2014年10月26日日曜日

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(1)

It was not until the next Friday that Marilla heard the story of the flower-wreathed hat. She came home from Mrs. Lynde's and called Anne to account.
"Anne, Mrs. Rachel says you went to church last Sunday with your hat rigged out ridiculous with roses and buttercups. What on earth put you up to such a caper? A pretty-looking object you must have been!"

次の金曜日になってようやくマリラは花飾りのついた帽子の話を聞いた。彼女はリンドさんの家から帰るなりアンを呼んだ。
アン、レーチェルさんから、先週の日曜日にあんたが教会にバラとキンポウゲの馬鹿みたいな帽子をしていったと聞かされたわ。どうしてそんなふざけたことをするんだい。それはたいそうなみものだったろうね」

not until~になって初めて buttercupキンポウゲ caper悪ふざけ、いたずら、犯罪行為

"Oh. I know pink and yellow aren't becoming to me," began Anne.    
"Becoming fiddlesticks! It was putting flowers on your hat at all, no matter what color they were, that was ridiculous. You are the most aggravating child!"

「あら、ピンクと黄色が私には似合わないなんてわかっているんだから」。そうアンは切り出した。
「馬鹿なことをいいなさんな!どんな色だろうと、帽子の上に花をのっけただけじゃない。そんなの馬鹿げてるわ。腹の立つ子だね」。

becoming toふさわしい fiddlesticksばからしい aggravating しゃくにさわる、腹立たしい

"I don't see why it's any more ridiculous to wear flowers on your hat than on your dress," protested Anne. "Lots of little girls there had bouquets pinned on their dresses. What's the difference?"    

「服よりも帽子に花を飾るのが、どうして馬鹿みたいなのかわからないわ」。アンは反論した。「このあたりのたくさんの女の子たちだって服にブーケを刺しているじゃないの。それのどこが違うの」

Marilla was not to be drawn from the safe concrete into dubious paths of the abstract.
"Don't answer me back like that, Anne. It was very silly of you to do such a thing. Never let me catch you at such a trick again. Mrs. Rachel says she thought she would sink through the floor when she saw you come in all rigged out like that. She couldn't get near enough to tell you to take them off till it was too late. She says people talked about it something dreadful. Of course they would think I had no better sense than to let you go decked out like that."

マリラは確かな具体的な物事から、はっきりしない抽象的な物事を探り出すのは苦手だった。
そんなふうに口ごたえするんじゃないの、アン。そんなことをするのは、いけない子よ。いけないことよ。もうそんないたずらで私をわずらわせるんじゃないよ。あんたがそんな格好で現れようもんなら、レーチェルさんは穴があったら入りたい気分になるんだって。そんなものは取り払ってやろうかとしたのだけど、近寄ろうとするとあんたはさっさと行っちまう。みんな恐ろしいものでも見たかのように言い合ってるってことよ。もちろんあの人たちだって、私があんなふうにあんたを着飾るセンスを持ち合わせているとは思ってないだろうけどね」

concrete具体性 dubious疑っている、はっきりわからない、あいまいな silly愚かな、ばかな
sink through the floor穴にでも入りたい rig out着せる deck out着飾る、飾り立てる




『英語力ビルダー』で英語の語順トレーニング

0 件のコメント:

コメントを投稿