2013年12月9日月曜日

第十章 アンの謝罪(3)

"I'm sorry I lost my temper and said rude things, and I'm willing to go and tell Mrs. Lynde so."
"Very well." Marilla's crispness gave no sign of her relief. She had been wondering what under the canopy she should do if Anne did not give in. "I'll take you down after milking."
 
「ごめんなさい。わたしったらかっとなって、すべてを台無しにしてしまったわ。それでリンドさんのところへ誤りにいこうと思うの」
「まことに結構だわ」。さばさばした性格のマリラに、ほっとした様子はみじんもなかった。マリラはもしアンが折れなかったら、どうしようかとずっと考え続けていたのだ。「乳絞りが終わったら、おまえを連れていってあげるよ」
 
crispnessさわやかなこと、すがすがしいこと canopy天蓋、ひさし
 
Accordingly, after milking, behold Marilla and Anne walking down the lane, the former erect and triumphant, the latter drooping and dejected. But halfway down Anne's dejection vanished as if by enchantment. She lifted her head and stepped lightly along, her eyes fixed on the sunset sky and an air of subdued exhilaration about her. Marilla beheld the change disapprovingly. This was no meek penitent such as it behooved her to take into the presence of the offended Mrs. Lynde.
 
乳絞りが終わってからしばらくすると、マリラとアンは並んであぜ道を下っていった。マリラはきりっとして、堂々としていたが、アンは落ち込んでしょげていた。でも真ん中あたりまでくると、アンのしょげた様子は、魔法がかかったように一変した。アンは顔を上げ、軽やかに歩いた。視線は夕焼けの空だけを見つめて、控えめに心を浮き立たせていた。マリラはアンの変わり身をいぶかしんだ。ざんげする様子などみじんもなかった。怒れるリンド夫人のもとにいくなんてことは。
 
dejected落胆した、しょげた enchantment魔法をかけること subdued控えめな、静かな exhilaration陽気 
meekおとなしい、いくじない penitent後悔、ざんげ behoove義務である、ふさわしい offended苦しんでいる
 
"What are you thinking of, Anne?" she asked sharply.
"I'm imagining out what I must say to Mrs. Lynde," answered Anne dreamily.
 
「なにを考えているの、アン?」。マリラは鋭くといただした。
「リンドさんにいわなきゃいけないことを考え続けているわ」。アンは夢見るようにいうのだった。
 
This was satisfactory—or should have been so. But Marilla could not rid herself of the notion that something in her scheme of punishment was going askew. Anne had no business to look so rapt and radiant.
 
これなら納得いくはずだった。ところがマリラは、罰を与えるつもりだったのが、その雲行きがあやしくなったように感じていた。アンは知らず知らず、うっとりして、晴れやかにみえた。
 
askew斜めに、ゆがんで rapt心を奪われた、うっとりした radiant晴れやかな
 
Rapt and radiant Anne continued until they were in the very presence of Mrs. Lynde, who was sitting knitting by her kitchen window. Then the radiance vanished. Mournful penitence appeared on every feature. Before a word was spoken Anne suddenly went down on her knees before the astonished Mrs. Rachel and held out her hands beseechingly.
 
アンのうっとりした、晴れやかな様子は、リンド夫人のところへ近づいてからもそのままだった。夫人は窓際に腰掛けて編み物をしていた。すると、晴れやかな様子が消えた。どこをみても、深くざんげする様子がみてとれた。レーチェル夫人が驚くより早いか、アンは言葉を発するよりも、突然彼女のもとにひざまづいた。そしてすがるように手を差し出した。
 
beseechingly嘆願するような態度で
 
"Oh, Mrs. Lynde, I am so extremely sorry," she said with a quiver in her voice. "I could never express all my sorrow, no, not if I used up a whole dictionary. You must just imagine it. I behaved terribly to you—and I've disgraced the dear friends, Matthew and Marilla, who have let me stay at Green Gables although I'm not a boy. I'm a dreadfully wicked and ungrateful girl, and I deserve to be punished and cast out by respectable people forever. It was very wicked of me to fly into a temper because you told me the truth. It WAS the truth; every word you said was true. My hair is red and I'm freckled and skinny and ugly. What I said to you was true, too, but I shouldn't have said it. Oh, Mrs. Lynde, please, please, forgive me. If you refuse it will be a lifelong sorrow on a poor little orphan girl, would you, even if she had a dreadful temper? Oh, I am sure you wouldn't. Please say you forgive me, Mrs. Lynde."
 
「ああ、リンドさん。本当に、どうしようもなく悪かったわ」。アンは震え声だった。「この悲しみすべてを表すなんて、とてもできっこないわ。いいえ、辞書を最初から最後までひっくり返してもね。すぐに思い浮かぶにちがいないわ。おそろしい振る舞いをしたんだから。本当に大切なマシューとマリラを裏切る結果になってしまったわ。希望の男の子じゃなかったわたしを、わたしをグリーンゲーブルズに引き取ってくれたっていうのに。わたしは本当に悪くて、どうしようもない子だわ。わたしは罰を受けて、ちゃんとした人たちにつまみだされても仕方ないわ。あなたが本当のことをいったからって、怒ってくってかかるなんて本当にいけないことよね。あなたの言葉は、すべて正しかったわ。わたしは赤毛で、そばかすだらけで、がりがりで、ぶさいくだわ。わたしがあなたにいったことも本当よ。でも、そんなこといったらいけなかったわ。ああリンドさん。どうか、どうか許してください。もしできないというなら、このあわれなみなしごは一生悲しむことになるわ。わたしがおそろしく短気だとしてもね。あなたに限って、そんなことないわ。リンドさん、どうか許すといって」
 
quiver震える deserve値する
 
Anne clasped her hands together, bowed her head, and waited for the word of judgment.
 
アンは手を合わせて、頭を下げた。そうして審判を待った。
 
There was no mistaking her sincerity—it breathed in every tone of her voice. Both Marilla and Mrs. Lynde recognized its unmistakable ring. But the former under-stood in dismay that Anne was actually enjoying her valley of humiliation—was reveling in the thoroughness of her abasement. Where was the wholesome punishment upon which she, Marilla, had plumed herself? Anne had turned it into a species of positive pleasure.
 
アンの誠実さに偽りはなかった。一語一語、息をのんでしゃべった。マリラもリンド夫人も、この調子は本気でいっているのだと信じることができた。ところがマリラは、アンがみじめな気持ちに酔っているのではないかと心配になりだしていた。徹底して卑屈になるのが、たまらないのだ。マリラは、この罰をどうつくろえばいいのだろう。アンにはある種の喜びとなってしまっているのだ。
 
dismayろうばい、うろたえ revel大いに楽しむ、ふける thoroughness徹底 abasement卑下 plume羽を整える、羽づくろいする
 
Good Mrs. Lynde, not being overburdened with perception, did not see this. She only perceived that Anne had made a very thorough apology and all resentment vanished from her kindly, if somewhat officious, heart.
 
善良なるリンド夫人は、考えすぎるたちではなかった。それでアンの気持ちに気づいていなかった。アンが心から謝って、すべての怒りが消え去ったのだと思っていた。いささか図々しいかもしれないが。
 
resentment腹立ち officiousおせっかいな、差し出がましい
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿