2014年10月26日日曜日

第一章 マリラ・カスバートは驚いた(4)

Mrs. Rachel rapped smartly at the kitchen door and stepped in when bidden to do so. The kitchen at Green Gables was a cheerful apartment--or would have been cheerful if it had not been so painfully clean as to give it something of the appearance of an unused parlor. Its windows looked east and west; through the west one, looking out on the back yard, came a flood of mellow June sunlight; but the east one, whence you got a glimpse of the bloom white cherry-trees in the left orchard and nodding, slender birches down in the hollow by the brook, was greened over by a tangle of vines. Here sat Marilla Cuthbert, when she sat at all, always slightly distrustful of sunshine, which seemed to her too dancing and irresponsible a thing for a world which was meant to be taken seriously; and here she sat now, knitting, and the table behind her was laid for supper.

レーチェル夫人はさっと台所のドアをコツコツとたたくと、声がして中に入った。 グリーンゲーブルズの台所はおもしろいところだった。いや、使われていない居間みたいに神経質なほどきれいでなかったら、おもりそかっただろう。 窓は東と西向きだった。西の窓からは裏庭が見えた。そして美しい 6月の太陽の光がふりそそいできた。ところが東の窓は 左手の果樹園に白い桜の花や、 小川に続くくぼ地の垂れ下がった細いカバノキがちらりと見えたものなら、緑の つるで一面が覆われてしまう。ここにマリア・ カスバートが腰を下ろすときは決まって、太陽 の光がちっともさしこまなかった。よくよく考えてみると、彼女にとって世の中のものごとはお遊戯か、無責任きわまりなかった。 そして彼女はここに座って編み物をしている。 後ろには夕食用のテーブルが置いてあった。

rapコツコツとたたく bid命じる、言いつける parlor客間、居間 mellow豊かで美しい whenceそこから、出てきたところから glimpse of一見、ちらりと見える nodding下に曲がった枝 birchカバノキ tangleもつれ vineブドウ、つる irresponsible責任がない、無責任な

Mrs. Rachel, before she had fairly closed the door, had taken a mental note of everything that was on that table. There were three plates laid, so that Marilla must be expecting some one home with Matthew to tea; but the dishes were everyday dishes and there was only crab-apple preserves and one kind of cake, so that the expected company could not be any particular company. Yet what of Matthew's white collar and the sorrel mare? Mrs. Rachel was getting fairly dizzy with this unusual mystery about quiet, unmysterious Green Gables.

ちゃんとドアを閉める前に、レーチェル夫人は テーブル上のすべてに特別な注意を払った。お 皿が三枚あったので、 マシューと家でお茶をするならマリラはもう一枚出すつもりだったのだろう。だがお 皿はいつもの普通のお皿だった。そして 野リンゴの瓶詰めとケーキがあるだけだった。だから 一緒にいたはずの誰かは特別な人ではなさそうだ。 ではマシューの白襟の服装と栗毛の雌馬はなんだったのか。 レーチェル夫人は、静かで変てつもないグリーンゲーブルズの普通じゃない謎に、かなり くらくらしていた。

mental note思い出す意図を伴う特別な注意 crab-apple野生のリンゴ dizzyめまい

"Good evening, Rachel," Marilla said briskly. "This is a real fine evening, isn't it" Won't you sit down? How are all your folks?"

「こんばんはレーチェル」 。マリラは快活そうに挨拶した。「本当に素敵なゆうべね。 座ったら? 皆さんお元気?」

briskly元気に

Something that for lack of any other name might be called friendship existed and always had existed between Marilla Cuthbert and Mrs. Rachel, in spite of--or perhaps because of--their dissimilarity.

名前で呼び会うことのない関係を友情というのだろう。マリラ・ カスバートとレーチェル夫人の関係はいつもそうだったがそうだった。二人には共通点がないにもかかわらず、いやおそらくないからこそ。

今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿