2014年10月31日金曜日

CHAPTER XII. A Solemn Vow and Promise 第十二章 アンの誓いと約束(4)

"How do you do, Marilla?" she said cordially. "Come in. And this is the little girl you have adopted, I suppose?"

「お元気かしら、マリラ」。彼女は真心から尋ねた。「さあ、あがって。この子かい、あなたが引き取ったというのは、そうなんでしょう」

cordially真心から

"Yes, this is Anne Shirley," said Marilla.

「そう。アン・シャーリーよ」。マリラはそう返事をした。
   
"Spelled with an E," gasped Anne, who, tremulous and excited as she was, was determined there should be no misunderstanding on that important point.

「つづりはan Eよ」。わなわなと興奮したアンは、この大事なことを間違えようがないと、あえぎあえぎ話すのだった。

gaspあえぐ、はっと息をのむ misunderstanding誤解、考え違い

Mrs. Barry, not hearing or not comprehending, merely shook hands and said kindly:
"How are you?"

バリーさんは、聞いていなかったのか、よくわからなかったのか、ただ優しく手を握っていうのだった。
「ご機嫌いかが」
   
"I am well in body although considerable rumpled up in spirit, thank you ma'am," said Anne gravely. Then aside to Marilla in an audible whisper, "There wasn't anything startling in that, was there, Marilla?"

「心はかなりかき乱れているけど、体はこのとおりよ。奥様、どうもありがとう」。アンは重々しく口を開いた。
するとそばにいたマリラに聞こえるほどの声でささやいた。「なにも動じることがないのね、マリラ」

rumpleしわくちゃにする、乱れる ma'am奥様 gravely重大に startlingびっくりさせる

Diana was sitting on the sofa, reading a book which she dropped when the callers entered. She was a very pretty little girl, with her mother's black eyes and hair, and rosy cheeks, and the merry expression which was her inheritance from her father.

ダイアナはソファーに座って読書していたが、来客が入ってくると本を落としてしまった。母親譲りのように黒い瞳と髪、バラのようなほほ。そして快活さは父親譲りだった。

caller訪問者 merry陽気な
    4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学

0 件のコメント:

コメントを投稿