2014年10月31日金曜日

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(4)

"How do you do, Marilla?" she said cordially. "Come in. And this is the little girl you have adopted, I suppose?"

「お元気かしら、マリラ」。彼女は真心から尋ねた。「さあ、あがって。この子かい、あなたが引き取ったというのは、そうなんでしょう」

cordially真心から

"Yes, this is Anne Shirley," said Marilla.

「そう。アン・シャーリーよ」。マリラはそう返事をした。
   
"Spelled with an E," gasped Anne, who, tremulous and excited as she was, was determined there should be no misunderstanding on that important point.

「つづりはan Eよ」。わなわなと興奮したアンは、この大事なことを間違えようがないと、あえぎあえぎ話すのだった。

gaspあえぐ、はっと息をのむ misunderstanding誤解、考え違い

Mrs. Barry, not hearing or not comprehending, merely shook hands and said kindly:
"How are you?"

バリーさんは、聞いていなかったのか、よくわからなかったのか、ただ優しく手を握っていうのだった。
「ご機嫌いかが」
   
"I am well in body although considerable rumpled up in spirit, thank you ma'am," said Anne gravely. Then aside to Marilla in an audible whisper, "There wasn't anything startling in that, was there, Marilla?"

「心はかなりかき乱れているけど、体はこのとおりよ。奥様、どうもありがとう」。アンは重々しく口を開いた。
するとそばにいたマリラに聞こえるほどの声でささやいた。「なにも動じることがないのね、マリラ」

rumpleしわくちゃにする、乱れる ma'am奥様 gravely重大に startlingびっくりさせる

Diana was sitting on the sofa, reading a book which she dropped when the callers entered. She was a very pretty little girl, with her mother's black eyes and hair, and rosy cheeks, and the merry expression which was her inheritance from her father.

ダイアナはソファーに座って読書していたが、来客が入ってくると本を落としてしまった。母親譲りのように黒い瞳と髪、バラのようなほほ。そして快活さは父親譲りだった。

caller訪問者 merry陽気な
    4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学

2014年10月27日月曜日

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(3)

"Now, don't get into a fluster. And I do wish you wouldn't use such long words. It sounds so funny in a little girl. I guess Diana'll like you well enough. It's her mother you've got to reckon with. If she doesn't like you it won't matter how much Diana does. If she has heard about your outburst to Mrs. Lynde and going to church with buttercups round your hat I don't know what she'll think of you. You must be polite and well behaved, and don't make any of your startling speeches. For pity's sake, if the child isn't actually trembling!"

「もう取り乱さないで。それからそんな長話はよして。小さな女の子ならかわいらしく思えるけどね。ダイアナもあんたを気に入るだろうよ。あんたが気に入ってもらわなけりゃならないのは、あの子のお母さんさ。もしお母さんに気に入ってもらえなきゃ、あの子に気に入ってもらえるかどうかなんて問題になりゃしないさ。もしリンドさんへのかんしゃくのことや、キンポウゲの花飾りをして教会へ行ったことが耳に入っていたら、あんたのことをどんなふうに思うかわかったもんじゃない。あんたも礼儀正しくお上品にして、びっくりするような長話をするんじゃないよ。本当にじっとできないのかね、どうかお願いだから」

fluster取り乱す outburst噴出、爆発 startlingびっくりする trembling震えている、おののいている
   
Anne WAS trembling. Her face was pale and tense.
"Oh, Marilla, you'd be excited, too, if you were going to meet a little girl you hoped to be your bosom friend and whose mother mightn't like you," she said as she hastened to get her hat.

アンは震えていた。彼女の顔は青ざめ、こわばっていた。
ああマリラ、親友になりたいと願っているというのに、相手のお母さんから気に入られないなんて、そんな女の子に会いに行くとしたら、あなただってどきどきするでしょう」。着く前から帽子をとってしまいたいほどだった。

bosom親しい hastened催促する、急ぐ

They went over to Orchard Slope by the short cut across the brook and up the firry hill grove. Mrs. Barry came to the kitchen door in answer to Marilla's knock. She was a tall black-eyed, black-haired woman, with a very resolute mouth. She had the reputation of being very strict with her children.

二人は小川を横切って、モミの木が茂る木立をのぼる近道を通って、果樹園の坂にさしかかった。バリーさんはマリラのノックで勝手口に出た。背の高く黒い瞳、黒髪の毅然とした印象の女性だった。子供に大変厳しいという評判だった。

grove小さい森、木立、果樹園  resolute 毅然とした

今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

2014年10月26日日曜日

第一章 マリラ・カスバートは驚いた(4)

Mrs. Rachel rapped smartly at the kitchen door and stepped in when bidden to do so. The kitchen at Green Gables was a cheerful apartment--or would have been cheerful if it had not been so painfully clean as to give it something of the appearance of an unused parlor. Its windows looked east and west; through the west one, looking out on the back yard, came a flood of mellow June sunlight; but the east one, whence you got a glimpse of the bloom white cherry-trees in the left orchard and nodding, slender birches down in the hollow by the brook, was greened over by a tangle of vines. Here sat Marilla Cuthbert, when she sat at all, always slightly distrustful of sunshine, which seemed to her too dancing and irresponsible a thing for a world which was meant to be taken seriously; and here she sat now, knitting, and the table behind her was laid for supper.

レーチェル夫人はさっと台所のドアをコツコツとたたくと、声がして中に入った。 グリーンゲーブルズの台所はおもしろいところだった。いや、使われていない居間みたいに神経質なほどきれいでなかったら、おもりそかっただろう。 窓は東と西向きだった。西の窓からは裏庭が見えた。そして美しい 6月の太陽の光がふりそそいできた。ところが東の窓は 左手の果樹園に白い桜の花や、 小川に続くくぼ地の垂れ下がった細いカバノキがちらりと見えたものなら、緑の つるで一面が覆われてしまう。ここにマリア・ カスバートが腰を下ろすときは決まって、太陽 の光がちっともさしこまなかった。よくよく考えてみると、彼女にとって世の中のものごとはお遊戯か、無責任きわまりなかった。 そして彼女はここに座って編み物をしている。 後ろには夕食用のテーブルが置いてあった。

rapコツコツとたたく bid命じる、言いつける parlor客間、居間 mellow豊かで美しい whenceそこから、出てきたところから glimpse of一見、ちらりと見える nodding下に曲がった枝 birchカバノキ tangleもつれ vineブドウ、つる irresponsible責任がない、無責任な

Mrs. Rachel, before she had fairly closed the door, had taken a mental note of everything that was on that table. There were three plates laid, so that Marilla must be expecting some one home with Matthew to tea; but the dishes were everyday dishes and there was only crab-apple preserves and one kind of cake, so that the expected company could not be any particular company. Yet what of Matthew's white collar and the sorrel mare? Mrs. Rachel was getting fairly dizzy with this unusual mystery about quiet, unmysterious Green Gables.

ちゃんとドアを閉める前に、レーチェル夫人は テーブル上のすべてに特別な注意を払った。お 皿が三枚あったので、 マシューと家でお茶をするならマリラはもう一枚出すつもりだったのだろう。だがお 皿はいつもの普通のお皿だった。そして 野リンゴの瓶詰めとケーキがあるだけだった。だから 一緒にいたはずの誰かは特別な人ではなさそうだ。 ではマシューの白襟の服装と栗毛の雌馬はなんだったのか。 レーチェル夫人は、静かで変てつもないグリーンゲーブルズの普通じゃない謎に、かなり くらくらしていた。

mental note思い出す意図を伴う特別な注意 crab-apple野生のリンゴ dizzyめまい

"Good evening, Rachel," Marilla said briskly. "This is a real fine evening, isn't it" Won't you sit down? How are all your folks?"

「こんばんはレーチェル」 。マリラは快活そうに挨拶した。「本当に素敵なゆうべね。 座ったら? 皆さんお元気?」

briskly元気に

Something that for lack of any other name might be called friendship existed and always had existed between Marilla Cuthbert and Mrs. Rachel, in spite of--or perhaps because of--their dissimilarity.

名前で呼び会うことのない関係を友情というのだろう。マリラ・ カスバートとレーチェル夫人の関係はいつもそうだったがそうだった。二人には共通点がないにもかかわらず、いやおそらくないからこそ。

今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(2)

"Oh, I'm so sorry," said Anne, tears welling into her eyes. "I never thought you'd mind. The roses and buttercups were so sweet and pretty I thought they'd look lovely on my hat. Lots of the little girls had artificial flowers on their hats. I'm afraid I'm going to be a dreadful trial to you. Maybe you'd better send me back to the asylum. That would be terrible; I don't think I could endure it; most likely I would go into consumption; I'm so thin as it is, you see. But that would be better than being a trial to you."

「ああ、本当にごめんなさい」。目に涙が浮かべてアンは謝った。「あなたの気にさわるとは思わなかったの。バラとキンポウゲは甘い香りできれいだから帽子に飾ればかわいらしいと思ったの。たくさんの女の子たちが帽子に造花を飾っていたわ。あなたをみじめな視線にさらさせたらどうしましょう。そのときは私を孤児院に送り返すかもね。考えたくもないことだけど。そんなの耐えられっこないわ。きっと肺病にでもなってしまうわ。ご存知のとおり、私はやせっぽちだから。でもあなたを悩ますよりましよね」

consumption消耗、消費、肺病
   
"Nonsense," said Marilla, vexed at herself for having made the child cry. "I don't want to send you back to the asylum, I'm sure. All I want is that you should behave like other little girls and not make yourself ridiculous. Don't cry any more. I've got some news for you. Diana Barry came home this afternoon. I'm going up to see if I can borrow a skirt pattern from Mrs. Barry, and if you like you can come with me and get acquainted with Diana."

「ばかおっしゃい」。子供を泣かせてしまって、マリラはまごついた。「もちろん、あんたを孤児院に送り返したりしないわ。私はあんたにも他の子たちと同じようにしてほしいの。馬鹿なまねはしないで。もう泣かないの。あんたにしらせがあるんだよ。ダイアナ・バリーがお昼にうちに戻るのよ。バリーさんからスカートの型紙を貸りられるなら、私も寄ってみるわ。あんたも一緒にきたらダイアナと仲良くできるでしょうよ」

vexいらだたせる、当惑する go up to近寄る
   
Anne rose to her feet, with clasped hands, the tears still glistening on her cheeks; the dish towel she had been hemming slipped unheeded to the floor.

アンは立ち上がって、手をたたいた。涙で頬が輝いていた。彼女が縁取りしていた布巾は床にするりと落ちたままになってっしまっていた。

rise to feet立ち上がる glistenきらきら輝く hemふちを縫う unheeded無視された
   
"Oh, Marilla, I'm frightened—now that it has come I'm actually frightened. What if she shouldn't like me! It would be the most tragical disappointment of my life."

あらマリラ、心配だわ-この期に及んで心配になってきたの。もし彼女に好かれなかったら!人生で一番の悲劇的な失望になるでしょうね」


    『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(1)

It was not until the next Friday that Marilla heard the story of the flower-wreathed hat. She came home from Mrs. Lynde's and called Anne to account.
"Anne, Mrs. Rachel says you went to church last Sunday with your hat rigged out ridiculous with roses and buttercups. What on earth put you up to such a caper? A pretty-looking object you must have been!"

次の金曜日になってようやくマリラは花飾りのついた帽子の話を聞いた。彼女はリンドさんの家から帰るなりアンを呼んだ。
アン、レーチェルさんから、先週の日曜日にあんたが教会にバラとキンポウゲの馬鹿みたいな帽子をしていったと聞かされたわ。どうしてそんなふざけたことをするんだい。それはたいそうなみものだったろうね」

not until~になって初めて buttercupキンポウゲ caper悪ふざけ、いたずら、犯罪行為

"Oh. I know pink and yellow aren't becoming to me," began Anne.    
"Becoming fiddlesticks! It was putting flowers on your hat at all, no matter what color they were, that was ridiculous. You are the most aggravating child!"

「あら、ピンクと黄色が私には似合わないなんてわかっているんだから」。そうアンは切り出した。
「馬鹿なことをいいなさんな!どんな色だろうと、帽子の上に花をのっけただけじゃない。そんなの馬鹿げてるわ。腹の立つ子だね」。

becoming toふさわしい fiddlesticksばからしい aggravating しゃくにさわる、腹立たしい

"I don't see why it's any more ridiculous to wear flowers on your hat than on your dress," protested Anne. "Lots of little girls there had bouquets pinned on their dresses. What's the difference?"    

「服よりも帽子に花を飾るのが、どうして馬鹿みたいなのかわからないわ」。アンは反論した。「このあたりのたくさんの女の子たちだって服にブーケを刺しているじゃないの。それのどこが違うの」

Marilla was not to be drawn from the safe concrete into dubious paths of the abstract.
"Don't answer me back like that, Anne. It was very silly of you to do such a thing. Never let me catch you at such a trick again. Mrs. Rachel says she thought she would sink through the floor when she saw you come in all rigged out like that. She couldn't get near enough to tell you to take them off till it was too late. She says people talked about it something dreadful. Of course they would think I had no better sense than to let you go decked out like that."

マリラは確かな具体的な物事から、はっきりしない抽象的な物事を探り出すのは苦手だった。
そんなふうに口ごたえするんじゃないの、アン。そんなことをするのは、いけない子よ。いけないことよ。もうそんないたずらで私をわずらわせるんじゃないよ。あんたがそんな格好で現れようもんなら、レーチェルさんは穴があったら入りたい気分になるんだって。そんなものは取り払ってやろうかとしたのだけど、近寄ろうとするとあんたはさっさと行っちまう。みんな恐ろしいものでも見たかのように言い合ってるってことよ。もちろんあの人たちだって、私があんなふうにあんたを着飾るセンスを持ち合わせているとは思ってないだろうけどね」

concrete具体性 dubious疑っている、はっきりわからない、あいまいな silly愚かな、ばかな
sink through the floor穴にでも入りたい rig out着せる deck out着飾る、飾り立てる




『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング