2013年12月13日金曜日

第十一章 アンの日曜学校の印象(3)

"They might have been lonesome while I was away," she explained. "And now about the Sunday school. I behaved well, just as you told me. Mrs. Lynde was gone, but I went right on myself. I went into the church, with a lot of other little girls, and I sat in the corner of a pew by the window while the opening exercises went on. Mr. Bell made an awfully long prayer. I would have been dreadfully tired before he got through if I hadn't been sitting by that window. But it looked right out on the Lake of Shining Waters, so I just gazed at that and imagined all sorts of splendid things."

「わたしが家を出ている間、この子たちもさびしかったでしょうね」。アンはそういうのだった。「それで日曜学校はどうたったかって?わたしはきちんとしていたわよ。リンドさんは出かけた後だったけど、わたしはひとりでちゃんと学校にいけたわ。たくさんの女の子たちと教会に入ったわ。始業式の間、窓際の信者席のすみっこに座っていたの。ベル先生って、おそろしいくらいに長いお祈りをするのよ。もし窓際に座っていなかったら、本当にうんざりしたと思うわ。でも輝く水の湖が見えたから、そっちのほうを見つめて、すばらしい空想の世界に入り込んでいたの」
"You shouldn't have done anything of the sort. You should have listened to Mr. Bell."
「そんなことをするもんじゃいなよ。ベル先生の話を聞かないとだめじゃないか」
"But he wasn't talking to me," protested Anne. "He was talking to God and he didn't seem to be very much inter-ested in it, either. I think he thought God was too far off though. There was a long row of white birches hanging over the lake and the sunshine fell down through them, 'way, 'way down, deep into the water. Oh, Marilla, it was like a beautiful dream! It gave me a thrill and I just said, 'Thank you for it, God,' two or three times."
「でも、先生はわたしに話していたんじゃないわ」。アンは口答えした。「先生は神様にむかって話したのよ。とにかく、あんまり楽しそうじゃなかったわ。先生は神様がとんでもなく遠くにいると思っているのね。窓の外には湖へ続く白木の通りが見えて、大洋が降り注いでいたわ。本当に、本当に遠くまで。湖の底までね。ああマリラ、美しい夢のようね!どきどきして、「神様ありがとう」って二回でも三回でもいいたくなるの」
Row席列、並木、通り
"Not out loud, I hope," said Marilla anxiously.
「頼むから、大きな声を出さないで」。マリラは困ったようにいうのだった。
"Oh, no, just under my breath. Well, Mr. Bell did get through at last and they told me to go into the classroom with Miss Rogerson's class. There were nine other girls in it. They all had puffed sleeves. I tried to imagine mine were puffed, too, but I couldn't. Why couldn't I? It was as easy as could be to imagine they were puffed when I was alone in the east gable, but it was awfully hard there among the others who had really truly puffs."
「あら、違うの。ちょっと大きな声を出しただけよ。それでね、ベル先生はお祈りを最後までしてしまって、わたしにロジャーソン先生の教室にいけっていうの。教室には九人の女の子がいたわ。それでみんな袖の膨らんだ服を着ているの。わたしも自分が袖の膨らんだ服を着ているって想像しようとしたわ。でも無理だった。どうしてかって?イーストゲーブルで一人でいるときは、いとも簡単に想像できるのよ。でも本当に袖の膨らんだ服を着ている子たちのなかにいると、とてもできやしないわ」
"You shouldn't have been thinking about your sleeves in Sunday school. You should have been attending to the lesson. I hope you knew it."
「日曜学校で袖のことなんてかんがえなくてもいいの。授業をうけるためにいっているんだから。わかってちょうだい」
"Oh, yes; and I answered a lot of questions. Miss Rogerson asked ever so many. I don't think it was fair for her to do all the asking. There were lots I wanted to ask her, but I didn't like to because I didn't think she was a kindred spirit. Then all the other little girls recited a paraphrase. She asked me if I knew any. I told her I didn't, but I could recite, 'The Dog at His Master's Grave' if she liked. That's in the Third Royal Reader. It isn't a really truly religious piece of poetry, but it's so sad and melancholy that it might as well be. She said it wouldn't do and she told me to learn the nineteenth paraphrase for next Sunday. I read it over in church afterwards and it's splendid. There are two lines in particular that just thrill me.
「あら、分かっているわ。それから、わたしたくさん質問に答えたの。ロジャーソン先生って、たくさんのことを聞くんだから。先生ばかり質問するのってずるいわ。わたしも聞きたいことがたくさんあったのに。でもそうしなかったのは、やさしい先生じゃないって思ったからよ。ほかの女の子たちは、意訳した文章を朗読していたわ。先生はわたしがわかっているかどうか聞くの。わからないっていったわ。でも読むことはできたの。「主人の墓で待つ犬」よ。先生は気に入ったかしら。ロイヤル・リーダーの第三版よ。根っから宗教的な色彩の詩というわけじゃないけど、とても悲しくて暗いといってもいいわ。先生は次の日曜学校まで19の段落を覚えてくるようにといったの。その後、教会で読んだの。すばらしい詩だったわ。とくにこの二行よ。本当にどきどきしたわ。
recite朗読する paraphrase意訳、言い換え
   "'Quick as the slaughtered squadrons fell
   In Midian's evil day.'
  『きそって死にゆく戦士たちのごとく
  ミディアンの魔の日に』
squadron戦隊、艦隊、騎兵大隊 Midianミディアン
"I don't know what 'squadrons' means nor 'Midian,' either, but it sounds SO tragical. I can hardly wait until next Sunday to recite it. I'll practice it all the week. After Sunday school I asked Miss Rogersonbecause Mrs. Lynde was too far awayto show me your pew. I sat just as still as I could and the text was Revelations, third chapter, second and third verses. It was a very long text. If I was a minister I'd pick the short, snappy ones. The sermon was awfully long, too. I suppose the minister had to match it to the text. I didn't think he was a bit interesting. The trouble with him seems to be that he hasn't enough imagination. I didn't listen to him very much. I just let my thoughts run and I thought of the most surprising things."
 
「『スクアドロン』も『ミディアン』も、両方とも意味が分からなかったわ。でも悲劇的な感じはしたの。次の日曜学校で朗読する日が待ちきれないわ。今週は毎日でも練習するの。日曜学校の後、ロジャーソン先生に質問したわ。だってリンドさんはあなたの信者席を教えることができないほど、遠くどこかにいってしまったんだもの。わたしはできるだけ静かにして座ったわ。それから本はヨハネの黙示録の第三章、第二節、第三節だったわ。とても長い文章だったの。もしわたしが司祭様だったら、もっと短くて早く読めるところにするのに。説教もおそろしく長かったわ。司祭様は本に書いてあるとおりに読むべきだわ。ちっとも面白いと思わなかった。困ったことに、司祭様ったら想像力が全然ないのよ。わたしはちっとも話を聞いていなかったわ。わたしは想像を膨らませて、もっとびっくりするようなことを考えていたわ」
still静かな、しんとした、音のない Revelationsヨハネの黙示録 snappyすばやい sermon説教
Marilla felt helplessly that all this should be sternly reproved, but she was hampered by the undeniable fact that some of the things Anne had said, especially about the minister's sermons and Mr. Bell's prayers, were what she herself had really thought deep down in her heart for years, but had never given expression to. It almost seemed to her that those secret, unuttered, critical thoughts had suddenly taken visible and accusing shape and form in the person of this outspoken morsel of neglected humanity.
マリラは本当にどうしようもない気持ちになった。これは厳しくしからなければいけない。でもアンがいったことにも動かしがたい事実が含まれていた。とくに司祭の説教とベル先生のお祈りについてだ。この数年、彼女が深く気にとめていたことだったのだ。でも、そんなことをいうわけにはいかなかった。胸のうちに、はっきりと秘められた、危なっかしいこのような気持ちはいつか目に見えて、反抗的な姿形をとるようになるのではないか。人を人と思わぬような、遠慮のない言葉の端々に。
reprove叱責する、しかる hamper動きを妨げる、邪魔する unuttered明白でない outspoken率直な、無遠慮な morsel一口、一片、少量  accusing非難する、責める



『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

第十一章 アンの日曜学校の印象(2)

The next morning warnings of a sick headache prevented Marilla from going to Sunday-school with Anne.
 
翌月曜日、マリラはひどい頭痛におそわれそうな予感がして、アンと日曜学校へいくのを取りやめたのだった。
 
"You'll have to go down and call for Mrs. Lynde, Anne," she said. "She'll see that you get into the right class. Now, mind you behave yourself properly. Stay to preaching afterwards and ask Mrs. Lynde to show you our pew. Here's a cent for collection. Don't stare at people and don't fidget. I shall expect you to tell me the text when you come home."
 
「おまえはリンドさんのところへいって、あの人を呼んできておくれ」。マリラはそういうのだ。「おまえがどのクラスに入ればいいか、あの人ならわかるはずさ。いいかい、きちんとするんだよ。説法の後まで待ってから、リンドさんに席を尋ねるんだよ。献金でわたす小銭を用意しておいたからね。誰かをじっとみたり、もぞもぞしちゃだめよ。家に帰ってきたら、聖書の一節を読んでもらうからね」
 
preaching伝道、説法 pew信途席 fidgetせかせかする、いじくりまわす
 
Anne started off irreproachable, arrayed in the stiff black-and-white sateen, which, while decent as regards length and certainly not open to the charge of skimpiness, contrived to emphasize every corner and angle of her thin figure. Her hat was a little, flat, glossy, new sailor, the extreme plainness of which had likewise much disappointed Anne, who had permitted herself secret visions of ribbon and flowers. The latter, however, were supplied before Anne reached the main road, for being confronted halfway down the lane with a golden frenzy of wind-stirred buttercups and a glory of wild roses, Anne promptly and liberally garlanded her hat with a heavy wreath of them. Whatever other people might have thought of the result it satisfied Anne, and she tripped gaily down the road, holding her ruddy head with its decoration of pink and yellow very proudly.
When she had reached Mrs. Lynde's house she found that lady gone. Nothing daunted, Anne proceeded onward to the church alone. In the porch she found a crowd of little girls, all more or less gaily attired in whites and blues and pinks, and all staring with curious eyes at this stranger in their midst, with her extraordinary head adornment. Avonlea little girls had already heard queer stories about Anne. Mrs. Lynde said she had an awful temper; Jerry Buote, the hired boy at Green Gables, said she talked all the time to herself or to the trees and flowers like a crazy girl. They looked at her and whispered to each other behind their quarterlies. Nobody made any friendly advances, then or later on when the opening exercises were over and Anne found herself in Miss Rogerson's class.
 
アンは、ごわごわした生地の黒と白のサテンの服という、申し分のないいでたちで出かけた。物足りないのは丈の長さだったが、それは服が小さいせいではなかった。アンの痩せた体型にあわせて、線がはっきりするように工夫されていた。アンの帽子は小さめで、平べったく、つやつやした、新しいセーラー帽だった。あまりにも平べったいのが、アンをまたがっかりさせた。リボンと花の飾りがついているのをひそかに期待していたからだ。でも花は、アンが大通りに出るまでにつむことができた。大通りは、あぜ道を下ってすぐで、風に揺れる美しい金色のキンポウゲや、輝くノバラが咲いていたのだった。アンはすぐさま、いっぱいに、帽子を大きな花のリースで飾った。誰の目にも、アンは大満足と映ったことだろう。アンは、赤々とした髪の毛にピンクや黄色の飾りを得意げにつけて、陽気に坂を下っていった。ようやくリンドさんのところについたものの、彼女はもう出かけたあとだった。でも、そんなことを気にするアンではなかった。一人で教会へ向かったのだった。入り口で、少女たちの輪が目にはいった。ほとんどの子が白や青、ピンクの服で着飾っていた。そして、突然現れた見知らぬ少女を好奇の目で見つめるのだった。とくに頭の飾りに熱い視線をそそいだ。アボンリーの少女たちは、アンの面白い話をもう耳にしていた。おそろしいかんしゃくもちだとリンドさんはいうし、しょっちゅう独り言をつぶやくか、気が狂ったように気や花に話しかけていると、お手伝いのジェリー・ビュオートから伝わっていた。彼女たちはアンの姿を見ると、プリントで口元を隠してひそひそ話すのだった。だれもすすんで話しかけようとはしなかった。そうするうちに最初の授業が終わり、アンはロジャーソン先生のクラスに入れられたのだった。
 
irreproachable申し分なく array盛装する skimpiness小ささ、貧弱なこと contrive考案する、工夫する  frenzy狂乱、熱狂 buttercupキンポウゲ liberally気前よく、大量に garland花輪で飾る gaily陽気に ruddy血色のよい dauntひるませる attire盛装する midst中、さなか adornment装飾
 
Miss Rogerson was a middle-aged lady who had taught a Sunday-school class for twenty years. Her method of teaching was to ask the printed questions from the quarterly and look sternly over its edge at the particular little girl she thought ought to answer the question. She looked very often at Anne, and Anne, thanks to Marilla's drilling, answered promptly; but it may be questioned if she understood very much about either question or answer.
ロジャーソン先生は中年の女性教師で、日曜学校ではこのかた二十年教えている。この先生は本から質問を探し出しては印刷して、回答する女の子をひとり厳しく探し出すのだった。先生はしばしば、アン、アンと指名した。アンはマリラから教わっていたのですぐに答えることができた。でも、アンが質問や答えをすぐわかってしまうのは、それはそれで困ったことだった。
Sternly厳格に、厳しく
She did not think she liked Miss Rogerson, and she felt very miserable; every other little girl in the class had puffed sleeves. Anne felt that life was really not worth living without puffed sleeves.
アンはロジャーソン先生を好きになれなかった。アンは惨めな気持ちになるのだ。というのも、どの女の子も袖の膨らんだ服を着ているからだ。袖が膨らんでいなければ、人生は生きるに値しないとアンは思うのだった。
"Well, how did you like Sunday school?" Marilla wanted to know when Anne came home. Her wreath having faded, Anne had discarded it in the lane, so Marilla was spared the knowledge of that for a time.
「ねえ、日曜学校は楽しかったかい?」。アンが家に帰ってくると、マリラは聞きたがった。リースはしおれてしまったので、アンはあぜに捨ててしまっていた。それでマリラはすぐに様子を察したのだった。
Discard捨てる、処分する
"I didn't like it a bit. It was horrid."
「ちっとも楽しくないわ。いやなくらいよ」
"Anne Shirley!" said Marilla rebukingly.
「アン・シャーリー!」。マリラは叫ばんばかりの口ぶりだった。
Anne sat down on the rocker with a long sigh, kissed one of Bonny's leaves, and waved her hand to a blossoming fuchsia.
アンは長いため息をつきながら、ゆりいすに腰掛けた。そしてボニーの葉っぱに口づけすると、フクシャの花に手を振った。
Fuchsiaフクシャ

『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング
外国人への仕事依頼なら【ワークシフト】

CHAPTER XI. Anne's Impressions of Sunday-School(1)

"Well, how do you like them?" said Marilla.
 
「そうね、これはどうだい?」と、マリラが聞いた。
 
Anne was standing in the gable room, looking solemnly at three new dresses spread out on the bed. One was of snuffy colored gingham which Marilla had been tempted to buy from a peddler the preceding summer because it looked so serviceable; one was of black-and-white checkered sateen which she had picked up at a bargain counter in the winter; and one was a stiff print of an ugly blue shade which she had purchased that week at a Carmody store.
 
アンは部屋のなかで立ったまま、ベッドに三着の真新しい服を広げて黙って見つめていた。一着は丈夫だろうと思って、この前の夏にマリラが行商人から買い求めた、たばこ色のギンガムだった。もう一つはこの冬に、バーゲンセールで買った黒と白のチェックのサテン。そしてもう一つが、ごわごわした、青暗いあやのプリントされたものだった。今週カモーディの店で買ってきたのだった。
 
solemnly落ち着いた様子で peddler行商人 serviceable使える、役に立つ、丈夫な、実用向きの stiff堅い、ぴんと張った
 
She had made them up herself, and they were all made alike—plain skirts fulled tightly to plain waists, with sleeves as plain as waist and skirt and tight as sleeves could be.
 
すべてマリラの手作りだった。そしてすべてが、ひだのないスカートに、ひだのないウェスト部分にきつめにくっついているという、同じようなつくりだった。そして袖もウェストやスカートと同じでひだがなく、きつくなっていた。
 
"I'll imagine that I like them," said Anne soberly.
"I don't want you to imagine it," said Marilla, offended. "Oh, I can see you don't like the dresses! What is the matter with them? Aren't they neat and clean and new?"
"Yes."
 
「お気に入りの服になるように空想してみるわ」。アンは静かにいった。
「空想しろなんて、いってないわ」。マリラはたしなめた。「ああ、わかった。あんたは服が気に入らないのね!いったい、どこがいけないのさ?こざっぱりして、きれいで、新しいじゃないか」
「そうよ」
 
"Then why don't you like them?"
"They're—they're not—pretty," said Anne reluctantly.
 
「じゃあ、あなたは気に入るの?」
「だって、だって、かわいくないんだもの」。アンは残念そうにいうのだった。
 
reluctantly不承不承に、しぶしぶ
 
"Pretty!" Marilla sniffed. "I didn't trouble my head about getting pretty dresses for you. I don't believe in pampering vanity, Anne, I'll tell you that right off. Those dresses are good, sensible, serviceable dresses, without any frills or furbelows about them, and they're all you'll get this summer. The brown gingham and the blue print will do you for school when you begin to go. The sateen is for church and Sunday school. I'll expect you to keep them neat and clean and not to tear them. I should think you'd be grateful to get most anything after those skimpy wincey things you've been wearing."
 
「かわいいだって!」。マリラは鼻で笑った。「おまえにかわいらしい服を着せようなんて、これっぽちも考えなかったよ。そんなものに惑わされちゃいけないよ、アン。これだけはいっておくからね。どの服も上等で、実用的で、丈夫なんだよ。ひらひらや飾りはついてないけどね。そしておまえが、この夏に着る服なんだよ。茶色のギンガムと、青のプリント地はおまえが学校に通いだしてから着るものさ。サテンは教会と日曜学校用。服をきちんと、きれいにして、破ったりするんじゃありませんよ。小さいウィンシーを着ていたことを思えば、感謝しても足りないくらいだよ」
 
pamper甘やかす、欲望をほしいままにさせる  vanity虚栄、うぬぼれ、空虚 sensible実用的な furbelowすそひだ、飾り skimpy乏しい、貧弱な、小さい
 
"Oh, I AM grateful," protested Anne. "But I'd be ever so much gratefuller if—if you'd made just one of them with puffed sleeves. Puffed sleeves are so fashionable now. It would give me such a thrill, Marilla, just to wear a dress with puffed sleeves."
 
「あら、感謝してるわ」。そういわれてアンも黙っていなかった。「でも、もし、もし、あなたが袖の膨らんだ服を作ってくれたら、もっと感謝していたのに。膨らんだ袖が今はやりなの。袖の膨らんだ服を着るだけでドキドキするわ、マリラ」
 
"Well, you'll have to do without your thrill. I hadn't any material to waste on puffed sleeves. I think they are ridiculous-looking things anyhow. I prefer the plain, sensible ones."
 
「もう、ドキドキなんて知らないわ。膨らんだ袖を作るほどの生地がもうないんだよ。そんなものは、ばかげてると思うがね。わたしゃ、ひだがなくて、実用的な服が好きなのさ」
 
"But I'd rather look ridiculous when everybody else does than plain and sensible all by myself," persisted Anne mournfully.
 
「でも、わたし一人だけひだのない、実用的な服だったら、そっちのほうが馬鹿みたいよ」。アンは悲しげにうったえた。
 
all by myself一人で
 
"Trust you for that! Well, hang those dresses carefully up in your closet, and then sit down and learn the Sunday school lesson. I got a quarterly from Mr. Bell for you and you'll go to Sunday school tomorrow," said Marilla, disappearing downstairs in high dudgeon.
 
「もういいわ!さあ、クローゼットにきれいに服をかけるのよ。それから座って、日曜学校の授業の準備をなさい。ベル先生からお手紙を受け取ったわ。明日から日曜学校にいくのよ」。そういうと、マリラはたいそう腹を立てて階段を下りていった。
 
dudgeon立腹
 
Anne clasped her hands and looked at the dresses.
 
アンは手を合わせて、服をみつめた。
 
"I did hope there would be a white one with puffed sleeves," she whispered disconsolately. "I prayed for one, but I didn't much expect it on that account. I didn't suppose God would have time to bother about a little orphan girl's dress. I knew I'd just have to depend on Marilla for it. Well, fortunately I can imagine that one of them is of snow-white muslin with lovely lace frills and three-puffed sleeves."
 
「袖の膨らんだ白い服だったらよかったのに」。アンはがっかりしてつぶやいた。「お祈りしたのに、こんな結果になるなんてね。神様が孤児の女の子の服のことまでおかまいになるなんて、思ってもみなかったわ。マリラのいうとおりにするしかないのね。まあでも、雪のように白いモスリンで、愛らしいフリルがついていて、膨らみの三つある袖なんだって空想することはできるんだから」
 
disconsolately陰鬱に、気のめいるように
『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

2013年12月9日月曜日

第十章 アンの謝罪(5)

"I apologized pretty well, didn't I?" she said proudly as they went down the lane. "I thought since I had to do it I might as well do it thoroughly."
 
「うまく謝ることができたかしらね」。アンはあぜみちを下りながら、誇らしげにいうのだった。「謝らなきゃって考え続けてたから、すっかりうまくできたんだと思うわ」
 
"You did it thoroughly, all right enough," was Marilla's comment. Marilla was dismayed at finding herself inclined to laugh over the recollection. She had also an uneasy feeling that she ought to scold Anne for apologizing so well; but then, that was ridiculous! She compromised with her conscience by saying severely:
 
「すっかりうまくやったわね。大丈夫、十分よ」。これがマリラの感想だった。マリラは思い出すと、思わず笑ってしまいそうだった。アンがあれほどうまく誤ってみせたので、マリラはしかりづらかった。でも、もはやどっちでもいいことだ!甘やかさないことで、彼女の良心に折り合いをつけたのだ。
 
dismayうろたえる recollection回想、思い出
 
"I hope you won't have occasion to make many more such apologies. I hope you'll try to control your temper now, Anne."
 
「これほど謝ることが、もうなければいいわね。アン、これからはかんしゃくを我慢するのね」
 
"That wouldn't be so hard if people wouldn't twit me about my looks," said Anne with a sigh. "I don't get cross about other things; but I'm SO tired of being twitted about my hair and it just makes me boil right over. Do you suppose my hair will really be a handsome auburn when I grow up?"
 
「見た目のことでわたしをからかわなければいいのよ」。アンはため息まじりにいった。「ほかのことなら、つむじをまげはしないわ。でも赤毛のことでからかわれるのは、もううんざり。すぐに顔が真っ赤になってしまうの。大きくなったら、この髪の毛は本当に美しくなるかしら?」
 
get crossつむじをまげる
 
"You shouldn't think so much about your looks, Anne. I'm afraid you are a very vain little girl."
"How can I be vain when I know I'm homely?" protested Anne. "I love pretty things; and I hate to look in the glass and see something that isn't pretty. It makes me feel so sorrowful—just as I feel when I look at any ugly thing. I pity it because it isn't beautiful."
 
「見た目のことを、そんなに気にするもんじゃないわ、アン。あんたが見かけだけの女の子になりゃしないかと心配よ」
「わたしが不細工といわれても、みかけだけになるっていうの?」。アンは口答えした。「わたしはかわいらしいものが好きなの。鏡も見たくないし、かわいくないと分かるのがいやなの。みにくいものを見たときのように、悲しい気持ちになるの。美人じゃないんだから、あわれに思えてくるわ」
 
vainうぬぼれの強い、中身のない homely不器量な、みじめな
 
"Handsome is as handsome does," quoted Marilla. "I've had that said to me before, but I have my doubts about it," remarked skeptical Anne, sniffing at her narcissi. "Oh, aren't these flowers sweet! It was lovely of Mrs. Lynde to give them to me. I have no hard feelings against Mrs. Lynde now. It gives you a lovely, comfortable feeling to apologize and be forgiven, doesn't it? Aren't the stars bright tonight? If you could live in a star, which one would you pick? I'd like that lovely clear big one away over there above that dark hill."
 
「見目より心よ」。マリラはことわざを引き合いにだした。「いつか自分に言い聞かせたことがあるわ。でも、そうはいっても本当かしらね」。疑わしげなアンに問いかけるのだった。アンはスイセンをくんくんとかいだ。「ああ、なんていい香りなの!わたしに下さるなんて、リンドさんってすてき。もう、なにも悪い気がしないわ。謝って、許してくださったことで、あなたもすてきで、心地よい気持ちになるでしょう?今夜は星がきれいね。もし星に住めるなら、どれがいい?わたしなら、丘の向こうのすてきで、きれいで、大きなあの星がいいな」
 
sniffingふんふんかぐ
 
"Anne, do hold your tongue," said Marilla, thoroughly worn out trying to follow the gyrations of Anne's thoughts.
 
「アン、静かになさい」。めくるめくアンの空想に、マリラはすっかりまいってしまった。
 
gyration旋回、回転
 
Anne said no more until they turned into their own lane. A little gypsy wind came down it to meet them, laden with the spicy perfume of young dew-wet ferns. Far up in the shadows a cheerful light gleamed out through the trees from the kitchen at Green Gables. Anne suddenly came close to Marilla and slipped her hand into the older woman's hard palm.
 
アンはあぜ道をもどるころには、もう一言も口にしなかった。気まぐれな風が吹きつけた。露のように濡れたもみの若木の、きつい香りを運んだ。グリーンゲーブルズの台所からもれる明るい光が、影よりも大きく、木全体を照らしていた。アンはふいにマリラの方に足を向けた。そして老婦人の手のひらに、自分の手をさっと乗せた。
 
dew滴、露、みずみずしさ
 
"It's lovely to be going home and know it's home," she said. "I love Green Gables already, and I never loved any place before. No place ever seemed like home. Oh, Marilla, I'm so happy. I could pray right now and not find it a bit hard."
 
「家に帰れる、そしてここが自分の家なんだと思えるのって、すてきなことね」。アンはいった。「これほど好きになってしまったグリーンげーブルズのほかの場所を好きになることなんてできないわ。わたしの家はほかのどこでもないのよ。ああ、マリラ。本当に幸せ。今すぐにでもちゃんとお祈りができるわ。ちっともいやじゃないの」
 
Something warm and pleasant welled up in Marilla's heart at touch of that thin little hand in her own—a throb of the maternity she had missed, perhaps. Its very unaccustomedness and sweetness disturbed her. She hastened to restore her sensations to their normal calm by inculcating a moral.
 
細くて小さな手にふれて、マリラの心もじーんとした。それこそおそらく、彼女が得ることのできなかった母の愛だった。これまで味わったことのない感情が、彼女の心を乱した。マリラは道徳心を呼び戻すことで、胸のざわめきを一刻も早く収めなければと思った。
 
throb鼓動  inculcate1教え込む
 
"If you'll be a good girl you'll always be happy, Anne. And you should never find it hard to say your prayers."
 
「あんたがいい子にしてれば、ずっと幸せでいられるのよ、アン。お祈りできないなんて思っちゃだめよ」
 
"Saying one's prayers isn't exactly the same thing as praying," said Anne meditatively. "But I'm going to imagine that I'm the wind that is blowing up there in those tree tops. When I get tired of the trees I'll imagine I'm gently waving down here in the ferns—and then I'll fly over to Mrs. Lynde's garden and set the flowers dancing—and then I'll go with one great swoop over the clover field—and then I'll blow over the Lake of Shining Waters and ripple it all up into little sparkling waves. Oh, there's so much scope for imagination in a wind! So I'll not talk any more just now, Marilla."
 
「ただお祈りの言葉を口にするだけでは、お祈りをしたことにならないわ」。アンは目をつむっていった。「でも、自分のことをあの木のてっぺんに吹く風だと思うようにするわ。木の次は、シダにやさしく吹く風のことを思うの。そうしてリンドさんの庭にまで飛んでいって、花たちを踊るように揺らすわ。その次はクローバー畑へ急降下よ。それから輝く水の湖を吹き渡って、しぶきをあげる波を立たせるの。ああ、風って本当に想像力をかき立てるわ!マリラ、だからもう一言もいわないわ」
 
meditatively.沈思黙考して、瞑想するように swoop急襲 rippleさざなみを立たせる
 
"Thanks be to goodness for that," breathed Marilla in devout relief.
 
「神よ、本当にありがとうございます」。マリラは救いを得たことにほっとため息をつくのだった。
 
devout信心深い
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

第十章 アンの謝罪(4)

"There, there, get up, child," she said heartily. "Of course I forgive you. I guess I was a little too hard on you, anyway. But I'm such an outspoken person. You just mustn't mind me, that's what. It can't be denied your hair is terrible red; but I knew a girl once—went to school with her, in fact—whose hair was every mite as red as yours when she was young, but when she grew up it darkened to a real handsome auburn. I wouldn't be a mite surprised if yours did, too—not a mite."
 
「さあ、さあ、立ちなさい、おちびさん」。リンドさんは優しくいった。「もちろん、許してあげますよ。どうも、あんたにつらくあたりすぎたようね。でも、わたしだってそれほど遠慮知らずじゃないわ。とにかく、もう気にしないことね。あんたの髪の毛が、真っ赤だということは動かしようのない事実よ。でも、昔も赤毛の子がいたわね。本当にその子と学校に通ったのよ。小さかったころは、一本一本があんたと同じように赤かったの。でも大きくなるにつれて、本当にきれいな金髪になったわ。あんたも同じようになっても、わたしゃちっとも驚かないよ。ちっともね」
 
outspoken無遠慮な、ずけずけいう mite少量、ちょっぴり auburn赤褐色の、金褐色の
 
"Oh, Mrs. Lynde!" Anne drew a long breath as she rose to her feet. "You have given me a hope. I shall always feel that you are a benefactor. Oh, I could endure anything if I only thought my hair would be a handsome auburn when I grew up. It would be so much easier to be good if one's hair was a handsome auburn, don't you think? And now may I go out into your garden and sit on that bench under the apple-trees while you and Marilla are talking? There is so much more scope for imagination out there."
 
「ああ、リンドさん!」。アンはリンド夫人の足ににじり寄ると、長い息をついた。「あなたはわたしに希望を与えてくださいました。あなたを恩人として、いつだって忘れないでしょう。ああ、わたしの髪の毛が将来、きれいな金色になったらと考えると、何も手がつかないの。きれいな金髪になるんだったら、いくらでもいい子にするわ。そうでしょう?そうだ。あなたとマリラがお話している間、お庭を見てきていいかしら。リンゴの木の下のベンチに腰掛けたいの。空想の扉がたくさんあるんですもの」
 
"Laws, yes, run along, child. And you can pick a bouquet of them white June lilies over in the corner if you like."
 
「ええ、もちろんよ。いっておいで、おちびさん。あんたさえよければ、すみっこの白いジューンリリーのブーケを作ってもいいのよ」
 
As the door closed behind Anne Mrs. Lynde got briskly up to light a lamp.
 
アンが出て行ってからドアが閉まると、リンド夫人は立ち上がって、おもむろに明かりをともした。
 
"She's a real odd little thing. Take this chair, Marilla; it's easier than the one you've got; I just keep that for the hired boy to sit on. Yes, she certainly is an odd child, but there is something kind of taking about her after all. I don't feel so surprised at you and Matthew keeping her as I did—nor so sorry for you, either. She may turn out all right. Of course, she has a queer way of expressing herself—a little too—well, too kind of forcible, you know; but she'll likely get over that now that she's come to live among civilized folks. And then, her temper's pretty quick, I guess; but there's one comfort, a child that has a quick temper, just blaze up and cool down, ain't never likely to be sly or deceitful. Preserve me from a sly child, that's what. On the whole, Marilla, I kind of like her."
 
「あの子は本当に変わったおちびさんだね。こっちのいすにお座りなさいな、マリラ。あんたのいすより楽だから。そのいすはね、お手伝いの男の子のためにとってあるのさ。まあ、あの子はたしかに変わってるね。でもそういうわけか、気になる子だね。あんたとマシューが、あの子を引き取ったこともちっとも驚かないさ。あんたたちにとって、悪いことじゃなかったとも思ってるのよ。あの子なら大丈夫。もちろん、あの子の気持ちの表しようは人並みはずれてるわ。ちょっとね。分かってるだろうけど、あまりにも強情だわ。でもきちんとした人たちに囲まれていれば、それも直っていくでしょう。それからね、思うに、あの子はすぐかっとなるの。でもいいところもあるわ。激しく怒ったり、けろっともどったりする、かっかしやすい子は、絶対にずるをしたり、人をだますようなことはないわ。おつまり、ずるがしこい子にはしないでってこと。なんだかんだいって、あの子が気に入ったのさ、マリラ」
 
queer奇妙な、風変わりな  forcible強力な、説得力のある comfort慰め blaze up激怒する slyずるい、悪賢い
 
When Marilla went home Anne came out of the fragrant twilight of the orchard with a sheaf of white narcissi in her hands.
 
マリラが家に帰ると、ほのかに香る夕暮れの果樹園から姿をみせた。手には一束のスイセンをもって。
 
a sheaf of一束の narcissusスイセン
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

第十章 アンの謝罪(3)

"I'm sorry I lost my temper and said rude things, and I'm willing to go and tell Mrs. Lynde so."
"Very well." Marilla's crispness gave no sign of her relief. She had been wondering what under the canopy she should do if Anne did not give in. "I'll take you down after milking."
 
「ごめんなさい。わたしったらかっとなって、すべてを台無しにしてしまったわ。それでリンドさんのところへ誤りにいこうと思うの」
「まことに結構だわ」。さばさばした性格のマリラに、ほっとした様子はみじんもなかった。マリラはもしアンが折れなかったら、どうしようかとずっと考え続けていたのだ。「乳絞りが終わったら、おまえを連れていってあげるよ」
 
crispnessさわやかなこと、すがすがしいこと canopy天蓋、ひさし
 
Accordingly, after milking, behold Marilla and Anne walking down the lane, the former erect and triumphant, the latter drooping and dejected. But halfway down Anne's dejection vanished as if by enchantment. She lifted her head and stepped lightly along, her eyes fixed on the sunset sky and an air of subdued exhilaration about her. Marilla beheld the change disapprovingly. This was no meek penitent such as it behooved her to take into the presence of the offended Mrs. Lynde.
 
乳絞りが終わってからしばらくすると、マリラとアンは並んであぜ道を下っていった。マリラはきりっとして、堂々としていたが、アンは落ち込んでしょげていた。でも真ん中あたりまでくると、アンのしょげた様子は、魔法がかかったように一変した。アンは顔を上げ、軽やかに歩いた。視線は夕焼けの空だけを見つめて、控えめに心を浮き立たせていた。マリラはアンの変わり身をいぶかしんだ。ざんげする様子などみじんもなかった。怒れるリンド夫人のもとにいくなんてことは。
 
dejected落胆した、しょげた enchantment魔法をかけること subdued控えめな、静かな exhilaration陽気 
meekおとなしい、いくじない penitent後悔、ざんげ behoove義務である、ふさわしい offended苦しんでいる
 
"What are you thinking of, Anne?" she asked sharply.
"I'm imagining out what I must say to Mrs. Lynde," answered Anne dreamily.
 
「なにを考えているの、アン?」。マリラは鋭くといただした。
「リンドさんにいわなきゃいけないことを考え続けているわ」。アンは夢見るようにいうのだった。
 
This was satisfactory—or should have been so. But Marilla could not rid herself of the notion that something in her scheme of punishment was going askew. Anne had no business to look so rapt and radiant.
 
これなら納得いくはずだった。ところがマリラは、罰を与えるつもりだったのが、その雲行きがあやしくなったように感じていた。アンは知らず知らず、うっとりして、晴れやかにみえた。
 
askew斜めに、ゆがんで rapt心を奪われた、うっとりした radiant晴れやかな
 
Rapt and radiant Anne continued until they were in the very presence of Mrs. Lynde, who was sitting knitting by her kitchen window. Then the radiance vanished. Mournful penitence appeared on every feature. Before a word was spoken Anne suddenly went down on her knees before the astonished Mrs. Rachel and held out her hands beseechingly.
 
アンのうっとりした、晴れやかな様子は、リンド夫人のところへ近づいてからもそのままだった。夫人は窓際に腰掛けて編み物をしていた。すると、晴れやかな様子が消えた。どこをみても、深くざんげする様子がみてとれた。レーチェル夫人が驚くより早いか、アンは言葉を発するよりも、突然彼女のもとにひざまづいた。そしてすがるように手を差し出した。
 
beseechingly嘆願するような態度で
 
"Oh, Mrs. Lynde, I am so extremely sorry," she said with a quiver in her voice. "I could never express all my sorrow, no, not if I used up a whole dictionary. You must just imagine it. I behaved terribly to you—and I've disgraced the dear friends, Matthew and Marilla, who have let me stay at Green Gables although I'm not a boy. I'm a dreadfully wicked and ungrateful girl, and I deserve to be punished and cast out by respectable people forever. It was very wicked of me to fly into a temper because you told me the truth. It WAS the truth; every word you said was true. My hair is red and I'm freckled and skinny and ugly. What I said to you was true, too, but I shouldn't have said it. Oh, Mrs. Lynde, please, please, forgive me. If you refuse it will be a lifelong sorrow on a poor little orphan girl, would you, even if she had a dreadful temper? Oh, I am sure you wouldn't. Please say you forgive me, Mrs. Lynde."
 
「ああ、リンドさん。本当に、どうしようもなく悪かったわ」。アンは震え声だった。「この悲しみすべてを表すなんて、とてもできっこないわ。いいえ、辞書を最初から最後までひっくり返してもね。すぐに思い浮かぶにちがいないわ。おそろしい振る舞いをしたんだから。本当に大切なマシューとマリラを裏切る結果になってしまったわ。希望の男の子じゃなかったわたしを、わたしをグリーンゲーブルズに引き取ってくれたっていうのに。わたしは本当に悪くて、どうしようもない子だわ。わたしは罰を受けて、ちゃんとした人たちにつまみだされても仕方ないわ。あなたが本当のことをいったからって、怒ってくってかかるなんて本当にいけないことよね。あなたの言葉は、すべて正しかったわ。わたしは赤毛で、そばかすだらけで、がりがりで、ぶさいくだわ。わたしがあなたにいったことも本当よ。でも、そんなこといったらいけなかったわ。ああリンドさん。どうか、どうか許してください。もしできないというなら、このあわれなみなしごは一生悲しむことになるわ。わたしがおそろしく短気だとしてもね。あなたに限って、そんなことないわ。リンドさん、どうか許すといって」
 
quiver震える deserve値する
 
Anne clasped her hands together, bowed her head, and waited for the word of judgment.
 
アンは手を合わせて、頭を下げた。そうして審判を待った。
 
There was no mistaking her sincerity—it breathed in every tone of her voice. Both Marilla and Mrs. Lynde recognized its unmistakable ring. But the former under-stood in dismay that Anne was actually enjoying her valley of humiliation—was reveling in the thoroughness of her abasement. Where was the wholesome punishment upon which she, Marilla, had plumed herself? Anne had turned it into a species of positive pleasure.
 
アンの誠実さに偽りはなかった。一語一語、息をのんでしゃべった。マリラもリンド夫人も、この調子は本気でいっているのだと信じることができた。ところがマリラは、アンがみじめな気持ちに酔っているのではないかと心配になりだしていた。徹底して卑屈になるのが、たまらないのだ。マリラは、この罰をどうつくろえばいいのだろう。アンにはある種の喜びとなってしまっているのだ。
 
dismayろうばい、うろたえ revel大いに楽しむ、ふける thoroughness徹底 abasement卑下 plume羽を整える、羽づくろいする
 
Good Mrs. Lynde, not being overburdened with perception, did not see this. She only perceived that Anne had made a very thorough apology and all resentment vanished from her kindly, if somewhat officious, heart.
 
善良なるリンド夫人は、考えすぎるたちではなかった。それでアンの気持ちに気づいていなかった。アンが心から謝って、すべての怒りが消え去ったのだと思っていた。いささか図々しいかもしれないが。
 
resentment腹立ち officiousおせっかいな、差し出がましい
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

第十章 アンの謝罪(2)

"Pretty well. I imagine a good deal, and that helps to pass the time. Of course, it's rather lonesome. But then, I may as well get used to that."
 
「もう大丈夫。長い間、物思いにふけっていたの。いい時間つぶしになったわ。もちろん、そりゃ寂しかったわ。でももう、一人でいるのにもなれたわ」
 
Anne smiled again, bravely facing the long years of solitary imprisonment before her.
Matthew recollected that he must say what he had come to say without loss of time, lest Marilla return prematurely. "Well now, Anne, don't you think you'd better do it and have it over with?" he whispered. "It'll have to be done sooner or later, you know, for Marilla's a dreadful deter-mined woman—dreadful determined, Anne. Do it right off, I say, and have it over."
 
アンはまたほほえんだ。長い長い囚人生活に勇敢に立ち向かったのだ。
マシューは、いわなければならないことを思い出した。無駄にする時間はなかった。マリラが早く戻ってくるといけないから。「いやなに、アン。うまくいくとも、そっちのほうがいいとも思ってないだろうね」。マシューはささやいた。「遅かれ早かれ済んでしまうことさ。アン、分かってるだろうが、マリラというのはおそろしく頑固な女だから。おそろしく頑固な女だから。早く済ませてしまうことさ。そうすりゃ、何もかも終わっちまうさ」
 
solitary一人ぼっちの、孤独の、寂しい lest~するといけないから prematurely未熟に、早まって have it over~よりすぐれている
 
"Do you mean apologize to Mrs. Lynde?"
"Yes—apologize—that's the very word," said Matthew eagerly. "Just smooth it over so to speak. That's what I was trying to get at."
 
「リンドさんに謝れっていうの?」
「そうさ。謝る。その通りさ」。マシューは言葉に力を込めた。「ようするに、まるく治めるってことさ。それがいいたくて、ここにやってきたのさ」
 
"I suppose I could do it to oblige you," said Anne thoughtfully. "It would be true enough to say I am sorry, because I AM sorry now. I wasn't a bit sorry last night. I was mad clear through, and I stayed mad all night. I know I did because I woke up three times and I was just furious every time. But this morning it was over. I wasn't in a temper anymore—and it left a dreadful sort of goneness, too. I felt so ashamed of myself. But I just couldn't think of going and telling Mrs. Lynde so. It would be so humiliating. I made up my mind I'd stay shut up here forever rather than do that. But still—I'd do anything for you—if you really want me to—"
 
「あなたのためにも、やってみせるわ」。アンは考え深げにいうのだった。「本当にごめんなさいといいたいの。だって申し訳なく思っているんだもの。ゆうべはちっともそんな気にならなかったわ。ずっと気が狂いそうだった。一晩中、そんな調子だったの。三回も目が覚めたからわかるわ。本当に、ずっと怒り狂っていたわ。でも今朝で、それも終わりよ。もうむしゃくしゃしてないわ。それから、おそろしいほど消耗した気持ちにもなったわ。わたしは自分が恥ずかしい。でも、だからって、リンドさんのところへ話にいこうとは思えなかったの。だって、とってもみじめだもの。そんなことするくらいなら、ここにずっと閉じこもってたほうがましだって思ったわ。でも、それでもあなたのためならやるわ。もし、本当にお望みならね」
 
mad気が狂って、ばかげた、無謀な furious怒り狂って goneness疲れ、消耗
 
"Well now, of course I do. It's terrible lonesome downstairs without you. Just go and smooth things over—that's a good girl."
 
「いやなに、もちろん、そうさ。おまえがいないと一階は本当に寂しいんだ。ちょっといって、まるくおさめなって。いい子だから」
 
"Very well," said Anne resignedly. "I'll tell Marilla as soon as she comes in I've repented."
"That's right—that's right, Anne. But don't tell Marilla I said anything about it. She might think I was putting my oar in and I promised not to do that."
 
「いいわ」。アンはきっぱりといった。「マリラがここにきたらすぐ、後悔したわっていうの」
「そりゃいい。そりゃいい、アン。でも、マリラにはわしがなにかいったとはいわないでおくれよ。わしが口出ししたってもうかもしれないからな。そんなことしないって約束したってのに」
 
repent後悔する、残念に思う put oar in口を出す
 
"Wild horses won't drag the secret from me," promised Anne solemnly. "How would wild horses drag a secret from a person anyhow?"
 
「どんなことがあっても秘密はしゃべらないわ」。アンは落ち着き払って、そう誓った。「野馬って、どんな人にでも秘密を守るのかしら?」
 
solemnly重々しく、落ち着いた様子で
 
But Matthew was gone, scared at his own success. He fled hastily to the remotest corner of the horse pasture lest Marilla should suspect what he had been up to. Marilla herself, upon her return to the house, was agreeably surprised to hear a plaintive voice calling, "Marilla" over the banisters.
"Well?" she said, going into the hall.
 
でもマシューは、うまくいったというのにびくびくして、いってしまった。彼は馬草小屋のすみっこにいそいで隠れた。二階へあがったことにマリラが感づかないように。家に戻ってきたマリラはというと、階段の手すりの向こうから「マリラ」という、かぼそい呼び声を聞いてうれしい驚きを覚えた。
「なんだい?」。そういうと、彼女はホールへ向かった。
 
be agreeably surprisedうれしい驚き plaintive悲しげな banister手すり、小柱
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

CHAPTER X. Anne's Apology(1)

Marilla said nothing to Matthew about the affair that evening; but when Anne proved still refractory the next morning an explanation had to be made to account for her absence from the breakfast table. Marilla told Matthew the whole story, taking pains to impress him with a due sense of the enormity of Anne's behavior.
 
マリラは今晩の出来事について、マシューになにも知らせなかった。だが翌朝、アンが朝食に下りてこない理由を説明するのに、この少女がいまだ手に負えないことをはっきりさせなければならなかった。マリラはすべてのいきさつをマシューに話した。アンのひどい振る舞いを伝えるのはつらかった。
 
refractory手に負えない enormity極悪さ
 
"It's a good thing Rachel Lynde got a calling down; she's a meddlesome old gossip," was Matthew's consolatory rejoinder.
 
「レーチェル・リンドのような女をしかりつけるのはいい気味だよ。おせっかいな、おしゃべりばあさんだからな」。これがマシューのかけた慰めだった。
 
call downしかりつける、けなす、酷評する meddlesomeおせっかいな gossipおしゃべり consolatory慰めの
rejoinder応答、言い返し
 
"Matthew Cuthbert, I'm astonished at you. You know that Anne's behavior was dreadful, and yet you take her part! I suppose you'll be saying next thing that she oughtn't to be punished at all!"
 
「マシュー・カスバート、あんたには驚いたよ。アンの振る舞いがおそろしいものだってことはわかってるだろうに。それなのにあの子の肩を持つのかい!次にはあんたは、あの子に罰を与えるのは金輪際やめろっていうんでしょう!」
 
"Well now—no—not exactly," said Matthew uneasily. "I reckon she ought to be punished a little. But don't be too hard on her, Marilla. Recollect she hasn't ever had anyone to teach her right. You're—you're going to give her something to eat, aren't you?"
 
「さあ、どれ。いやいや、そうじゃないんだ」。マシューは居心地悪そうにいうのだった。「わしだって、あの子がちょっとくらい罰を受けるべきだとは思うよ。でもマリラ、つらくあたりすぎるのはだめさ。誰もがあの子に、行儀を教えてこなかったことを思い出してごらんよ。おまえは、おまえは、あの子になにか食べるものを出してやってはどうなんだい?」
 
"When did you ever hear of me starving people into good behavior?" demanded Marilla indignantly. "She'll have her meals regular, and I'll carry them up to her myself. But she'll stay up there until she's willing to apologize to Mrs. Lynde, and that's final, Matthew."
 
「飢えるものは礼儀を正すって、聞いたことがなかったかい?」。マリラは腹を立てた。「あの子にはいつもどおり食事を与えるよ。自分で運ぶからいいわ。でもリンドさんに謝る気になるまでは、そのままじっとしてなきゃいけないよ。以上よ、マシュー」
 
indignantly憤然として、腹を立てて
 
Breakfast, dinner, and supper were very silent meals—for Anne still remained obdurate. After each meal Marilla carried a well-filled tray to the east gable and brought it down later on not noticeably depleted. Matthew eyed its last descent with a troubled eye. Had Anne eaten anything at all?
 
とても静かな朝食、昼食、夕食になった。アンがまだ態度を変えないせいで。毎食、マリラがたくさん食事の乗ったお盆をイーストゲーブルに運んだ。そして何も手をつけないまま戻すのだった。マシューはその一部始終を困りきった瞳で見つめていた。アンはなにも手につけないのだろうか?
 
obdurateがんこな、強情な noticeably目だって deplete使い尽くす
 
When Marilla went out that evening to bring the cows from the back pasture, Matthew, who had been hanging about the barns and watching, slipped into the house with the air of a burglar and crept upstairs. As a general thing Matthew gravitated between the kitchen and the little bedroom off the hall where he slept; once in a while he ventured uncomfortably into the parlor or sitting room when the minister came to tea. But he had never been upstairs in his own house since the spring he helped Marilla paper the spare bedroom, and that was four years ago.
 
その晩、マリラが牛の乳絞りに裏手へ出かけると、納屋で待ちながら見ていたマシューは、泥棒のようにさっと家に入ると、こっそり階段を上った。当然のようにマシューは台所と寝室の間からホールへと抜けた。かつて司祭さまがお茶にたずねてきたときに、しぶしぶ居間か茶の間へ引っ込もうとしたように。ところがマシューは春にマリラが空き部屋の寝室に壁紙をはるのを手伝って以来、階段を上がったことがなかった。それは四年前のことだったのだ。
 
hang aboutぶらつく、ぐずぐずする、待つ creptこそこそ歩く、そっと忍び寄る gravitate引き寄せられる
 
He tiptoed along the hall and stood for several minutes outside the door of the east gable before he summoned courage to tap on it with his fingers and then open the door to peep in.
 
彼は爪先立ちでホールをわたった。そしてイーストゲーブルのドアの前でしばらくたたずんでいた。勇気を出してドアに手を描け、中に忍び入るまで。
 
Anne was sitting on the yellow chair by the window gazing mournfully out into the garden. Very small and unhappy she looked, and Matthew's heart smote him. He softly closed the door and tiptoed over to her.
"Anne," he whispered, as if afraid of being overheard, "how are you making it, Anne?"
Anne smiled wanly.
 
アンは窓際の黄色いいすに腰掛けて、庭を悲しげに見つめていた。アンはとてもちっぽけで、あわれにみえた。マシューは心を打たれた。彼は静かにドアを閉めると、アンの後ろに忍び寄った。「アン」。マシューはささやいた。気づかれるのをおそれるように。「どうしたんだい、アン?」。アンは弱々しく笑った。
 
smote打つ、強打する、とがめる overhearふと聞く wanly弱々しく
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!