don't mean to say that you are upholding her in such a terrible display of temper as we've just seen?" demanded Mrs. Rachel indignantly.
 
「レーチェル、 あの子の見た目を悪くいわなきゃよかったのに」
「マリラ・ カスバート、 あんなにかっかしたというのに、あの子の肩を持つつもりじゃないわよね? 」。レーチェル夫人は憮然としていた。
 
indignantly憤然として
 
"No," said Marilla slowly, "I'm not trying to excuse her. She's been very naughty and I'll have to give her a talking to about it. But we must make allowances for her. She's never been taught what is right. And you WERE too hard on her, Rachel."
 
「そうじゃないわ」。マリラはゆっくり答えた。「弁解しないわ。あの子は本当におてんばなのよ。そのことをよくいってきかさないといけないわ。でもだからって、許されるもんじゃない。あの子はなにをしていいのか、教えられてこなかったの。でも レーチェル、 あんたがつらくあたり過ぎたのよ」
 
naughtyいたずら好きな、わんぱくな、いうことを聞かない
 
Marilla could not help tacking on that last sentence, although she was again surprised at herself for doing it. Mrs. Rachel got up with an air of offended dignity.
 
マリラは最後にくわえる言葉がなかった。 あんな振る舞いをするなんて、今もあっけにとられていたのだ。そんなことを言ったことに驚いていた。 レーチェル夫人は不機嫌そうに立ち上がった。
 
 tack onくわえる offended機嫌を悪くした
 
"Well, I see that I'll have to be very careful what I say after this, Marilla, since the fine feelings of orphans, brought from goodness knows where, have to be considered before anything else. Oh, no, I'm not vexed—don't worry yourself. I'm too sorry for you to leave any room for anger in my mind. You'll have your own troubles with that child. But if you'll take my advice—which I suppose you won't do, although I've brought up ten children and buried two—you'll do that 'talking to' you mention with a fair-sized birch switch. I should think THAT would be the most effective language for that kind of a child. Her temper matches her hair I guess. Well, good evening, Marilla. I hope you'll come down to see me often as usual. But you can't expect me to visit here again in a hurry, if I'm liable to be flown at and insulted in such a fashion. It's something new in MY experience."
 
「まあマリラ、これからは口に気をつけなきゃいけないわね。それは重々分かったわ。だって子どもの機嫌なんて気まぐれなもんだから。なにはともあれ、それを気にとめなきゃね。あらやだ。わたしゃちっとも気を悪くなんてしないから。気 にしなさんな。あんたに申し訳なくて、もう 怒ってられないわ。 あんたもあの子には手がかかるだろうね。 でもわたしのいうことを聞けば-といってもあんたは聞かないでしょうけど。それでもわたしは 十人の子を育てたんだから。あんたは大きな枝のむちでいって聞かすようになるだろうね。 あの手の子には、それが一番効き目があるんだよ。 あの子の短気は髪の毛の色によくお似合いだよ。まあ、 ごきげんよう、マリラ。いつでも話しにきておくれ。 でも当分は、あの子の顔を見るのは願い下げだよ。あんなふうに食って掛かられて、ぶしつけなことをされるんじゃね。わたしの人生で一度もなかったことだよ」
 
goodness knows whereどこからともなく vexいらだたせる、悩ます switchむち liable toしやすくて、しがちで、しそうで
 
Whereat Mrs. Rachel swept out and away—if a fat woman who always waddled COULD be said to sweep away—and Marilla with a very solemn face betook herself to the east gable.
 
レーチェル夫人が立ち去るやいなや-よたよたと歩く太っちょの婦人が立ち去るというのも妙なものだが。 マリラは重々しい表情でイーストゲーブルに向かった。
whereatそこで、~するとすぐに waddleよたよた歩く
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

第九章 レーチェル夫人、恐怖で青ざめる(2)

"I've been hearing some surprising things about you and Matthew."
"I don't suppose you are any more surprised than I am myself," said Marilla. "I'm getting over my surprise now."
 
「あん たとマシューについてびっくりする話を聞いたのよ」
「わたしのことはいざ知らず、あんたがびっくりする ようなことがあるのかい」。マリラはたずねた。「もうわたしが驚くようなことはないわ」
 
get over通り越す、乗り越える、克服する
 
"It was too bad there was such a mistake," said Mrs. Rachel sympathetically. "Couldn't you have sent her back?"
"I suppose we could, but we decided not to. Matthew took a fancy to her. And I must say I like her myself—although I admit she has her faults. The house seems a different place already. She's a real bright little thing."
 
「 こんな行き違いがあったなんて本当に気の毒だったわね」。レーチェル夫人は同情した。「 あの子を送り返すことはできなかったの?」
「 できたかもしれないわね。でも、それはやめたわ。 マシューがあの子を気に入っているからね。あの子にはいけないところもあるけど、わたしも気に入っているの。もう、 この家も今までとまるで違うみたいね。 あの子は本当に明るい子なんだよ」
 
take a fancy気に入る
 
Marilla said more than she had intended to say when she began, for she read disapproval in Mrs. Rachel's expression.
 
マリラは話し始めると、自分でも思わなかったほどよくしゃべった。 レーチェル夫人の言葉の端々に、納得いかない様子を読み取ったからだ。
 
"It's a great responsibility you've taken on yourself," said that lady gloomily, "especially when you've never had any experience with children. You don't know much about her or her real disposition, I suppose, and there's no guessing how a child like that will turn out. But I don't want to discourage you I'm sure, Marilla."
 
「あんたはとんでもない厄介ごとを抱え込んでしまったのよ」。 婦人の口調は暗かった。「とくにあんたには子育ての経験がないんだもの。 あの子のことも、あの子の性質もよくしらないだろうに。あの手の子どもはどう転ぶかわかったものじゃないよ。 もちろんあんたを責めてるんじゃないのよ、マリラ」
 
disposition性質、気質
 
"I'm not feeling discouraged," was Marilla's dry response, "when I make up my mind to do a thing it stays made up. I suppose you'd like to see Anne. I'll call her in."
 
「責められてるなんて思ってないわ」。マリラはそっけなく答えた。「 一度決心したら変わらないもの。あんたもアンを見てみたいんだね。 呼んでくるわ」
 
Anne came running in presently, her face sparkling with the delight of her orchard rovings; but, abashed at finding the delight herself in the unexpected presence of a stranger, she halted confusedly inside the door. She certainly was an odd-looking little creature in the short tight wincey dress she had worn from the asylum, below which her thin legs seemed ungracefully long. Her freckles were more numerous and obtrusive than ever; the wind had ruffled her hatless hair into over-brilliant disorder; it had never looked redder than at that moment.
 
アンはすぐに駆けてきた。果樹園を駆け回って、アン の表情は喜びで輝いていた。 だが予期しない初対面の人の出現で、喜びは戸惑いに変わった。アンはまごついて ドアの前でたたずんでいた。アン はたしかに風変わりな女の子に見えた。 孤児院時代から着古した丈のウィンシーの服、 その下には細い脚がみっともなく伸びていた。見えていた。そばかすは前にもまして増え、目に余るほどだった。風が吹いて、 帽子のない彼女の髪はくしゃくしゃになった。 そのときほど髪が赤々と見えたことはなかった。
 
roving動き回る abashed当惑して、まごついて obtrusive目に余る ruffleくしゃくしゃにする、逆立てる
 
"Well, they didn't pick you for your looks, that's sure and certain," was Mrs. Rachel Lynde's emphatic comment. Mrs. Rachel was one of those delightful and popular people who pride themselves on speaking their mind without fear or favor. "She's terrible skinny and homely, Marilla. Come here, child, and let me have a look at you. Lawful heart, did any one ever see such freckles? And hair as red as carrots! Come here, child, I say."
 
「まあ、見た目であんたを引き取ったんじゃないわね」 。レーチェル・リンドさんは力を込めていった。歯に衣着せぬものいいの レーチェル夫人は、愉快で好かれるたちの婦人だった。「マリラ、 この子は恐ろしく痩せて、器量のない子ね。おちびさん、 こっちにきてよく姿を見せなさい。正直、 こんなそばかす見たことあるかい?髪の毛なんて ニンジンの色みたいじゃないか。おちびさん、こっちにおいでっていったでしょ」
 
without fear or favor公明正大に homely不器量な、じみな
 
Anne "came there," but not exactly as Mrs. Rachel expected. With one bound she crossed the kitchen floor and stood before Mrs. Rachel, her face scarlet with anger, her lips quivering, and her whole slender form trembling from head to foot.
 
アンは「近づいた」。でもレーチェルの思い通りにはならなかった。一足飛びに台所を横切ると、レーチェル夫人 の目の前に立った。アン の顔は怒りで真っ赤になっていた。口元はゆがみ、きゃしゃな 体はつま先から頭までわなわな震えていた。
 
with one bound一足飛びに quiver震える
 
"I hate you," she cried in a choked voice, stamping her foot on the floor. "I hate you—I hate you—I hate you—" a louder stamp with each assertion of hatred. "How dare you call me skinny and ugly? How dare you say I'm freckled and redheaded? You are a rude, impolite, unfeeling woman!"
 
「あなたなんか嫌いよ」。アンは声を詰まらせて、足を踏み鳴らしながら叫んだ。「あなたなんか嫌い、嫌い、嫌いよ」。嫌いというたびに足を踏み鳴らす音はますます 大きくなった。「どうして、がりがりで醜いなんていえるの?どうしてそばかすがあって、 赤い髪の毛だなんていえるの?あなたは失礼で、行儀のよくない、感じの悪い人ね」
 
choked詰まった、うんざりした rude失礼な
 
"Anne!" exclaimed Marilla in consternation.
 
「アン!」。マリラはびっくり仰天した。
 
in consternationびっくり仰天して
 
But Anne continued to face Mrs. Rachel undauntedly, head up, eyes blazing, hands clenched, passionate indignation exhaling from her like an atmosphere.
 
それでもアンはびくともせず、レーチェル夫人を見つめ続けた。顔を見上げて、目はめらめら燃えて、全身 から沸き立つような怒りが空気のように発せられているようだった。
 
undauntedlyびくとも blazing燃えている、まばゆい clenchedしっかり閉じた indignation憤り
 
"How dare you say such things about me?" she repeated vehemently. "How would you like to have such things said about you? How would you like to be told that you are fat and clumsy and probably hadn't a spark of imagination in you? I don't care if I do hurt your feelings by saying so! I hope I hurt them. You have hurt mine worse than they were ever hurt before even by Mrs. Thomas' intoxicated husband. And I'll NEVER forgive you for it, never, never!"
 
「どうしてわたしのことをそんなふうにいえるの?」。アン は興奮して繰り返した。「あなたもそんなふうにいわれたいの?太ってて不恰好だなんていわれたらどう思うの?たぶん、あなたはそんなことに想像が及ばないんでしょう?わたしがいったことで、あなたの気分を損ねてもわたしのしったことじゃないわ!もっと気分が悪くなればいいのよ。 それであなたが傷ついても構わないわ。飲んだくれの トーマスさんの旦那さんですら、あなたほどわたしを傷つけるようなことはいわなかったわ。あなたを絶対許さない。絶対に、絶対にね! 」
 
vehemently猛烈に、激しく clumsyぶかっこうな intoxicated酔った
 
Stamp! Stamp!
 
踏み鳴らす大きな足音!足音!
 
"Did anybody ever see such a temper!" exclaimed the horrified Mrs. Rachel.
"Anne go to your room and stay there until I come up," said Marilla, recovering her powers of speech with difficulty.
 
「こんな荒くれみたことないわ!」。レーチェル夫人は真っ青になってさけんだ。
「アン、部屋にいってなさい。わたしがいくまでいるのよ」。マリラはどうにかして言葉を継いだ。
24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

CHAPTER IX. Mrs. Rachel Lynde Is Properly Horrified(1)

Anne had been a fortnight at Green Gables before Mrs. Lynde arrived to inspect her. Mrs. Rachel, to do her justice, was not to blame for this. A severe and unseasonable attack of grippe had confined that good lady to her house ever since the occasion of her last visit to Green Gables. Mrs. Rachel was not often sick and had a well-defined contempt for people who were; but grippe, she asserted, was like no other illness on earth and could only be interpreted as one of the special visitations of Providence. As soon as her doctor allowed her to put her foot out-of-doors she hurried up to Green Gables, bursting with curiosity to see Matthew and Marilla's orphan, concerning whom all sorts of stories and suppositions had gone abroad in Avonlea.

リンド夫人がアンのことを調べにやってきたのは、グリーンゲーブルズで 過ごし始めてから2週間後のことだった。公平にいって、このことでレーチェル夫人を責められない。さんはこのことで何も責めはしなかった。ひどい症状の、季節はずれのインフルエンザにかかって、 この礼儀正しい婦人は、グリーンゲーブルズを最後に訪れてから当分の間、自宅に閉じこめられてしまった。 レーチェルさんはあまり病気にかかることもなく、体の弱い人をはっきりと軽蔑していた。でも彼女のいうところでは、インフルエンザはこの世の病気とはまったく別なのだ。だから彼女を左右するのはただ神の導きだけだった。 医師が外出の許可をだすやいなや、彼女はグリーンゲーブルズに急いだ。 マシューとマリラが引き取った孤児をこの目で見たいという好奇心が抑えきれなかった。噂話はアボンリー中に広まっていた。

fortnight2週間 to do one's justice公平にいえば unseasonable折の悪い、時候はずれの grippeインフルエンザ confine閉じ込める、とどめる  well-defined明確な contempt軽蔑 providence神、摂理

Anne had made good use of every waking moment of that fortnight. Already she was acquainted with every tree and shrub about the place. She had discovered that a lane opened out below the apple orchard and ran up through a belt of woodland; and she had explored it to its furthest end in all its delicious vagaries of brook and bridge, fir coppice and wild cherry arch, corners thick with fern, and branching byways of maple and mountain ash.

アンはこの2週間、起きている時間を無駄にすることがなかった。アン はあらゆる木々や低木の場所まですっかり詳しくなった。アン はリンゴ園の下に、あぜ道が広がっているのを知った。そして森の一帯を駆けた。もっとも遠い端っこまで探検し、思いがけず小川や橋、モミの木の林、シダの茂み、そしてカエデやナナカマドの広がったわき道に出くわすこともあった。

make good use of無駄にしない shrub低木、潅木 vagary気まぐれ coppice下生え、雑木林 thick茂った、密集した fernシダ bywayわき道 mountain ashナナカマド

She had made friends with the spring down in the hollow—that wonderful deep, clear icy-cold spring; it was set about with smooth red sandstones and rimmed in by great palm-like clumps of water fern; and beyond it was a log bridge over the brook.

彼女は窪地にある泉と友達になった。すばらしく深く、透き通って、氷のように 冷たい泉だった。周辺は滑らかなかの砂岩で、手のひらのように大きい水の中に茂るシダで囲まれていた。その向こうには、 小川にかかる丸木橋があった。

clumpやぶ water fern水中に生息するシダ植物

That bridge led Anne's dancing feet up over a wooded hill beyond, where perpetual twilight reigned under the straight, thick-growing firs and spruces; the only flowers there were myriads of delicate "June bells," those shyest and sweetest of woodland blooms, and a few pale, aerial starflowers, like the spirits of last year's blossoms. Gossamers glimmered like threads of silver among the trees and the fir boughs and tassels seemed to utter friendly speech.

橋に導かれて、アンは踊るような足取りで木々に覆われた丘へ向かった。絶え間ない光が、まっすぐに茂ったモミやトウヒの下にさしていた。ただ一つ咲いているのは、細やかな無数の「ジューンベル」だけだった。人目を忍ぶような、きれいな森林の花と、薄い色のスターフラワーは、去年の花の名残のようだった。くもの巣が木々の間に銀の糸のようにちらちら光っていた。そしてモミの枝や房が親しげに話し出しそうだった。

perpetual絶え間ない、永続する reignいきわたる、支配する spruceトウヒ myriad無数の gossamerくもの巣 glimmerちらちら光る  tassel飾り房 utter発する

All these raptured voyages of exploration were made in the odd half hours which she was allowed for play, and Anne talked Matthew and Marilla half-deaf over her discoveries. Not that Matthew complained, to be sure; he listened to it all with a wordless smile of enjoyment on his face; Marilla permitted the "chatter" until she found herself becoming too interested in it, whereupon she always promptly quenched Anne by a curt command to hold her tongue.

我を忘れるほどの冒険の航海は、すべてお遊びを許されたたった半時間の出来事だった。アンはマシューとマリラに話したが、マリラはアンの発見についてほとんど聞く耳をもたなかった。もちろん マシューは文句もいわずに、楽しそうな笑みを浮かべながら無言で話を聞いていた 。マリラはその話に興味がわくまではと思って「おしゃべり」を黙って聞いていた。 いつもなら、ぶっきらぼうに即座に口を慎むようにしかるのに。

rapture我を忘れる、有頂天になる odd妙な、風変わりな、はんぱな、奇数の quench抑制する、鎮める  curtぶっきらぼうな、そっけない、簡略な

Anne was out in the orchard when Mrs. Rachel came, wandering at her own sweet will through the lush, tremulous grasses splashed with ruddy evening sunshine; so that good lady had an excellent chance to talk her illness fully over, describing every ache and pulse beat with such evident enjoyment that Marilla thought even grippe must bring its compensations. When details were exhausted Mrs. Rachel introduced the real reason of her call.

レーチェル夫人がやってきたころ、アンは外の果樹園にいた。心地よい気分で、夕日に赤く染まる青々と揺れる草の中をぶらついていた。 無数の草が昼の光とともに輝いていた。 この素敵な婦人にとっては、病気について相談する絶好の機会だった。あらゆる痛みや脈拍について、本当にうれしそうに話すのだった。はアンの癖について十分に話し合う機会に恵 まれた。 マリラはインフルエンザですら、これほどつらいのかと思わずにいられなかった。胸のうちを明 かした。細かい 話を一通りしたところで、レーチェル夫人は来訪 の本当の目的を話し始めた。

lushみずみずしい、青々とした tremulous震える、揺れる ruddy赤い grippeインフルエンザ 24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

2013年11月13日水曜日

第八章 アンを育てるようになって(5)

"I think it's just as well there wasn't," said Marilla drily. "I don't approve of such goings-on. You seem to half believe your own imaginations. It will be well for you to have a real live friend to put such nonsense out of your head. But don't let Mrs. Barry hear you talking about your Katie Maurices and your Violettas or she'll think you tell stories."
 
「そんなものは、 ここにもないわ」。マリラの返事は冷淡だった。「 そんな振る舞いは認められないわ。おまえ は半分、空想の世界に生きているみたいだね。そんな絵空事は頭の中から追い出してしまって、生身 の友達ができたほうがずっといいわ。その ケーティー・ モーリスやバイオレッタのことは、バリーさんには聞かせないことよ。さもなければ、ほら吹きだと思われるよ 」
 
dryly無味乾燥に、冷淡に goings-on行為、振る舞い
 
"Oh, I won't. I couldn't talk of them to everybody—their memories are too sacred for that. But I thought I'd like to have you know about them. Oh, look, here's a big bee just tumbled out of an apple blossom. Just think what a lovely place to live—in an apple blossom! Fancy going to sleep in it when the wind was rocking it. If I wasn't a human girl I think I'd like to be a bee and live among the flowers."
 
「あら、そんなことしないわ。あの子たちのことは誰にもいわない。 この思い出はあまりに大切なんですもの。 でもあなたには教えたかったの。あら、見て。 リンゴの花からちょうど大きなミツバチが出てきたわ。 リンゴの花の中なんて、素敵なところに住めてうらやましいわね! 風に打たれても、花の中で眠れるなんて考えてごらんなさい。 もしわたしが人の子じゃなかったら、 ミツバチになって花の中で暮らしたいわ」
 
tumble out転がり出る fancy考えてもごらん
 
"Yesterday you wanted to be a sea gull," sniffed Marilla. "I think you are very fickle minded. I told you to learn that prayer and not talk. But it seems impossible for you to stop talking if you've got anybody that will listen to you. So go up to your room and learn it."
 
「昨日は貝にでもなりたいようだったけど」。マリラは鼻で笑った。「おまえ は本当に気まぐれだね。お祈りを覚えなさい、おしゃべりはやめなさい、っていったはずだよ。もし話しの聞き役ができてしまったら、もうおまえのおしゃべりを止めるのは無理だろうね。ほら、早く部屋へいって覚えるのよ」
 
sniff鼻であしらう fickle変わりやすい、気まぐれな、移り気な
 
"Oh, I know it pretty nearly all now—all but just the last line."
"Well, never mind, do as I tell you. Go to your room and finish learning it well, and stay there until I call you down to help me get tea."
 
「あら、もうかなり分かるようになったわ。最後の一行以外はね」
「もう、そんなことはいいわ。わたしがいったようにやるのよ。 さあ部屋にいって、覚え終わるのよ。 お茶の手伝いを頼むまで、じっとしてるんだよ」
 
"Can I take the apple blossoms with me for company?" pleaded Anne.
"No; you don't want your room cluttered up with flowers. You should have left them on the tree in the first place."
 
「慰めにリンゴの花を持っていってもいいかしら」。アンは頼み込んだ。
「だめよ。部屋を花で散らかすようなことをするんじゃないの。木からとらなければよかったのに」
 
for company寂しいときの相手に、お付き合いに clutter取り散らかす
 
"I did feel a little that way, too," said Anne. "I kind of felt I shouldn't shorten their lovely lives by picking them—I wouldn't want to be picked if I were an apple blossom. But the temptation was IRRESISTIBLE. What do you do when you meet with an irresistible temptation?"
 
「ちょっと、 そんなことも考えてみたのだけど」。アンは続けた。「 花をつんで、いとおしい命を奪うようなことをするんじゃなかったわね。もしわたし がリンゴの花だったら、つんでほしくなかったと思うわ。 でもどうしてもしたかったの。もしどうにも我慢できなくなったとき、あなたならどうする?」
 
irresistible我慢できない、抵抗できない
 
"Anne, did you hear me tell you to go to your room?"
Anne sighed, retreated to the east gable, and sat down in a chair by the window.
 
「部屋へ行けといったのが聞こえないのかい、アン」
アンはため息をついて、イーストゲーブルの部屋に戻った。それから窓際のいすに腰掛けた。
 
"There—I know this prayer. I learned that last sentence coming upstairs. Now I'm going to imagine things into this room so that they'll always stay imagined. The floor is covered with a white velvet carpet with pink roses all over it and there are pink silk curtains at the windows. The walls are hung with gold and silver brocade tapestry. The furniture is mahogany. I never saw any mahogany, but it does sound SO luxurious. This is a couch all heaped with gorgeous silken cushions, pink and blue and crimson and gold, and I am reclining gracefully on it. I can see my reflection in that splendid big mirror hanging on the wall. I am tall and regal, clad in a gown of trailing white lace, with a pearl cross on my breast and pearls in my hair. My hair is of midnight darkness and my skin is a clear ivory pallor. My name is the Lady Cordelia Fitzgerald. No, it isn't—I can't make THAT seem real."
 
「よし、お祈りはわかったわ。 二階へ上がる間に最後の言葉を覚えてしまったわ。さあ、この部屋で空想にふけるとしましょうか。すべてが空想の世界のままでいられるように。 床にはピンクのバラがちりばめられた白いビロードの絨毯。窓にはシルクのカーテンがか かっているわ。壁には金と銀の錦のタペストリーがかけられているの。 家具はマホガニーよ。マホガニーなんて見たことないけど、とっても 高級そうね。ピンクや青そして深紅、金色の 豪華なシルクのクッションが山積みになったソファもあるわ。そしてわたしは優雅にもたれるの。 壁にかけられたきれいで大きな鏡で、自分の姿を映すことだってできるわ。わたしは白いレースのガウンをまとって、背が高くて、堂々としているの。胸には パールの十字架、髪飾りもパールよ。 髪の毛は暗闇のように黒く、肌は輝くアイボリー。 私の名前はコーデリア・フィッツジェラルド婦人。いや違うわ。とても 現実になるなんて思えないもの」
 
brocade錦織の heap山盛りにする regal堂々とした clad着た、おおわれた
 
She danced up to the little looking-glass and peered into it. Her pointed freckled face and solemn gray eyes peered back at her.
 
アンは鏡の前で飛び上がって、自分の姿を映し出してみた。あごのとがった、そばかすのある顔と、まじめそうなグレーの瞳がそこにあった。
 
looking-glass鏡  peer into透かす pointedとがった solemnまじめくさった、もったいぶった
 
"You're only Anne of Green Gables," she said earnestly, "and I see you, just as you are looking now, whenever I try to imagine I'm the Lady Cordelia. But it's a million times nicer to be Anne of Green Gables than Anne of nowhere in particular, isn't it?"
 
「 あなたはただのグリーンゲーブルズのアンよ」。アンは包み隠さずいうのだった。「そしてわかっているの。あなたは、今ここに映し出されている人以外の何者でもないわ。いくら自分が コーデリアだって想像してみたところでね。でも どこにでもいるアンよりも、グリーンゲーブルズのアンのほうが百万倍 素敵じゃないの」
 
She bent forward, kissed her reflection affectionately, and betook herself to the open window.
"Dear Snow Queen, good afternoon. And good afternoon dear birches down in the hollow. And good afternoon, dear gray house up on the hill. I wonder if Diana is to be my bosom friend. I hope she will, and I shall love her very much. But I must never quite forget Katie Maurice and Violetta. They would feel so hurt if I did and I'd hate to hurt anybody's feelings, even a little bookcase girl's or a little echo girl's. I must be careful to remember them and send them a kiss every day."
 
アンは首をかがめると、鏡に映った自分の姿に優しく口づけをした。そして開いた窓へと歩み寄った。
「親愛なる 雪の女王さま、ごきげんよう。そしてくぼ地に垂れ下がっているカバノキよ、ごきげんよう。それから、丘の上のグレーのおうち、 ごきげんよう。ダイアナが親友になってくれたらどんなにかいいのに。ダイアナが仲良くしてくれたらいいな。そしたら、そのこのことをとっても好きになるわ。 でもケーティ・ モーリスとバイオレッタのことはけして忘れちゃいけないの。 そんなことしたらあの子たちはとても傷つくわ。二人がただの本棚の中の女の子で、小さなやまびこだとしても。二人のことを 忘れないようにしなきゃ。そして毎日キスを送るの」
 
betakeへ行く
 
Anne blew a couple of airy kisses from her fingertips past the cherry blossoms and then, with her chin in her hands, drifted luxuriously out on a sea of daydreams.
 
アンは桜の花に向かって、指先から何度もキスを投げた。手の上にあごを乗せたままで。すると、夢の世界の海へ華やかに散っていくのだった。
 
fingertips指先

第八章 アンを育るようになって(4)

Anne tipped the vase of apple blossoms near enough to bestow a soft kiss on a pink-cupped bud, and then studied diligently for some moments longer.
 
アンはピンクのつぼみに軽く口づけできるほど、リンゴの花の花瓶を傾けた。それからしばらくの間、懸命に覚えようとした。
 
tip傾ける、ひっくり返す bestow傾ける、ささげる cup手をカップのような形にする、おおう、支える diligently一生懸命に、精を出して
 
"Marilla," she demanded presently, "do you think that I shall ever have a bosom friend in Avonlea?"
"A—a what kind of friend?"
 
「 マリラ」。やがてアンは尋ねた。「アボンリーで親友ができるかしら」
「どんな友達だい?」
 
presentlyまもなく、やがて a bosom friend親友
 
"A bosom friend—an intimate friend, you know—a really kindred spirit to whom I can confide my inmost soul. I've dreamed of meeting her all my life. I never really supposed I would, but so many of my loveliest dreams have come true all at once that perhaps this one will, too. Do you think it's possible?"
 
「親友よ。心の友よ。わかるでしょう。心の底から打ち明け話ができる、本当に優しい気持ちを持っているような。られるような。生きているうちに そんな子に会えるのを夢見ているの。もちろん、そんな子に会えるか分からないけど。 でも私が願ってやまなかった夢が一度にたくさん現実になったのだから、今度もきっとかなうわ。そうなると 思わない?」
 
intimate親密な、心の奥底からの confide信用する、秘密を打ち明ける inmost心の奥の、深く秘めた
 
"Diana Barry lives over at Orchard Slope and she's about your age. She's a very nice little girl, and perhaps she will be a playmate for you when she comes home. She's visiting her aunt over at Carmody just now. You'll have to be careful how you behave yourself, though. Mrs. Barry is a very particular woman. She won't let Diana play with any little girl who isn't nice and good."
 
「果樹園の坂の上に、おまえと同じ年頃のダイアナ・バリーという女の子が住んでいるんだよ。本当にかわいらしい 女の子さ。ここにきてくれれば、 たぶんおまえの遊び相手になってくれるだろうね。 あの子はいま、カーモディのおばさんを訪ねていっているのさ。 でもお行儀には気をつけなきゃいけないよ。 バリーさんはちょっと変わった人だからね。きちんとした、 いい子でなければ、どんな女の子だってダイアナと遊ばせやしないんだよ」
 
Anne looked at Marilla through the apple blossoms, her eyes aglow with interest.
"What is Diana like? Her hair isn't red, is it? Oh, I hope not. It's bad enough to have red hair myself, but I positively couldn't endure it in a bosom friend."
 
アンはリンゴの花の間からマリラを見つめた。その 瞳は好奇心で輝いていた。
「ダイアナってどんな子なの。 髪の毛は赤くないわよね?そうじゃないといいわ。赤毛はわたしだけで十分よ。親友がそれではかわいそうだわ 」
 
"Diana is a very pretty little girl. She has black eyes and hair and rosy cheeks. And she is good and smart, which is better than being pretty."
 
「 ダイアナはとても可愛らしい子だよ。 瞳と髪はつやかかな黒、唇はバラのようさ。ただかわいらしいというよりは、それにいい子で頭もいいのさ 」
 
Marilla was as fond of morals as the Duchess in Wonderland, and was firmly convinced that one should be tacked on to every remark made to a child who was being brought up.
 
不思議の国のアリスのように、マリラは行儀を大切にしていた。そして子どもをどんなふうに 育てるか、ということに細心の注意を払うべきだと確信していた。
tack付加する、添える
 
But Anne waved the moral inconsequently aside and seized only on the delightful possibilities before it.
 
ところがアンは知らず知らずのうちに、行儀をどこかに置き忘れてきたようだった。そして 喜びを見つけることばかり考えていた。
 
wave aside脇にどかせる
 
"Oh, I'm so glad she's pretty. Next to being beautiful oneself—and that's impossible in my case—it would be best to have a beautiful bosom friend. When I lived with Mrs. Thomas she had a bookcase in her sitting room with glass doors. There weren't any books in it; Mrs. Thomas kept her best china and her preserves there—when she had any preserves to keep. One of the doors was broken. Mr. Thomas smashed it one night when he was slightly intoxicated. But the other was whole and I used to pretend that my reflection in it was another little girl who lived in it. I called her Katie Maurice, and we were very intimate. I used to talk to her by the hour, especially on Sunday, and tell her everything. Katie was the comfort and consolation of my life. We used to pretend that the bookcase was enchanted and that if I only knew the spell I could open the door and step right into the room where Katie Maurice lived, instead of into Mrs. Thomas' shelves of preserves and china. And then Katie Maurice would have taken me by the hand and led me out into a wonderful place, all flowers and sunshine and fairies, and we would have lived there happy for ever after. When I went to live with Mrs. Hammond it just broke my heart to leave Katie Maurice. She felt it dreadfully, too, I know she did, for she was crying when she kissed me good-bye through the bookcase door. There was no bookcase at Mrs. Hammond's. But just up the river a little way from the house there was a long green little valley, and the loveliest echo lived there. It echoed back every word you said, even if you didn't talk a bit loud. So I imagined that it was a little girl called Violetta and we were great friends and I loved her almost as well as I loved Katie Maurice—not quite, but almost, you know. The night before I went to the asylum I said good-bye to Violetta, and oh, her good-bye came back to me in such sad, sad tones. I had become so attached to her that I hadn't the heart to imagine a bosom friend at the asylum, even if there had been any scope for imagination there."
 
「可愛らしい子なのね。とってもうれしいわ。きっと美人になるでしょうね。私はなれないけど。きれいな親友なんて最高ね。トーマスさんと暮らしていたころのことだけど、居間にガラス扉のついた本棚が あったの。でも本はなかったわ。トーマスさんはお気に入りの陶器とジャムをしまっていたの。扉の一つは壊れていたわ。ある晩、トーマスの旦那さんがしたたかに酔って、割ってしまったの。でも片方はなんともなかったから、そこに映るのを、まったく別の少女が中に暮らしているように想像して楽しんでいたわ。わたしはその子をケーティー・モーリスと呼んでいたの。私たちはとても仲良しだった。時間を決めて話し合ったわ。とくに日曜日は。彼女は何でも話してくれた。ケーティーは温かくて、わたしの生活の慰めだったわ。わたしたちは本棚に魔法をかけたようにして遊んだの。トーマスさんが陶器とジャムを保管した棚ではなくて、ケーティー・モーリスのお部屋に入っていけるおまじないをわたしだけが知っていたの。するとケーティー・ モーリスがわたしの手をとって、素敵な場所に連れていってくれたの。花と太陽と妖精でいっぱいなの。それからずっとそこで幸せに暮らしたのよ。わたしがハモンドさんと暮らすことになって、ケーティー・モーリスを残していかなきゃいけなかったのは本当につらかった。あの子も悲しんでた。本棚のガラスごしに口づけして、さよならをいったとき、あの子は泣いていたから。ハモンドさんのところには本棚がなかった。でもその家から川をのぼっていくと、長くて緑に囲まれた小さな谷があったの。可愛らしいこだまが宿っているの。どんな言葉でもこだまになって響いてくるわ。聞こえないくらいの小声でもね。それでわたしは、そこにはバイオレッタという小さな女の子が住んでいるのだと思うようになったの。わたしたちは本当の友達になったわ。ケーティー・モーリスと同じくらいすきだった。でもそれ以上じゃなくて、ほとんど同じくらいによ。分かるでしょう。孤児院にいく前の晩、バイオレッタにさよならをいったわ。彼女のさよならは、とてもとても悲しい声でかえってきたの。彼女に首ったけだったから、孤児院では仲良しの友達のことなんて考えもしなかった。たとえ、空想の扉があったとしてもね」
 
preserves果物の砂糖漬け、ジャム intoxicated酔った by the hour時間決めで consolation慰め enchant魔法をかける、魅する ever afterその後ずっと

第八章 アンを育てるようになって(3)

Anne promptly departed for the sitting-room across the hall; she failed to return; after waiting ten minutes Marilla laid down her knitting and marched after her with a grim expression. She found Anne standing motionless before a picture hanging on the wall between the two windows, with her eyes astar with dreams. The white and green light strained through apple trees and clustering vines outside fell over the rapt little figure with a half-unearthly radiance.
 
アンは玄関を通り抜けて、急いで居間に向かった。だがアンは十分たっても戻ってこなかった。マリラは編み物をやめて、険しい表情で少女の後についていった。アンが夢見心地で二つの窓の間にかけられた絵の前でじっと立ち止まっているのが、マリラの目に入った。白と緑の光が外のリンゴの木やつるの房の間から差していた。この世のものと思えぬような、うっとりするような光だった。
 
clustering房 rapt心を奪われた、うっとりした radiance発光、輝き
 
"Anne, whatever are you thinking of?" demanded Marilla sharply.
Anne came back to earth with a start.
 
「アン、いったい何を考えているんだい?」。マリラは鋭く聞いた。
アンはびっくとしてわれに返った。
 
 with a startびくっとして
 
"That," she said, pointing to the picture—a rather vivid chromo entitled, "Christ Blessing Little Children"—"and I was just imagining I was one of them—that I was the little girl in the blue dress, standing off by herself in the corner as if she didn't belong to anybody, like me. She looks lonely and sad, don't you think? I guess she hadn't any father or mother of her own. But she wanted to be blessed, too, so she just crept shyly up on the outside of the crowd, hoping nobody would notice her—except Him. I'm sure I know just how she felt. Her heart must have beat and her hands must have got cold, like mine did when I asked you if I could stay. She was afraid He mightn't notice her. But it's likely He did, don't you think? I've been trying to imagine it all out—her edging a little nearer all the time until she was quite close to Him; and then He would look at her and put His hand on her hair and oh, such a thrill of joy as would run over her! But I wish the artist hadn't painted Him so sorrowful looking. All His pictures are like that, if you've noticed. But I don't believe He could really have looked so sad or the children would have been afraid of Him."
 
「あれよ」。アンは少し目立つ色彩のその絵を指差した。「 子供たちを祝福するキリスト」という絵だった。「わたしもあの 子たちの一人だったらな、と考えていたの。 あの青い服を着た小さな女の子。わたしのように身よりもなく、 隅っこに一人でぽつんとしているの。あの子は 淋しそうで悲しそうじゃない?あの子には お父さんもお母さんもいないんでしょうね。 でも祝福されたかったのね。それで輪 から離れて、恥ずかしそうにそっと近寄るだけなのね。 誰にも気づかれないようにと願いながら。主以外の人にはね。あ の子がどんな気持ちなのか手に取るように分かるの。 心臓はどきどきして手はどんどん冷たくなったに違いないわ。 ここにいられるか聞いたときの私のように。 あの子は主がお気づきにならないんじゃないかと心配なんだわ。でも主はお気づきになるわ。そう思うでしょう?わたしはずっとそんなことを考え続けていたの。主にもっと近づけるまで、その子はずっと半身でにじり寄っていったのだわ。そのとき主はその子をご覧になって、手を頭の上に乗せたの。ああ、そして、喜びに満ちたドキドキした気持ちが、その子の体を駆け抜けたのだわ!でも、絵描きさんには主をあんなに恐そうに描いてほしくなかったな。気づかないかもしれないけど、主の絵ってみんなあんなふうよ。でもわたしは主が本当に悲しげにみえるなんて、子どもたちから恐れられるなんて信じられないわ」
  
chromo色 creptこっそり近寄る all out全力で、すっかり edge斜めにじりじりと進む
 
"Anne," said Marilla, wondering why she had not broken into this speech long before, "you shouldn't talk that way. It's irreverent—positively irreverent."
Anne's eyes marveled.
 
「アン」。マリラはこの話をなぜもっと早くしまいにしなかったのかと後悔した。 「そんなふうにいうものじゃありません。神様を馬鹿にしてるわ。まったく馬鹿にしてる」
アンは目を丸くした。
 
irreverent不敬な、不遜な
 
"Why, I felt just as reverent as could be. I'm sure I didn't mean to be irreverent."
"Well I don't suppose you did—but it doesn't sound right to talk so familiarly about such things. And another thing, Anne, when I send you after something you're to bring it at once and not fall into mooning and imagining before pictures. Remember that. Take that card and come right to the kitchen. Now, sit down in the corner and learn that prayer off by heart."
 
「どうして。馬鹿になんてしていないと思ったのに。 もちろん馬鹿にするつもりなんてなかったわ」
「まあ、おまえがわざとそうしたとは思わないよ。 でも、そんなになれなれしい話はよくないわ。アン、それからほかにもいうことがあるわ。すぐに持ってきてといったのよ。絵の前でぼんやりしたり、考え事をしたりしちゃだめじゃないの。思い出しておくれ。そのカードを台所にすぐ持ってきてちょうだい。さあ、そこに 座って、お祈りをそらでいえるようにするんだよ」
 
reverent敬虔な、うやうやしい moonぼんやりする、夢中になって
 
Anne set the card up against the jugful of apple blossoms she had brought in to decorate the dinner-table—Marilla had eyed that decoration askance, but had said nothing—propped her chin on her hands, and fell to studying it intently for several silent minutes.
 
アンはリンゴの花をいけた花瓶にカードをたてた。それはアンが食卓を飾ろうと持ってきたものだった。 マリラはその飾りを横目で見たが、無言だった。 あごを両手に乗せて、数分間の沈黙のうちに熱心に覚えようとした。
 
jugful水差し askance斜めに、横目に prop支える、立てかける intently張り詰めた、しきりに、熱心に
 
"I like this," she announced at length. "It's beautiful. I've heard it before—I heard the superintendent of the asylum Sunday school say it over once. But I didn't like it then. He had such a cracked voice and he prayed it so mournfully. I really felt sure he thought praying was a disagreeable duty. This isn't poetry, but it makes me feel just the same way poetry does. 'Our Father who art in heaven hallowed be Thy name.' That is just like a line of music. Oh, I'm so glad you thought of making me learn this, Miss—Marilla."
 
「気に入ったわ」。アンはようやく口を開いた。「美しい言葉ね。これまでにも聞いたことがあるわ。 孤児院の日曜学校の校長先生がいっていたの。その頃は好きになれなかった。かすれた 声で、とても悲しげだったから。きっと、 お祈りをいやいやしているのだと本当に思ったの。 詩ではないけど、詩を読んでいるみたいだったわ。『 天にまします、聖なるわれらが父よ』。本当に曲の一節みたいね。ああ、 覚えさせてくれて本当にありがとう。ミスマリラ」
 
at lengthついに、ようやく、長々と  superintendent管理人、局長 crackedうわずった、かすれた mournfully悲しげに hallowed神聖な
 
"Well, learn it and hold your tongue," said Marilla shortly.
 
「まあ、早く覚えて、見なくてもいえるようにするんだね」。マリラがいったのはそれだけだった。

第八章 アンを育てるようになって(2)

"It sounds awfully disrespectful to just say Marilla," protested Anne.
"I guess there'll be nothing disrespectful in it if you're careful to speak respectfully. Everybody, young and old, in Avonlea calls me Marilla except the minister. He says Miss Cuthbert—when he thinks of it."
 
「ただマリラと呼ぶのは、あまりにも失礼な気がするわ」。アンは反論した。
「あなたが行儀正しく話しさえすれば、ちっとも失礼じゃ ないわ。 アボンリーでは若い人から老人までみんながマリラと 呼ぶわ。牧師さまをのぞいてね。牧師さまはちょっと考えて、ミスカスバートと呼ぶのよ」
 
disrespectful失礼な、無礼な respectfullyうやうやしく、丁重に
 
"I'd love to call you Aunt Marilla," said Anne wistfully. "I've never had an aunt or any relation at all—not even a grandmother. It would make me feel as if I really belonged to you. Can't I call you Aunt Marilla?"
 
「わたしもあなたのことをマリラと呼ぶようになるでしょうね」。アンは不満げにいった。「 わたしにはおばさんや親戚がいなかったから。 おばあさんでさえも。それでわたしはあなたの親族になったような気持ちなの。マリラおばさんって呼んではだめ?」
 
wistfully物足りなさそうに
 
"No. I'm not your aunt and I don't believe in calling people names that don't belong to them."
"But we could imagine you were my aunt."
"I couldn't," said Marilla grimly.
 
「だめよ。わたしはおまえのおばさんじゃないし、親族でもないのにそんなふうに呼ぶなんて考えられないね」
「でも、あなたがわたしのおばさんだって空想することはできるわ」
「いや、できやしないね」。マリラは険しい顔でいった。
 
grimly険しい顔で
 
"Do you never imagine things different from what they really are?" asked Anne wide-eyed.
"No."
"Oh!" Anne drew a long breath. "Oh, Miss—Marilla, how much you miss!"
 
「実際とは違うことを想像することはまったくないの?」。アンは目をみはって聞いた。
「ないね」
「あら」。アンは長いため息をついた。「あら、ミスカスバート。なんてわからず屋なの!」
 
"I don't believe in imagining things different from what they really are," retorted Marilla. "When the Lord puts us in certain circumstances He doesn't mean for us to imagine them away. And that reminds me. Go into the sitting room, Anne—be sure your feet are clean and don't let any flies in—and bring me out the illustrated card that's on the mantelpiece. The Lord's Prayer is on it and you'll devote your spare time this afternoon to learning it off by heart. There's to be no more of such praying as I heard last night."
 
「実際とはまったく違うことを思いつくなんて考えられないよ」。マリラは言い返した。「神はわたしたちをそれぞれの境遇に生まれ落とすのは、頭ではねのけるためではないわ。いつも思い出すの。アン、居間にいっておいで。足が汚れていないか確かめてから。飛び跳ねるんじゃないよ。それからマントルピースの上にある絵のついたカードをとってきておくれ。主の祈りが書いてあるからね。今日のお昼で、暗唱できるようにするんだよ」
 
retort言い返す the Lord神、キリスト sitting room居間 by heartそらで
 
"I suppose I was very awkward," said Anne apologetically, "but then, you see, I'd never had any practice. You couldn't really expect a person to pray very well the first time she tried, could you? I thought out a splendid prayer after I went to bed, just as I promised you I would. It was nearly as long as a minister's and so poetical. But would you believe it? I couldn't remember one word when I woke up this morning. And I'm afraid I'll never be able to think out another one as good. Somehow, things never are so good when they're thought out a second time. Have you ever noticed that?"
 
「ちっともうまくできないと思うわ」。アンは申し訳なさそうにいうのだった。「あなたもよくご存知のとおり、一度も練習したことがないんだもの。初めてなのにうまくできるなんて思えないでしょう?約束したとおり、ベッドに入ればすてきなお祈りを思いつくことができると思うの。牧師さまなみに、そして詩的に。でも信じられる?今朝起きたときは、一語も思い出すことができなかったのよ。ほかの言葉なんて思い出すことができないんじゃないかって不安なの。とにかく、もう一度思い返しているようでは、いいお祈りにならないわ。そう気づいていたかしら?」
 
awkward不器用な、下手な、ぶざまな、やっかいな
 
"Here is something for you to notice, Anne. When I tell you to do a thing I want you to obey me at once and not stand stock-still and discourse about it. Just you go and do as I bid you."
 
「アン、おまえのために気にとめておくことがあるよ。一度でもものをいいつけるときは、わたしのいうことを聞くの。それからじっと立っているんじゃないの。口答えしてもだめよ。わたしがいったとおりに行っておやりなさい」
 
stand stockじっと立っている  discourse話す  bid命じる

CHAPTER VIII. Anne's Bringing-up Is Begun(1)

For reasons best known to herself, Marilla did not tell Anne that she was to stay at Green Gables until the next afternoon. During the forenoon she kept the child busy with various tasks and watched over her with a keen eye while she did them. By noon she had concluded that Anne was smart and obedient, willing to work and quick to learn; her most serious shortcoming seemed to be a tendency to fall into daydreams in the middle of a task and forget all about it until such time as she was sharply recalled to earth by a reprimand or a catastrophe.
 
マリラは自分にいいきかせていたように、翌日の昼まで、アンがグリーンゲーブルズにいられることは知らせないでいた。を次の昼まで黙 っていた。午前中は、少女に忙しく用事をいいつけておいた。その間、鋭い視線で用事を済ますのを見守っていた 。 昼までには、アンが賢くて従順だという結論に達した。 すすんで働くし飲み込みも早い。 ただもっとも残念な欠点は、用事の合間に空想にふけりはじめることだった。マリラがしかったり、怒りを爆発させて、地の果てまで鋭く呼び覚ますまで、それらすべ てを忘れてしまうのだった。
 
well knownもっともよく知られた、周知の  forenoon午前、昼前 reprimand叱責 catastrophe大惨事、不幸、破滅
 
When Anne had finished washing the dinner dishes she suddenly confronted Marilla with the air and expression of one desperately determined to learn the worst. Her thin little body trembled from head to foot; her face flushed and her eyes dilated until they were almost black; she clasped her hands tightly and said in an imploring voice:
 
アンは夕食の食器を洗い終わると、突然、マリラと向かい合った。そしてどうしようもない最悪の事態を悟ったことを示すのだった。少女 のやせた小さな体は、頭からつま先までわなわなと震えた。 顔は紅潮し、ほとんど黒目になってしまうまで瞳孔が開いていた。涙でぬれて目は暗く曇っていた。 手をしっかり握り締めて、哀願するような声でいうのだった。
 
ion粒子 dilate広がる、ふくらむ imploring嘆願の、哀願するような
 
"Oh, please, Miss Cuthbert, won't you tell me if you are going to send me away or not? I've tried to be patient all the morning, but I really feel that I cannot bear not knowing any longer. It's a dreadful feeling. Please tell me."
 
「ああ、どうかカスバートさん。 私を送り返すかどうかなどといわないでね。 今朝はずっと気持ちを抑えようとしていたの。でも、これ以上のことを 何も知らされないのは本当に耐えられないわ。おろしい気持ちよ。どうか教えてください」
 
"You haven't scalded the dishcloth in clean hot water as I told you to do," said Marilla immovably. "Just go and do it before you ask any more questions, Anne."
 
「まだいいつけたように、ふきんをきれいなお湯ですすいでないわね」 。マリラは身動きもせずにいった。「アン、口答えする前に、いっておやりなさい」
 
scald湯ですすぐ、熱湯消毒する immovably動くことができない
 
Anne went and attended to the dishcloth. Then she returned to Marilla and fastened imploring eyes of the latter's face. "Well," said Marilla, unable to find any excuse for deferring her explanation longer, "I suppose I might as well tell you. Matthew and I have decided to keep you—that is, if you will try to be a good little girl and show yourself grateful. Why, child, whatever is the matter?"
 
アンは向こうにいって、ふきんのことに集中した。 それからマリラのところに戻ってくると、訴えるような瞳を閉じた。「そうね」。 とマリラはいった。これ以上、 説明をひきのばす言い訳は見つからなかった。「ついでだから教えてあげましょう。 マシューと私はおまえを引き取ることに決めたわ。そういうことよ。 もしいい子にして、ありがたく思ってくれるのならね。どう、おちびさん。どうかしたの?」
attend精を出す、専心する  defer延期する、延ばす might as wellついでだから
 
"I'm crying," said Anne in a tone of bewilderment. "I can't think why. I'm glad as glad can be. Oh, GLAD doesn't seem the right word at all. I was glad about the White Way and the cherry blossoms—but this! Oh, it's something more than glad. I'm so happy. I'll try to be so good. It will be uphill work, I expect, for Mrs. Thomas often told me I was desperately wicked. However, I'll do my very best. But can you tell me why I'm crying?"
 
「泣いているのよ」。アンはうろたえたようにいった。「どうしてだか分からないわ。これ以上ないほどうれしいのに。 ああ、うれしい、という言葉はちっともふさわしくないわ。白い道と桜の花のことがうれしかったのよ。でも、これよ! うれしい以上のなにかだわ。とっても幸せよ。本当にいい子にするわ。きっと困難な道だと思うわ。 トーマスさんはよく、わたしは本当に悪い子だっていったから。それでも、やるだけやってみる。でも どうしてわたしが泣いているかおわかりかしら?」
 
bewilderment当惑、うろたえ uphill骨の折れる、困難な
 
"I suppose it's because you're all excited and worked up," said Marilla disapprovingly. "Sit down on that chair and try to calm yourself. I'm afraid you both cry and laugh far too easily. Yes, you can stay here and we will try to do right by you. You must go to school; but it's only a fortnight till vacation so it isn't worth while for you to start before it opens again in September."
 
「おまえが興奮しすぎているのと、よく働いたからだろうね」。マリラはとがめるようにいった。「 いすにかけて、それから静かになさい。おまえ はすぐに泣いたり笑ったりするから心配だよ。そうよ。おまえを ここに置いてあげるよ。ちゃんとしてあげられるかどうかはおまえ次第だからね。おまえは 学校にいかなきゃいけないよ。 でも夏休みまでもう2週間しかないから、9月に学校が再開する前に通学を始めるのはよくないね」
 
disapprovingly非難して fortnight2週間
 
"What am I to call you?" asked Anne. "Shall I always say Miss Cuthbert? Can I call you Aunt Marilla?"
"No; you'll call me just plain Marilla. I'm not used to being called Miss Cuthbert and it would make me nervous."
 
「わたし、あなたのことをなんて呼べばいいかしら」。アンはそう尋ねた。「いつでもカスバートさんと呼べばいいかしら? マリラおばさんと呼んでもいいの?」
「だめよ。 ただマリラと呼べばいいわ。 カスバートさんと呼ばれてはむずかゆいし、いらいらするからね」

2013年11月7日木曜日

第七章 アンの祈りの言葉(3)

"Gracious heavenly Father, I thank Thee for the White
   Way of Delight and the Lake of Shining Waters and Bonny
   and the Snow Queen. I'm really extremely grateful for
   them. And that's all the blessings I can think of just
   now to thank Thee for. As for the things I want,
   they're so numerous that it would take a great deal of
   time to name them all so I will only mention the two
   most important. Please let me stay at Green Gables;
   and please let me be good-looking when I grow up.
   I remain,
                    "Yours respectfully,
                       Anne Shirley.
 
「慈しみ深き、天にましますわれらが父よ。 喜びの白い道や 輝く水の湖、そしてボニーとスノークイーンを与えてくださりありがとうございます。わたしは本当に、とっても感謝しています。以上が、たったいま考えつくことのできる、神様に感謝する祝福の言葉のすべてです。 わたしの願いに関しまして、全部をあげるととんでもない時間がかかってしまいます。ですから、一番大切な二つだけ述べることにいたします。どうかグリーンゲーブルズにいさせてください。そして大きくなったら美人になりますように
わたしは祈り続けます」
敬白
アン・シャーリー
 
Yours respectfully敬白
"There, did I do all right?" she asked eagerly, getting up. "I could have made it much more flowery if I'd had a little more time to think it over."
 
「どう、ちゃんとできたかしら?」。立ち上がると、少女は熱心にたずねた。「もう少し 考える時間があれば、もっと華やかにできるのだけど」
 
flowery華やかに
 
Poor Marilla was only preserved from complete collapse by remembering that it was not irreverence, but simply spiritual ignorance on the part of Anne that was responsible for this extraordinary petition. She tucked the child up in bed, mentally vowing that she should be taught a prayer the very next day, and was leaving the room with the light when Anne called her back.
 
マリラはあわれにも、倒れそうになるのをおしとどめるので精一杯だった。それは不遜な態度のためではなく、風変わりなお祈りをしたアンの心無さのせいだった。マリラはアンをベッドに押し込んだ。すぐ次の日には、この子にお祈りの仕方を教えなければと心のうちで誓った。アンに 呼びとめられたが、 ろうそくだけを置いて部屋を後にしようとした。
 
collapse倒れる、崩れる、虚脱する irreverence不敬、不遜 extraordinary異常な、風変わりな、とっぴな petition祈願 tuck押し込む vow誓う
 
"I've just thought of it now. I should have said, 'Amen' in place of 'yours respectfully,' shouldn't I?—the way the ministers do. I'd forgotten it, but I felt a prayer should be finished off in some way, so I put in the other. Do you suppose it will make any difference?"
 
「ちょうどそのことを考えていたところなの。『敬白』のかわりに『 アーメン』とするべきだったかしら?牧師さまがなさるように。忘れていたの。でも何とかしてお祈りをしめくくらなきゃと思ったの。それで、ほかの言葉にしたの 。そんなに変かしら?」
 
in some way何とかして、何らかの方法で
 
"I—I don't suppose it will," said Marilla. "Go to sleep now like a good child. Good night."
"I can only say good night tonight with a clear conscience," said Anne, cuddling luxuriously down among her pillows.
 
「そ、そんなに変じゃないわ」。マリラはそう答えた。「お利口さんになったみたいに寝るのよ。 おやすみ」
「目がさえて、今夜はグッドナイトとしかいえないわ」。ふくよかに枕に顔を挟まれて、 アンはいった。
 
cuddle抱きしめる
 
Marilla retreated to the kitchen, set the candle firmly on the table, and glared at Matthew.
 
マリラは台所に戻ると、ろうそくをテーブルにきつくすえつけた。そしてマシューをにらんだ 。
 
retreat後退する、戻る glareにらみつける
 
"Matthew Cuthbert, it's about time somebody adopted that child and taught her something. She's next door to a perfect heathen. Will you believe that she never said a prayer in her life till tonight? I'll send her to the manse tomorrow and borrow the Peep of the Day series, that's what I'll do. And she shall go to Sunday-school just as soon as I can get some suitable clothes made for her. I foresee that I shall have my hands full. Well, well, we can't get through this world without our share of trouble. I've had a pretty easy life of it so far, but my time has come at last and I suppose I'll just have to make the best of it."
 
「マシュー・カスバート、あの子を引き取ったのなら、いろいろと教える時がきたのよ。あの子は本当の無宗教者の一歩手前よ。 今晩までお祈りをしたことがなかったなんてあんた信じられる?明日はあの子を牧師館に連れて行くわ。明け方からね。それが今すべきことよ。それからあの子に ふさわしい服をこさえてやったら、すぐにでも日曜学校にやらなければ。たぶん、 それで手一杯になると思うわ。まあ、まあ、なんの困りごともなしに、この世のなかを渡っていくことはできないのだし。 これまでは本当に気楽な生活を送ってきたのだわ。でもわたしにもついに出番がやってきたのよ。そして、 力を尽くさないといけないのよ」
 
heathen不信心、異教徒 manse牧師館 peep of day朝ぼらけ

第七章 アンの祈りの言葉(2)

"You'd find it easier to be bad than good if you had red hair," said Anne reproachfully. "People who haven't red hair don't know what trouble is. Mrs. Thomas told me that God made my hair red ON PURPOSE, and I've never cared about Him since. And anyhow I'd always be too tired at night to bother saying prayers. People who have to look after twins can't be expected to say their prayers. Now, do you honestly think they can?"
Marilla decided that Anne's religious training must be begun at once. Plainly there was no time to be lost.
"You must say your prayers while you are under my roof, Anne."
 
「 もし赤い髪の毛だったら、悪い子だってすぐ分かるでしょう」。アンはとがめるようにいった。「紙の赤くない人は、何が困難かなんて知らないのよ。 トーマスさんは、神様はお考えがあって、お前の髪の毛を赤にしたんだっていったわ。 それから神様のことなんて気にもしなくなったわ。それで とにかく、夜にお祈りを捧げるのが嫌になったの。 双子の面倒を見なければいけないのに、お祈りなんて望むのはおかしいわ。 正直いって、そんなことできると思うの?」
マリラはアンに信仰を教えむのが、先決だと悟った。 無駄にする時間は、はっきりいってなかった。
「アン、こ の家の屋根の下にいる間はお祈りの言葉をいうのよ」
 
reproachfullyとがめるように
 
"Why, of course, if you want me to," assented Anne cheerfully. "I'd do anything to oblige you. But you'll have to tell me what to say for this once. After I get into bed I'll imagine out a real nice prayer to say always. I believe that it will be quite interesting, now that I come to think of it."
 
「どうして。あなたが望むなら当然のことよ」。アンは明るく肯いてみせた。「あなたのいうことなら何だって聞くわ。でも、なんていったらいいのか、もう一回教えてくれなきゃだめよ。ベッドに入った後で、いつも唱える本当に素敵なお祈りを考えてみるわ。そのほうが、本当に面白いと思うの。さあ、考えてみるわ」
 
assent同意する oblige聞き入れる
 
"You must kneel down," said Marilla in embarrassment.
Anne knelt at Marilla's knee and looked up gravely.
 
「ひざまづくんだよ」。マリラは困ったようにいった。
アンはマリラのひざの前にひざまづき、おごそかに見上げた。
 
kneelひざまずく gravely深刻で重大に
 
"Why must people kneel down to pray? If I really wanted to pray I'll tell you what I'd do. I'd go out into a great big field all alone or into the deep, deep, woods, and I'd look up into the sky—up—up—up—into that lovely blue sky that looks as if there was no end to its blueness. And then I'd just FEEL a prayer. Well, I'm ready. What am I to say?"
 
「 どうしてお祈りするときは膝まづかなきゃいけないの?わたしが本当にしたいお祈りが、どんなふうだか教えてあげる。 一人きりで広大な原っぱに出るか、深い深い森の中へいくわ。 そして素敵な青空のずっとずっとずっと上を見上げるの。まるで果てしないの ない青空を。それから心の中でお祈りをするの。これで準備完了。わたしは なんていうでしょう?」
 
Marilla felt more embarrassed than ever. She had intended to teach Anne the childish classic, "Now I lay me down to sleep." But she had, as I have told you, the glimmerings of a sense of humor—which is simply another name for a sense of fitness of things; and it suddenly occurred to her that that simple little prayer, sacred to white-robed childhood lisping at motherly knees, was entirely unsuited to this freckled witch of a girl who knew and cared nothing bout God's love, since she had never had it translated to her through the medium of human love.
 
マリラはさらに困り果ててしまった。 アンに子ども向けの基本から教えるつもりだったのだ。「さあ、もう寝させてよ」。読者の皆さんにお伝えしたとおり、この少女にはユーモアがかすかに現れていた。別の言葉で言い換えれば、ただ単純に適応力ともいう。そして突如、いつくしみ深い膝のもとに、白衣の子どもらしい発音の、簡単な小さなお祈りをしてみせたのだった。それは神の愛について知ることも、気にしたこともなかった、そばかすのある小さな魔女にはなんとも不似合いだった。それは神の愛を人の愛にまでかみくだいて考えたことがなかったからであった。
 
glimmeringかすかな光、かすかな現れ lisping幼児性発音 motherly慈しみ深い freckledそばかすのある witch魔法使い、魅力的な女性 medium手段、媒体
 
"You're old enough to pray for yourself, Anne," she said finally. "Just thank God for your blessings and ask Him humbly for the things you want."
 
「アン、あんたは 自分でお祈りできる年ごろよ」。マリラはついにいった。「 あなたの祝福のため神に感謝しなさい。そしてかしこき主におまえの望みを聞きなさい」
 
blessing祈り、祝福 humbly謙遜して、恐れ入って
 
"Well, I'll do my best," promised Anne, burying her face in Marilla's lap. "Gracious heavenly Father—that's the way the ministers say it in church, so I suppose it's all right in private prayer, isn't it?" she interjected, lifting her head for a moment.
 
「ええ、力を尽くしてやってみるわ」。 アンはマリラの頬に顔をよせて約束した。「 天にまします恵み深き父よ。 教会の牧師さまはこんなふうにおっしゃったの。だから、家で お祈りするときもこれでいいわよね?」。少女はしばらく顔を上げていたが、そう口をはさんだ。
 
minister牧師 interject言葉をさしはさむ

CHAPTER VII. Anne Says Her Prayers(1)

When Marilla took Anne up to bed that night she said stiffly:
"Now, Anne, I noticed last night that you threw your clothes all about the floor when you took them off. That is a very untidy habit, and I can't allow it at all. As soon as you take off any article of clothing fold it neatly and place it on the chair. I haven't any use at all for little girls who aren't neat."
 
マリラはその晩、アンをベッドに寝かせると、かしこまっていった。
「ねえ、 アン、ゆうべはあんたに 服を脱いだらすべて床に放り投げるって注意したね。 それはだらしのない習慣だよ。いけないことだよ。そんなの、まったくほうっておけないわ。 服を一着でも脱いだら、丁寧にたたむのよ。そしていすの上に置くの。 そんなだらしない女の子はいらないわ」
stiffly堅い様子で untidyだらしのない article一個、一品
 
"I was so harrowed up in my mind last night that I didn't think about my clothes at all," said Anne. "I'll fold them nicely tonight. They always made us do that at the asylum. Half the time, though, I'd forget, I'd be in such a hurry to get into bed nice and quiet and imagine things."
 
「ゆうべは服のことなんて考えられないほど、心がとっても苦しかったの」。アンはいった。「 今晩はちゃんとたたんでおくわ。孤児院ではいつも、ちゃんとさせられていたのに。でも、いつもほとんど、 忘れちゃうの。いい子に、静かにして、すぐに眠りにつくの。そして考え事をするの」
 
harrow精神的に苦しめる half the timeほとんどいつも
 
"You'll have to remember a little better if you stay here," admonished Marilla. "There, that looks something like. Say your prayers now and get into bed."
 
「ここで暮らすのなら、もう少し覚えておくれ」。マリラは注意した。「ほら、また忘れているみたいね。さあ、 お祈りの言葉をいって、それから眠るのよ」
 
admonish注意する、忠告する
 
"I never say any prayers," announced Anne.
Marilla looked horrified astonishment.
 
「お祈りの言葉なんていったことないわ」。アンは堂々といった。
マリラは恐れおののくように驚いた。
 
horrified恐怖に襲われる
 
"Why, Anne, what do you mean? Were you never taught to say your prayers? God always wants little girls to say their prayers. Don't you know who God is, Anne?"
 
「 どうしてなのアン、どういうことなの? お祈りの言葉を教わったことがないのかい? 神様はいつでも、小さな女の子のお祈りをお望みなんだよ。アン、 神様がどんなお方だか知っているね?」
 
"'God is a spirit, infinite, eternal and unchangeable, in His being, wisdom, power, holiness, justice, goodness, and truth,'" responded Anne promptly and glibly.
Marilla looked rather relieved.
 
「神様は気高く、無限、永遠、そして不変。神様の本質は知恵、力、神聖、正しさ、優しさ、真実」。アンはすばやく、もっともらしく答えてみせた。
マリラは少しほっとしたようだった。
 
being本質 glibly表面的なもっともらしさ
 
"So you do know something then, thank goodness! You're not quite a heathen. Where did you learn that?"
"Oh, at the asylum Sunday-school. They made us learn the whole catechism. I liked it pretty well. There's something splendid about some of the words. 'Infinite, eternal and unchangeable.' Isn't that grand? It has such a roll to it—just like a big organ playing. You couldn't quite call it poetry, I suppose, but it sounds a lot like it, doesn't it?"
 
「あんたも少しはわかるのね、 神様感謝いたします!まったく信心がないわけじゃないのね。いったいどこで習ったんだい?」
「ああ、 孤児院の日曜学校よ。そこではすべての問答を習わされるの。本当に好きだったの。美しい言葉もあるから。『無限、永遠そして不変』 。壮大な言葉ね。 大きなオルガンをひくのと同じくらい大切なことよ。あなただって詩のように読み上げることはできなかったでしょう。でも、そんなふうに聞こえない?」
 
heathen不信心の  catechism教理問答
 
"We're not talking about poetry, Anne—we are talking about saying your prayers. Don't you know it's a terrible wicked thing not to say your prayers every night? I'm afraid you are a very bad little girl."
 
「アン、 詩のことをいっているんじゃないのよ。お祈りのことをいっているの。 毎晩お祈りをいわないなんて、恐ろしくて、いけないことだって分からないのかい?とっても悪い女の子 にならないか心配だよ」

2013年11月4日月曜日

第六章 マリラの決心(4)

"I'll try to do and be anything you want me, if you'll only keep me," said Anne, returning meekly to her ottoman.
 
「もし引き取ってくださるなら、やってみるわ。そしてなんでもあなた望むとおりにするわ」。 アンはそういうと、おとなしく オットマンに戻っていった。
 
When they arrived back at Green Gables that evening Matthew met them in the lane. Marilla from afar had noted him prowling along it and guessed his motive. She was prepared for the relief she read in his face when he saw that she had at least brought back Anne back with her. But she said nothing, to him, relative to the affair, until they were both out in the yard behind the barn milking the cows. Then she briefly told him Anne's history and the result of the interview with Mrs. Spencer.
 
その晩、二人がグリーンゲーブルズに戻ってくると、マシューがあぜ道で出迎えた。 マリラは遠くから、彼がうろうろしているのに気づいていた。そして魂胆を考えてみた。彼女が アンを少なくとも連れ帰ったのを知ったときの彼の表情を見て、彼女も ほっとした。アンはマリラと戻ってきたのだ。 でも彼女は今回の問題について、彼には何もいわなかった。乳絞りをする納屋の裏の庭を後にするまでは。それから彼女はアンの半生と、 スペンサー夫人との話し合いの結果について手短に語った。
 
from afar遠くから prowlうろつく、ぶらぶらする
 
"I wouldn't give a dog I liked to that Blewett woman," said Matthew with unusual vim.
 
「誰がブレウェットのような女に渡したりするものですか」。いつもとは違う口調でマシューに訴えた。
 
vim力、気力、活気
 
"I don't fancy her style myself," admitted Marilla, "but it's that or keeping her ourselves, Matthew. And since you seem to want her, I suppose I'm willing—or have to be. I've been thinking over the idea until I've got kind of used to it. It seems a sort of duty. I've never brought up a child, especially a girl, and I dare say I'll make a terrible mess of it. But I'll do my best. So far as I'm concerned, Matthew, she may stay."
Matthew's shy face was a glow of delight.
 
「あんな子の話しぶりは好きになれないわ」。マリラは認めた。「でもマシュー、あの子を引き取ることにしたのさ。 あなたもあの子を望んでみるみたいだからね。それで、 わたしもその気になった。いや、そうせざるを得なくなったのさ。そんな気持ちになるまで、 ずっと考え続けたのよ。これはある種の義務みたいなものさ。子どもを育てたことはないけどね。 とくに女の子だからね。おそろしいくらいに面倒だろうね。でもできるだけやってみるさ。マシュー、ずっと考えてきたけど、 あの子をここで育てようじゃないか」
マシューの内気な顔に喜びの光がさした。
 
 mess面倒、困惑
 
"Well now, I reckoned you'd come to see it in that light, Marilla," he said. "She's such an interesting little thing."
 
「いやなに。マリラ、おまえはそう思うと思っていたよ」。マシューはいった。「あの子 はとっても愉快でちっちゃな女の子さ」
 
"It'd be more to the point if you could say she was a useful little thing," retorted Marilla, "but I'll make it my business to see she's trained to be that. And mind, Matthew, you're not to go interfering with my methods. Perhaps an old maid doesn't know much about bringing up a child, but I guess she knows more than an old bachelor. So you just leave me to manage her. When I fail it'll be time enough to put your oar in."
 
「あんたがそういうなら、あの子は役に立つちっちゃな女の子でもあるわ」。マリラはそう言い返した。「 でもあの子のしつけは、わたしの役目よ。それからマシュー、 あんたはわたしのやり方に口出ししないで。たぶん、オールド メードには子育ては分からないかもしれない。 でも年老いた独身男よりは分かっているつもりよ。 だからあの子のしつけ方は、わたしにまかせておいて。わたしにできなければ、あんたが世話を焼く番よ 」
 
 retort言い返す old maidオールドミス bachelor未婚男性、独身男性 put one's oar in干渉する、世話を焼く
 
"There, there, Marilla, you can have your own way," said Matthew reassuringly. "Only be as good and kind to her as you can without spoiling her. I kind of think she's one of the sort you can do anything with if you only get her to love you."
 
「それはそれは、マリラ、おまえのやり方でやるがいいさ」。 マシューは元気付けるようにいった。「 甘やかすことなく、できるだけよく、親切にしてやっておくれ。 あの子がおまえを好くようになれば、あの子のためになんでもできるようになるさ」
 
reassuringly安心させるように、元気付けるように
 
Marilla sniffed, to express her contempt for Matthew's opinions concerning anything feminine, and walked off to the dairy with the pails.
 
婦人にたいするマシューの意見に反対するように、マリラは鼻であしらった。そして桶を持って搾乳場へと歩いていった。
 
sniff鼻であしらう dairy搾乳場 pail手おけ、バケツ
 
"I won't tell her tonight that she can stay," she reflected, as she strained the milk into the creamers. "She'd be so excited that she wouldn't sleep a wink. Marilla Cuthbert, you're fairly in for it. Did you ever suppose you'd see the day when you'd be adopting an orphan girl? It's surprising enough; but not so surprising as that Matthew should be at the bottom of it, him that always seemed to have such a mortal dread of little girls. Anyhow, we've decided on the experiment and goodness only knows what will come of it."
 
「今夜は、あの子がここにいられるとはいわないつもりさ」。 彼女はクリーマーに牛乳を搾りいれながら思った。「 あの子は瞬きもせず眠れないほど興奮するだろうから。マリラ・ カスバート、まんまとその気になったようだね。孤児の 女の子を引き取る日が来るなんて考えたことがあったかい?本当に 驚くことだよ。でもマシューがその原因になったというのに比べれば、それほど驚くことじゃない。マシューはいつも小さな女の子を心底怖がっていたんだから。とにかくわたしたちはこの実験をやろうと決めたんだ。その命運は神ののみぞ知るだよ」
 
 reflectあらわす、示す creamerクリーマー fairlyまんまと at the bottom of原因で、黒幕で
美容成分65%のクリームと浸透6倍のブースターローション【500円】

第六章 マリラの決心(3)

Marilla looked at Anne and softened at sight of the child's pale face with its look of mute misery—the misery of a helpless little creature who finds itself once more caught in the trap from which it had escaped. Marilla felt an uncomfortable conviction that, if she denied the appeal of that look, it would haunt her to her dying day. More-over, she did not fancy Mrs. Blewett. To hand a sensitive, "highstrung" child over to such a woman! No, she could not take the responsibility of doing that!
 
マリラはアンのほうを見た。この小さな女の子は、みじめにも一度逃れたわなに再びつかまってしまった。押し黙って、みじめな少女の青白い表情に気持ちがほぐれた。 マリラは居心地の悪い確信を覚えた。少女の示す表情を無視してしまえば、この少女の死んだ日として脳裏を離れなくなるだろう。 さらにブレウェット夫人を好きにはなれなかったのだ。さんにいい印象を持っていない。傷つきやすく、「神経質な」少女を、 あんな女に渡すなんて!。いや、この 女にそんな資格などないのだ!
 
softenほぐれる、やわらぐ mute無言の miseryみじめさ conviction確信、信念 haunt絶えずつきまとう、脳裏を離れない fancy好む、愛する highstrung緊張している、鋭敏な、神経質な
 
"Well, I don't know," she said slowly. "I didn't say that Matthew and I had absolutely decided that we wouldn't keep her. In fact I may say that Matthew is disposed to keep her. I just came over to find out how the mistake had occurred. I think I'd better take her home again and talk it over with Matthew. I feel that I oughtn't to decide on anything without consulting him. If we make up our mind not to keep her we'll bring or send her over to you tomorrow night. If we don't you may know that she is going to stay with us. Will that suit you, Mrs. Blewett?"
 
「ああ、分からないわ」。マリラ はゆっくりといった。「 マシューとわたしが、何があってもこの子を引き取らないなんていってませんわ。 事実、マシューはこの子を引き取りたがっているの。 間違いがなぜ起きたのか確かめるためにきただけですわ。 この子をもう一度連れて帰って、マシューと話し合うのがよろしいんじゃないかしら。マシューと 話し合わずに決めるのはよくないから。 もし引き取らないと決まったら、 明日の夜にでもあなたのもとに連れて行くか、送り届けましょう。この子はわたしたちと暮らすことになるということがお分かりかしら。 ブレウェットさん、それでよろしいですか?」
 
disposeしたい気にさせる
 
"I suppose it'll have to," said Mrs. Blewett ungraciously.
 
「そうせざるをえないわね」。ブレウェット夫人は感謝もせずいった。
 
During Marilla's speech a sunrise had been dawning on Anne's face. First the look of despair faded out; then came a faint flush of hope; her eyes grew deep and bright as morning stars. The child was quite transfigured; and, a moment later, when Mrs. Spencer and Mrs. Blewett went out in quest of a recipe the latter had come to borrow she sprang up and flew across the room to Marilla.
 
マリラが話す間、 アンの顔に日がさした。まず、失望した様子が消え去った。 それからほのかな希望の色がさした。ようだった。少女 の瞳は明け方の星のように深く輝いていた。この 少女はすっかり見違えた。そのすぐ後に、 スペンサー夫人とブレウェット夫人が、ブレウェット夫人が借りにきたレシピを探して出ていくと、少女はマリラのほうに飛び跳ねながら、部屋を横切っていった。
 
faintほのかな transfigured姿を変える in quest of求めて
 
"Oh, Miss Cuthbert, did you really say that perhaps you would let me stay at Green Gables?" she said, in a breathless whisper, as if speaking aloud might shatter the glorious possibility. "Did you really say it? Or did I only imagine that you did?"
 
「ああ、カスバートさん、もしかしたら わたしをグリーンゲーブルズにいさせてくれるとおっしゃたの?」。少女はいった。 息もつけないほどのささやき声で。まるで大声で話すと、 輝かしい未来が閉ざされるとでもいわんばかりに。「本当におっしゃったの?そう考えていいのかしら 」
 
"I think you'd better learn to control that imagination of yours, Anne, if you can't distinguish between what is real and what isn't," said Marilla crossly. "Yes, you did hear me say just that and no more. It isn't decided yet and perhaps we will conclude to let Mrs. Blewett take you after all. She certainly needs you much more than I do."
 
「空想は慎んだほうがいいわ、アン。もし、 現実とそうじゃないことの区別がつかないのならね」。マリラは意地悪くいった。 「そう、おまえが聞いたとおりよ。それ以上のことはないわ。まだ決まったわけじゃないけど、結局のところ、 ブレウェットさんからあなたを引き取るということになりそうだわ。 あの人にとっては、あなたのことがわたしよりかは必要だろうからね」
 
crossly不機嫌に、意地悪く
 
"I'd rather go back to the asylum than go to live with her," said Anne passionately. "She looks exactly like a—like a gimlet."
 
「あの人と一緒に暮らすくらいなら孤児院に戻ったほうがましよ」。 アンは必死に訴えた。「あの人はきりみたいに見えるんだもの」
 
gimletきり
 
Marilla smothered a smile under the conviction that Anne must be reproved for such a speech.
"A little girl like you should be ashamed of talking so about a lady and a stranger," she said severely. "Go back and sit down quietly and hold your tongue and behave as a good girl should."
 
アンのそんな口のきき方はしからなければいけない。マリラの顔から笑みが消えた。
「婦人と、初めてあった人に対して、あんたみたいな小さな子はそんなことをいうものじゃないわ」。マリラ は厳しくいった。「戻って静かに座ってなさい。それから口を慎んで、 いい子になさい」
 
smother抑える、かみ殺す reprove叱責する、とがめる

第六章 マリラの決心(2)

"And if there isn't Mrs. Peter coming up the lane this blessed minute!" exclaimed Mrs. Spencer, bustling her guests through the hall into the parlor, where a deadly chill struck on them as if the air had been strained so long through dark green, closely drawn blinds that it had lost every particle of warmth it had ever possessed. "That is real lucky, for we can settle the matter right away. Take the armchair, Miss Cuthbert. Anne, you sit here on the ottoman and don't wiggle. Let me take your hats. Flora Jane, go out and put the kettle on. Good afternoon, Mrs. Blewett. We were just saying how fortunate it was you happened along. Let me introduce you two ladies. Mrs. Blewett, Miss Cuthbert. Please excuse me for just a moment. I forgot to tell Flora Jane to take the buns out of the oven."
 
「それからピーターさんがいらっしゃらないなら、ちょっと行ってきますわ。この喜ばしいときに!」。スペンサー夫人は語気を強めて、来客を玄関から客間へとせきたてた。二人は命も縮むほどの寒気に襲われた。空気は深緑色に張り詰めているようで、それまであたりを覆っていた温かいすべての粒子をさえぎるかのように、ほとんどブラインドがひかれていた。「問題が すぐに片付きそうで、本当に幸運でしたわ。ひじかけいすにおかけになって、カスバートさん。アン、あなたはここのオットマンよ。それから体をくねくねしないで。 帽子を貸しなさい。フローラ・ジェーン、ちょっといってやかん を火にかけてちょうだい。ごきげんよう、ブレウェットさん。幸運に出くわしたことをちょうどお知らせしようと思っていましたの。ご婦人方、紹介させてくださいね。 ブレウェットさん、カスバートさんよ。 ちょっと失礼しますわね。 フローラ・ジェーンにバンズをオーブンから出すようにいうのを忘れてましたわ」
 
blessed神聖な、神の祝福を受けた、いまいましい bustle忙しそうに働く、せきたてる particle分子、粒子、みじん wiggleびくびくする、くねくね動く happen along通りがかる、通りあわす
 
Mrs. Spencer whisked away, after pulling up the blinds. Anne sitting mutely on the ottoman, with her hands clasped tightly in her lap, stared at Mrs Blewett as one fascinated. Was she to be given into the keeping of this sharp-faced, sharp-eyed woman? She felt a lump coming up in her throat and her eyes smarted painfully. She was beginning to be afraid she couldn't keep the tears back when Mrs. Spencer returned, flushed and beaming, quite capable of taking any and every difficulty, physical, mental or spiritual, into consideration and settling it out of hand.
 
スペンサーさんはブラインドを上げると、しっしとはらいのけた。 アンは手を握り締めて、無言でオットマンに腰かけて、食い入るようにブレウェット夫人を見つめた。この鋭い顔と目の 婦人に預けられることになるのだろうか。貰われることになるのか。アンは胸が詰まりそうで、瞳はひりひりと痛んだ。肉体的、精神的なあらゆる困難を考慮に入れることができたとしても、スペンサー夫人が戻ってきて、顔を紅潮させ、微笑むようなときには、涙を抑えることができない。そして手に負えなくなるだろうという不安が募り始めていた。
 
whisk払う、払いのける、はたく mutely無言で give into見晴らす、通じる、任せる lump in one's throatのどが詰まる、胸が詰まる smartずきずき痛む flush赤らむ、紅潮させる、ほてる beamほほ笑む take into consideration考慮に入れる out of hand手に負えない、収集がつかない
 
"It seems there's been a mistake about this little girl, Mrs. Blewett," she said. "I was under the impression that Mr. and Miss Cuthbert wanted a little girl to adopt. I was certainly told so. But it seems it was a boy they wanted. So if you're still of the same mind you were yesterday, I think she'll be just the thing for you."
Mrs. Blewett darted her eyes over Anne from head to foot.
 
「ブレウェットさん、この小さな女の子のことで、なにか間違いが起きてしまったようですわね」。彼女はいった。「わたしはカスバートさんたちが、小さな女の子を引き取るつもりだと思っていましたの。たしかにそう聞きましたから。でも二人のお望みは男の子だったようですわね。それで、もしまだ昨日と同じお考えなら、この子なんてぴったりだと思いますの」。ブレウェットさんはアンのつま先から頭まで、視線を投げかけた。
 
dart投げかける
 
"How old are you and what's your name?" she demanded.
"Anne Shirley," faltered the shrinking child, not daring to make any stipulations regarding the spelling thereof, "and I'm eleven years old."
 
「あんたいくつ、なんて名前なの」。彼女は聞いた。
「アン・シャーリー」。縮こまった少女は口ごもった。それから、スペルについてはなんのこだわりも口にしようとしなかった。「それから十一歳よ」
 
falterどもる、口ごもる shrinking萎縮 stipulation規定化、条件 thereofそれの、それについて、それから
 
"Humph! You don't look as if there was much to you. But you're wiry. I don't know but the wiry ones are the best after all. Well, if I take you you'll have to be a good girl, you know—good and smart and respectful. I'll expect you to earn your keep, and no mistake about that. Yes, I suppose I might as well take her off your hands, Miss Cuthbert. The baby's awful fractious, and I'm clean worn out attending to him. If you like I can take her right home now."
 
「ふん!そうは見えないわ。それにしても、あんた細いわね。やっぱりやせっぽちが一番なんて、聞いたことがないわ。もしあんたを引き取ることになれば、いい子にしなきゃいけないよ。わかってるわね。いい子で賢くて、お行儀よくね。尊敬される。自分のことは自分でやってね。そこを間違わないで。ええ、わたしなら、この子のことであなたさまをわずらわせなくてすみそうだわ、カスバートさん。赤ん坊はおそろしく気難しいわ。そばにいるのに、すっかりくたびれたの。もしよければ、今にでも連れて帰るわ」
 
Humphふん wiry細い respectful丁寧な  earn one's keep食い扶持を稼ぐ fractious気難しい、すねた