2013年12月9日月曜日

第十章 アンの謝罪(2)

"Pretty well. I imagine a good deal, and that helps to pass the time. Of course, it's rather lonesome. But then, I may as well get used to that."
 
「もう大丈夫。長い間、物思いにふけっていたの。いい時間つぶしになったわ。もちろん、そりゃ寂しかったわ。でももう、一人でいるのにもなれたわ」
 
Anne smiled again, bravely facing the long years of solitary imprisonment before her.
Matthew recollected that he must say what he had come to say without loss of time, lest Marilla return prematurely. "Well now, Anne, don't you think you'd better do it and have it over with?" he whispered. "It'll have to be done sooner or later, you know, for Marilla's a dreadful deter-mined woman—dreadful determined, Anne. Do it right off, I say, and have it over."
 
アンはまたほほえんだ。長い長い囚人生活に勇敢に立ち向かったのだ。
マシューは、いわなければならないことを思い出した。無駄にする時間はなかった。マリラが早く戻ってくるといけないから。「いやなに、アン。うまくいくとも、そっちのほうがいいとも思ってないだろうね」。マシューはささやいた。「遅かれ早かれ済んでしまうことさ。アン、分かってるだろうが、マリラというのはおそろしく頑固な女だから。おそろしく頑固な女だから。早く済ませてしまうことさ。そうすりゃ、何もかも終わっちまうさ」
 
solitary一人ぼっちの、孤独の、寂しい lest~するといけないから prematurely未熟に、早まって have it over~よりすぐれている
 
"Do you mean apologize to Mrs. Lynde?"
"Yes—apologize—that's the very word," said Matthew eagerly. "Just smooth it over so to speak. That's what I was trying to get at."
 
「リンドさんに謝れっていうの?」
「そうさ。謝る。その通りさ」。マシューは言葉に力を込めた。「ようするに、まるく治めるってことさ。それがいいたくて、ここにやってきたのさ」
 
"I suppose I could do it to oblige you," said Anne thoughtfully. "It would be true enough to say I am sorry, because I AM sorry now. I wasn't a bit sorry last night. I was mad clear through, and I stayed mad all night. I know I did because I woke up three times and I was just furious every time. But this morning it was over. I wasn't in a temper anymore—and it left a dreadful sort of goneness, too. I felt so ashamed of myself. But I just couldn't think of going and telling Mrs. Lynde so. It would be so humiliating. I made up my mind I'd stay shut up here forever rather than do that. But still—I'd do anything for you—if you really want me to—"
 
「あなたのためにも、やってみせるわ」。アンは考え深げにいうのだった。「本当にごめんなさいといいたいの。だって申し訳なく思っているんだもの。ゆうべはちっともそんな気にならなかったわ。ずっと気が狂いそうだった。一晩中、そんな調子だったの。三回も目が覚めたからわかるわ。本当に、ずっと怒り狂っていたわ。でも今朝で、それも終わりよ。もうむしゃくしゃしてないわ。それから、おそろしいほど消耗した気持ちにもなったわ。わたしは自分が恥ずかしい。でも、だからって、リンドさんのところへ話にいこうとは思えなかったの。だって、とってもみじめだもの。そんなことするくらいなら、ここにずっと閉じこもってたほうがましだって思ったわ。でも、それでもあなたのためならやるわ。もし、本当にお望みならね」
 
mad気が狂って、ばかげた、無謀な furious怒り狂って goneness疲れ、消耗
 
"Well now, of course I do. It's terrible lonesome downstairs without you. Just go and smooth things over—that's a good girl."
 
「いやなに、もちろん、そうさ。おまえがいないと一階は本当に寂しいんだ。ちょっといって、まるくおさめなって。いい子だから」
 
"Very well," said Anne resignedly. "I'll tell Marilla as soon as she comes in I've repented."
"That's right—that's right, Anne. But don't tell Marilla I said anything about it. She might think I was putting my oar in and I promised not to do that."
 
「いいわ」。アンはきっぱりといった。「マリラがここにきたらすぐ、後悔したわっていうの」
「そりゃいい。そりゃいい、アン。でも、マリラにはわしがなにかいったとはいわないでおくれよ。わしが口出ししたってもうかもしれないからな。そんなことしないって約束したってのに」
 
repent後悔する、残念に思う put oar in口を出す
 
"Wild horses won't drag the secret from me," promised Anne solemnly. "How would wild horses drag a secret from a person anyhow?"
 
「どんなことがあっても秘密はしゃべらないわ」。アンは落ち着き払って、そう誓った。「野馬って、どんな人にでも秘密を守るのかしら?」
 
solemnly重々しく、落ち着いた様子で
 
But Matthew was gone, scared at his own success. He fled hastily to the remotest corner of the horse pasture lest Marilla should suspect what he had been up to. Marilla herself, upon her return to the house, was agreeably surprised to hear a plaintive voice calling, "Marilla" over the banisters.
"Well?" she said, going into the hall.
 
でもマシューは、うまくいったというのにびくびくして、いってしまった。彼は馬草小屋のすみっこにいそいで隠れた。二階へあがったことにマリラが感づかないように。家に戻ってきたマリラはというと、階段の手すりの向こうから「マリラ」という、かぼそい呼び声を聞いてうれしい驚きを覚えた。
「なんだい?」。そういうと、彼女はホールへ向かった。
 
be agreeably surprisedうれしい驚き plaintive悲しげな banister手すり、小柱
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿