2013年12月9日月曜日

CHAPTER X. Anne's Apology(1)

Marilla said nothing to Matthew about the affair that evening; but when Anne proved still refractory the next morning an explanation had to be made to account for her absence from the breakfast table. Marilla told Matthew the whole story, taking pains to impress him with a due sense of the enormity of Anne's behavior.
 
マリラは今晩の出来事について、マシューになにも知らせなかった。だが翌朝、アンが朝食に下りてこない理由を説明するのに、この少女がいまだ手に負えないことをはっきりさせなければならなかった。マリラはすべてのいきさつをマシューに話した。アンのひどい振る舞いを伝えるのはつらかった。
 
refractory手に負えない enormity極悪さ
 
"It's a good thing Rachel Lynde got a calling down; she's a meddlesome old gossip," was Matthew's consolatory rejoinder.
 
「レーチェル・リンドのような女をしかりつけるのはいい気味だよ。おせっかいな、おしゃべりばあさんだからな」。これがマシューのかけた慰めだった。
 
call downしかりつける、けなす、酷評する meddlesomeおせっかいな gossipおしゃべり consolatory慰めの
rejoinder応答、言い返し
 
"Matthew Cuthbert, I'm astonished at you. You know that Anne's behavior was dreadful, and yet you take her part! I suppose you'll be saying next thing that she oughtn't to be punished at all!"
 
「マシュー・カスバート、あんたには驚いたよ。アンの振る舞いがおそろしいものだってことはわかってるだろうに。それなのにあの子の肩を持つのかい!次にはあんたは、あの子に罰を与えるのは金輪際やめろっていうんでしょう!」
 
"Well now—no—not exactly," said Matthew uneasily. "I reckon she ought to be punished a little. But don't be too hard on her, Marilla. Recollect she hasn't ever had anyone to teach her right. You're—you're going to give her something to eat, aren't you?"
 
「さあ、どれ。いやいや、そうじゃないんだ」。マシューは居心地悪そうにいうのだった。「わしだって、あの子がちょっとくらい罰を受けるべきだとは思うよ。でもマリラ、つらくあたりすぎるのはだめさ。誰もがあの子に、行儀を教えてこなかったことを思い出してごらんよ。おまえは、おまえは、あの子になにか食べるものを出してやってはどうなんだい?」
 
"When did you ever hear of me starving people into good behavior?" demanded Marilla indignantly. "She'll have her meals regular, and I'll carry them up to her myself. But she'll stay up there until she's willing to apologize to Mrs. Lynde, and that's final, Matthew."
 
「飢えるものは礼儀を正すって、聞いたことがなかったかい?」。マリラは腹を立てた。「あの子にはいつもどおり食事を与えるよ。自分で運ぶからいいわ。でもリンドさんに謝る気になるまでは、そのままじっとしてなきゃいけないよ。以上よ、マシュー」
 
indignantly憤然として、腹を立てて
 
Breakfast, dinner, and supper were very silent meals—for Anne still remained obdurate. After each meal Marilla carried a well-filled tray to the east gable and brought it down later on not noticeably depleted. Matthew eyed its last descent with a troubled eye. Had Anne eaten anything at all?
 
とても静かな朝食、昼食、夕食になった。アンがまだ態度を変えないせいで。毎食、マリラがたくさん食事の乗ったお盆をイーストゲーブルに運んだ。そして何も手をつけないまま戻すのだった。マシューはその一部始終を困りきった瞳で見つめていた。アンはなにも手につけないのだろうか?
 
obdurateがんこな、強情な noticeably目だって deplete使い尽くす
 
When Marilla went out that evening to bring the cows from the back pasture, Matthew, who had been hanging about the barns and watching, slipped into the house with the air of a burglar and crept upstairs. As a general thing Matthew gravitated between the kitchen and the little bedroom off the hall where he slept; once in a while he ventured uncomfortably into the parlor or sitting room when the minister came to tea. But he had never been upstairs in his own house since the spring he helped Marilla paper the spare bedroom, and that was four years ago.
 
その晩、マリラが牛の乳絞りに裏手へ出かけると、納屋で待ちながら見ていたマシューは、泥棒のようにさっと家に入ると、こっそり階段を上った。当然のようにマシューは台所と寝室の間からホールへと抜けた。かつて司祭さまがお茶にたずねてきたときに、しぶしぶ居間か茶の間へ引っ込もうとしたように。ところがマシューは春にマリラが空き部屋の寝室に壁紙をはるのを手伝って以来、階段を上がったことがなかった。それは四年前のことだったのだ。
 
hang aboutぶらつく、ぐずぐずする、待つ creptこそこそ歩く、そっと忍び寄る gravitate引き寄せられる
 
He tiptoed along the hall and stood for several minutes outside the door of the east gable before he summoned courage to tap on it with his fingers and then open the door to peep in.
 
彼は爪先立ちでホールをわたった。そしてイーストゲーブルのドアの前でしばらくたたずんでいた。勇気を出してドアに手を描け、中に忍び入るまで。
 
Anne was sitting on the yellow chair by the window gazing mournfully out into the garden. Very small and unhappy she looked, and Matthew's heart smote him. He softly closed the door and tiptoed over to her.
"Anne," he whispered, as if afraid of being overheard, "how are you making it, Anne?"
Anne smiled wanly.
 
アンは窓際の黄色いいすに腰掛けて、庭を悲しげに見つめていた。アンはとてもちっぽけで、あわれにみえた。マシューは心を打たれた。彼は静かにドアを閉めると、アンの後ろに忍び寄った。「アン」。マシューはささやいた。気づかれるのをおそれるように。「どうしたんだい、アン?」。アンは弱々しく笑った。
 
smote打つ、強打する、とがめる overhearふと聞く wanly弱々しく
今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿