2013年12月9日月曜日

第十章 アンの謝罪(4)

"There, there, get up, child," she said heartily. "Of course I forgive you. I guess I was a little too hard on you, anyway. But I'm such an outspoken person. You just mustn't mind me, that's what. It can't be denied your hair is terrible red; but I knew a girl once—went to school with her, in fact—whose hair was every mite as red as yours when she was young, but when she grew up it darkened to a real handsome auburn. I wouldn't be a mite surprised if yours did, too—not a mite."
 
「さあ、さあ、立ちなさい、おちびさん」。リンドさんは優しくいった。「もちろん、許してあげますよ。どうも、あんたにつらくあたりすぎたようね。でも、わたしだってそれほど遠慮知らずじゃないわ。とにかく、もう気にしないことね。あんたの髪の毛が、真っ赤だということは動かしようのない事実よ。でも、昔も赤毛の子がいたわね。本当にその子と学校に通ったのよ。小さかったころは、一本一本があんたと同じように赤かったの。でも大きくなるにつれて、本当にきれいな金髪になったわ。あんたも同じようになっても、わたしゃちっとも驚かないよ。ちっともね」
 
outspoken無遠慮な、ずけずけいう mite少量、ちょっぴり auburn赤褐色の、金褐色の
 
"Oh, Mrs. Lynde!" Anne drew a long breath as she rose to her feet. "You have given me a hope. I shall always feel that you are a benefactor. Oh, I could endure anything if I only thought my hair would be a handsome auburn when I grew up. It would be so much easier to be good if one's hair was a handsome auburn, don't you think? And now may I go out into your garden and sit on that bench under the apple-trees while you and Marilla are talking? There is so much more scope for imagination out there."
 
「ああ、リンドさん!」。アンはリンド夫人の足ににじり寄ると、長い息をついた。「あなたはわたしに希望を与えてくださいました。あなたを恩人として、いつだって忘れないでしょう。ああ、わたしの髪の毛が将来、きれいな金色になったらと考えると、何も手がつかないの。きれいな金髪になるんだったら、いくらでもいい子にするわ。そうでしょう?そうだ。あなたとマリラがお話している間、お庭を見てきていいかしら。リンゴの木の下のベンチに腰掛けたいの。空想の扉がたくさんあるんですもの」
 
"Laws, yes, run along, child. And you can pick a bouquet of them white June lilies over in the corner if you like."
 
「ええ、もちろんよ。いっておいで、おちびさん。あんたさえよければ、すみっこの白いジューンリリーのブーケを作ってもいいのよ」
 
As the door closed behind Anne Mrs. Lynde got briskly up to light a lamp.
 
アンが出て行ってからドアが閉まると、リンド夫人は立ち上がって、おもむろに明かりをともした。
 
"She's a real odd little thing. Take this chair, Marilla; it's easier than the one you've got; I just keep that for the hired boy to sit on. Yes, she certainly is an odd child, but there is something kind of taking about her after all. I don't feel so surprised at you and Matthew keeping her as I did—nor so sorry for you, either. She may turn out all right. Of course, she has a queer way of expressing herself—a little too—well, too kind of forcible, you know; but she'll likely get over that now that she's come to live among civilized folks. And then, her temper's pretty quick, I guess; but there's one comfort, a child that has a quick temper, just blaze up and cool down, ain't never likely to be sly or deceitful. Preserve me from a sly child, that's what. On the whole, Marilla, I kind of like her."
 
「あの子は本当に変わったおちびさんだね。こっちのいすにお座りなさいな、マリラ。あんたのいすより楽だから。そのいすはね、お手伝いの男の子のためにとってあるのさ。まあ、あの子はたしかに変わってるね。でもそういうわけか、気になる子だね。あんたとマシューが、あの子を引き取ったこともちっとも驚かないさ。あんたたちにとって、悪いことじゃなかったとも思ってるのよ。あの子なら大丈夫。もちろん、あの子の気持ちの表しようは人並みはずれてるわ。ちょっとね。分かってるだろうけど、あまりにも強情だわ。でもきちんとした人たちに囲まれていれば、それも直っていくでしょう。それからね、思うに、あの子はすぐかっとなるの。でもいいところもあるわ。激しく怒ったり、けろっともどったりする、かっかしやすい子は、絶対にずるをしたり、人をだますようなことはないわ。おつまり、ずるがしこい子にはしないでってこと。なんだかんだいって、あの子が気に入ったのさ、マリラ」
 
queer奇妙な、風変わりな  forcible強力な、説得力のある comfort慰め blaze up激怒する slyずるい、悪賢い
 
When Marilla went home Anne came out of the fragrant twilight of the orchard with a sheaf of white narcissi in her hands.
 
マリラが家に帰ると、ほのかに香る夕暮れの果樹園から姿をみせた。手には一束のスイセンをもって。
 
a sheaf of一束の narcissusスイセン
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿