2013年12月13日金曜日

CHAPTER XI. Anne's Impressions of Sunday-School(1)

"Well, how do you like them?" said Marilla.
 
「そうね、これはどうだい?」と、マリラが聞いた。
 
Anne was standing in the gable room, looking solemnly at three new dresses spread out on the bed. One was of snuffy colored gingham which Marilla had been tempted to buy from a peddler the preceding summer because it looked so serviceable; one was of black-and-white checkered sateen which she had picked up at a bargain counter in the winter; and one was a stiff print of an ugly blue shade which she had purchased that week at a Carmody store.
 
アンは部屋のなかで立ったまま、ベッドに三着の真新しい服を広げて黙って見つめていた。一着は丈夫だろうと思って、この前の夏にマリラが行商人から買い求めた、たばこ色のギンガムだった。もう一つはこの冬に、バーゲンセールで買った黒と白のチェックのサテン。そしてもう一つが、ごわごわした、青暗いあやのプリントされたものだった。今週カモーディの店で買ってきたのだった。
 
solemnly落ち着いた様子で peddler行商人 serviceable使える、役に立つ、丈夫な、実用向きの stiff堅い、ぴんと張った
 
She had made them up herself, and they were all made alike—plain skirts fulled tightly to plain waists, with sleeves as plain as waist and skirt and tight as sleeves could be.
 
すべてマリラの手作りだった。そしてすべてが、ひだのないスカートに、ひだのないウェスト部分にきつめにくっついているという、同じようなつくりだった。そして袖もウェストやスカートと同じでひだがなく、きつくなっていた。
 
"I'll imagine that I like them," said Anne soberly.
"I don't want you to imagine it," said Marilla, offended. "Oh, I can see you don't like the dresses! What is the matter with them? Aren't they neat and clean and new?"
"Yes."
 
「お気に入りの服になるように空想してみるわ」。アンは静かにいった。
「空想しろなんて、いってないわ」。マリラはたしなめた。「ああ、わかった。あんたは服が気に入らないのね!いったい、どこがいけないのさ?こざっぱりして、きれいで、新しいじゃないか」
「そうよ」
 
"Then why don't you like them?"
"They're—they're not—pretty," said Anne reluctantly.
 
「じゃあ、あなたは気に入るの?」
「だって、だって、かわいくないんだもの」。アンは残念そうにいうのだった。
 
reluctantly不承不承に、しぶしぶ
 
"Pretty!" Marilla sniffed. "I didn't trouble my head about getting pretty dresses for you. I don't believe in pampering vanity, Anne, I'll tell you that right off. Those dresses are good, sensible, serviceable dresses, without any frills or furbelows about them, and they're all you'll get this summer. The brown gingham and the blue print will do you for school when you begin to go. The sateen is for church and Sunday school. I'll expect you to keep them neat and clean and not to tear them. I should think you'd be grateful to get most anything after those skimpy wincey things you've been wearing."
 
「かわいいだって!」。マリラは鼻で笑った。「おまえにかわいらしい服を着せようなんて、これっぽちも考えなかったよ。そんなものに惑わされちゃいけないよ、アン。これだけはいっておくからね。どの服も上等で、実用的で、丈夫なんだよ。ひらひらや飾りはついてないけどね。そしておまえが、この夏に着る服なんだよ。茶色のギンガムと、青のプリント地はおまえが学校に通いだしてから着るものさ。サテンは教会と日曜学校用。服をきちんと、きれいにして、破ったりするんじゃありませんよ。小さいウィンシーを着ていたことを思えば、感謝しても足りないくらいだよ」
 
pamper甘やかす、欲望をほしいままにさせる  vanity虚栄、うぬぼれ、空虚 sensible実用的な furbelowすそひだ、飾り skimpy乏しい、貧弱な、小さい
 
"Oh, I AM grateful," protested Anne. "But I'd be ever so much gratefuller if—if you'd made just one of them with puffed sleeves. Puffed sleeves are so fashionable now. It would give me such a thrill, Marilla, just to wear a dress with puffed sleeves."
 
「あら、感謝してるわ」。そういわれてアンも黙っていなかった。「でも、もし、もし、あなたが袖の膨らんだ服を作ってくれたら、もっと感謝していたのに。膨らんだ袖が今はやりなの。袖の膨らんだ服を着るだけでドキドキするわ、マリラ」
 
"Well, you'll have to do without your thrill. I hadn't any material to waste on puffed sleeves. I think they are ridiculous-looking things anyhow. I prefer the plain, sensible ones."
 
「もう、ドキドキなんて知らないわ。膨らんだ袖を作るほどの生地がもうないんだよ。そんなものは、ばかげてると思うがね。わたしゃ、ひだがなくて、実用的な服が好きなのさ」
 
"But I'd rather look ridiculous when everybody else does than plain and sensible all by myself," persisted Anne mournfully.
 
「でも、わたし一人だけひだのない、実用的な服だったら、そっちのほうが馬鹿みたいよ」。アンは悲しげにうったえた。
 
all by myself一人で
 
"Trust you for that! Well, hang those dresses carefully up in your closet, and then sit down and learn the Sunday school lesson. I got a quarterly from Mr. Bell for you and you'll go to Sunday school tomorrow," said Marilla, disappearing downstairs in high dudgeon.
 
「もういいわ!さあ、クローゼットにきれいに服をかけるのよ。それから座って、日曜学校の授業の準備をなさい。ベル先生からお手紙を受け取ったわ。明日から日曜学校にいくのよ」。そういうと、マリラはたいそう腹を立てて階段を下りていった。
 
dudgeon立腹
 
Anne clasped her hands and looked at the dresses.
 
アンは手を合わせて、服をみつめた。
 
"I did hope there would be a white one with puffed sleeves," she whispered disconsolately. "I prayed for one, but I didn't much expect it on that account. I didn't suppose God would have time to bother about a little orphan girl's dress. I knew I'd just have to depend on Marilla for it. Well, fortunately I can imagine that one of them is of snow-white muslin with lovely lace frills and three-puffed sleeves."
 
「袖の膨らんだ白い服だったらよかったのに」。アンはがっかりしてつぶやいた。「お祈りしたのに、こんな結果になるなんてね。神様が孤児の女の子の服のことまでおかまいになるなんて、思ってもみなかったわ。マリラのいうとおりにするしかないのね。まあでも、雪のように白いモスリンで、愛らしいフリルがついていて、膨らみの三つある袖なんだって空想することはできるんだから」
 
disconsolately陰鬱に、気のめいるように
『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

0 件のコメント:

コメントを投稿