2014年10月27日月曜日

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(3)

"Now, don't get into a fluster. And I do wish you wouldn't use such long words. It sounds so funny in a little girl. I guess Diana'll like you well enough. It's her mother you've got to reckon with. If she doesn't like you it won't matter how much Diana does. If she has heard about your outburst to Mrs. Lynde and going to church with buttercups round your hat I don't know what she'll think of you. You must be polite and well behaved, and don't make any of your startling speeches. For pity's sake, if the child isn't actually trembling!"

「もう取り乱さないで。それからそんな長話はよして。小さな女の子ならかわいらしく思えるけどね。ダイアナもあんたを気に入るだろうよ。あんたが気に入ってもらわなけりゃならないのは、あの子のお母さんさ。もしお母さんに気に入ってもらえなきゃ、あの子に気に入ってもらえるかどうかなんて問題になりゃしないさ。もしリンドさんへのかんしゃくのことや、キンポウゲの花飾りをして教会へ行ったことが耳に入っていたら、あんたのことをどんなふうに思うかわかったもんじゃない。あんたも礼儀正しくお上品にして、びっくりするような長話をするんじゃないよ。本当にじっとできないのかね、どうかお願いだから」

fluster取り乱す outburst噴出、爆発 startlingびっくりする trembling震えている、おののいている
   
Anne WAS trembling. Her face was pale and tense.
"Oh, Marilla, you'd be excited, too, if you were going to meet a little girl you hoped to be your bosom friend and whose mother mightn't like you," she said as she hastened to get her hat.

アンは震えていた。彼女の顔は青ざめ、こわばっていた。
ああマリラ、親友になりたいと願っているというのに、相手のお母さんから気に入られないなんて、そんな女の子に会いに行くとしたら、あなただってどきどきするでしょう」。着く前から帽子をとってしまいたいほどだった。

bosom親しい hastened催促する、急ぐ

They went over to Orchard Slope by the short cut across the brook and up the firry hill grove. Mrs. Barry came to the kitchen door in answer to Marilla's knock. She was a tall black-eyed, black-haired woman, with a very resolute mouth. She had the reputation of being very strict with her children.

二人は小川を横切って、モミの木が茂る木立をのぼる近道を通って、果樹園の坂にさしかかった。バリーさんはマリラのノックで勝手口に出た。背の高く黒い瞳、黒髪の毅然とした印象の女性だった。子供に大変厳しいという評判だった。

grove小さい森、木立、果樹園  resolute 毅然とした

今までの英語学習法の半分の時間で日常会話をマスター!

0 件のコメント:

コメントを投稿