2013年12月13日金曜日

第十一章 アンの日曜学校の印象(2)

The next morning warnings of a sick headache prevented Marilla from going to Sunday-school with Anne.
 
翌月曜日、マリラはひどい頭痛におそわれそうな予感がして、アンと日曜学校へいくのを取りやめたのだった。
 
"You'll have to go down and call for Mrs. Lynde, Anne," she said. "She'll see that you get into the right class. Now, mind you behave yourself properly. Stay to preaching afterwards and ask Mrs. Lynde to show you our pew. Here's a cent for collection. Don't stare at people and don't fidget. I shall expect you to tell me the text when you come home."
 
「おまえはリンドさんのところへいって、あの人を呼んできておくれ」。マリラはそういうのだ。「おまえがどのクラスに入ればいいか、あの人ならわかるはずさ。いいかい、きちんとするんだよ。説法の後まで待ってから、リンドさんに席を尋ねるんだよ。献金でわたす小銭を用意しておいたからね。誰かをじっとみたり、もぞもぞしちゃだめよ。家に帰ってきたら、聖書の一節を読んでもらうからね」
 
preaching伝道、説法 pew信途席 fidgetせかせかする、いじくりまわす
 
Anne started off irreproachable, arrayed in the stiff black-and-white sateen, which, while decent as regards length and certainly not open to the charge of skimpiness, contrived to emphasize every corner and angle of her thin figure. Her hat was a little, flat, glossy, new sailor, the extreme plainness of which had likewise much disappointed Anne, who had permitted herself secret visions of ribbon and flowers. The latter, however, were supplied before Anne reached the main road, for being confronted halfway down the lane with a golden frenzy of wind-stirred buttercups and a glory of wild roses, Anne promptly and liberally garlanded her hat with a heavy wreath of them. Whatever other people might have thought of the result it satisfied Anne, and she tripped gaily down the road, holding her ruddy head with its decoration of pink and yellow very proudly.
When she had reached Mrs. Lynde's house she found that lady gone. Nothing daunted, Anne proceeded onward to the church alone. In the porch she found a crowd of little girls, all more or less gaily attired in whites and blues and pinks, and all staring with curious eyes at this stranger in their midst, with her extraordinary head adornment. Avonlea little girls had already heard queer stories about Anne. Mrs. Lynde said she had an awful temper; Jerry Buote, the hired boy at Green Gables, said she talked all the time to herself or to the trees and flowers like a crazy girl. They looked at her and whispered to each other behind their quarterlies. Nobody made any friendly advances, then or later on when the opening exercises were over and Anne found herself in Miss Rogerson's class.
 
アンは、ごわごわした生地の黒と白のサテンの服という、申し分のないいでたちで出かけた。物足りないのは丈の長さだったが、それは服が小さいせいではなかった。アンの痩せた体型にあわせて、線がはっきりするように工夫されていた。アンの帽子は小さめで、平べったく、つやつやした、新しいセーラー帽だった。あまりにも平べったいのが、アンをまたがっかりさせた。リボンと花の飾りがついているのをひそかに期待していたからだ。でも花は、アンが大通りに出るまでにつむことができた。大通りは、あぜ道を下ってすぐで、風に揺れる美しい金色のキンポウゲや、輝くノバラが咲いていたのだった。アンはすぐさま、いっぱいに、帽子を大きな花のリースで飾った。誰の目にも、アンは大満足と映ったことだろう。アンは、赤々とした髪の毛にピンクや黄色の飾りを得意げにつけて、陽気に坂を下っていった。ようやくリンドさんのところについたものの、彼女はもう出かけたあとだった。でも、そんなことを気にするアンではなかった。一人で教会へ向かったのだった。入り口で、少女たちの輪が目にはいった。ほとんどの子が白や青、ピンクの服で着飾っていた。そして、突然現れた見知らぬ少女を好奇の目で見つめるのだった。とくに頭の飾りに熱い視線をそそいだ。アボンリーの少女たちは、アンの面白い話をもう耳にしていた。おそろしいかんしゃくもちだとリンドさんはいうし、しょっちゅう独り言をつぶやくか、気が狂ったように気や花に話しかけていると、お手伝いのジェリー・ビュオートから伝わっていた。彼女たちはアンの姿を見ると、プリントで口元を隠してひそひそ話すのだった。だれもすすんで話しかけようとはしなかった。そうするうちに最初の授業が終わり、アンはロジャーソン先生のクラスに入れられたのだった。
 
irreproachable申し分なく array盛装する skimpiness小ささ、貧弱なこと contrive考案する、工夫する  frenzy狂乱、熱狂 buttercupキンポウゲ liberally気前よく、大量に garland花輪で飾る gaily陽気に ruddy血色のよい dauntひるませる attire盛装する midst中、さなか adornment装飾
 
Miss Rogerson was a middle-aged lady who had taught a Sunday-school class for twenty years. Her method of teaching was to ask the printed questions from the quarterly and look sternly over its edge at the particular little girl she thought ought to answer the question. She looked very often at Anne, and Anne, thanks to Marilla's drilling, answered promptly; but it may be questioned if she understood very much about either question or answer.
ロジャーソン先生は中年の女性教師で、日曜学校ではこのかた二十年教えている。この先生は本から質問を探し出しては印刷して、回答する女の子をひとり厳しく探し出すのだった。先生はしばしば、アン、アンと指名した。アンはマリラから教わっていたのですぐに答えることができた。でも、アンが質問や答えをすぐわかってしまうのは、それはそれで困ったことだった。
Sternly厳格に、厳しく
She did not think she liked Miss Rogerson, and she felt very miserable; every other little girl in the class had puffed sleeves. Anne felt that life was really not worth living without puffed sleeves.
アンはロジャーソン先生を好きになれなかった。アンは惨めな気持ちになるのだ。というのも、どの女の子も袖の膨らんだ服を着ているからだ。袖が膨らんでいなければ、人生は生きるに値しないとアンは思うのだった。
"Well, how did you like Sunday school?" Marilla wanted to know when Anne came home. Her wreath having faded, Anne had discarded it in the lane, so Marilla was spared the knowledge of that for a time.
「ねえ、日曜学校は楽しかったかい?」。アンが家に帰ってくると、マリラは聞きたがった。リースはしおれてしまったので、アンはあぜに捨ててしまっていた。それでマリラはすぐに様子を察したのだった。
Discard捨てる、処分する
"I didn't like it a bit. It was horrid."
「ちっとも楽しくないわ。いやなくらいよ」
"Anne Shirley!" said Marilla rebukingly.
「アン・シャーリー!」。マリラは叫ばんばかりの口ぶりだった。
Anne sat down on the rocker with a long sigh, kissed one of Bonny's leaves, and waved her hand to a blossoming fuchsia.
アンは長いため息をつきながら、ゆりいすに腰掛けた。そしてボニーの葉っぱに口づけすると、フクシャの花に手を振った。
Fuchsiaフクシャ

『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング
外国人への仕事依頼なら【ワークシフト】

0 件のコメント:

コメントを投稿